ゆきぽよの母親・ミッシェルはスペイン人とフィリピン人のハーフで壮絶な人生を歩んでいる!家族構成やプロフィールまとめ

人気モデルのゆきぽよこと木村有希さん。

ゆきぽよさんの母親はテレビに出演したこともあり知っている人もいるかもしれませんがスペイン人とフィリピン人のハーフです。

どんなお母さんなのか?

家族構成も含めてまとめてみました。

ゆきぽよの母親・ミッシェルのプロフィール

ゆきぽよの母親は『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演されたりテレビにちょくちょく出演されていることから知っている人も多いかもしれませんね。

ゆきぽよさんの母親のプロフィールをまとめると

本名が木村ミッシェル。

ちなみにフィリピン人とスペイン人のハーフだそうで、このことからゆきぽよさんにはいろんな血が混ざっていることが分かりますね。

ゆきぽよさんの本名が木村有希ということから苗字が木村であることは間違いないでしょう。

ゆきぽよさんの母親は19歳の時に来日していて、フィリピン言語のタガログ語を話せるそうです。

そして29歳の時に日本で出会った会社員の方と結婚しています。

旦那さんとは当時ホステスをしていたときに知り合ったそうで、その時のお客さんだそうですね。

このことからゆきぽよさんの母親は日本に来日する前はフィリピンに住んでいたそうです。

6人兄弟の4番目として生まれています

ゆきぽよの母親はパチンコ好き?

出典元(NAGI’S HEADLINE

ゆきぽよさんはTV番組にて「全部貯金している」とコメントしていて意外にも堅実であることが分かります。

そしてゆきぽよさんは母親にキャッシュカードを預けていたところパチンコでかなり消費されてしまったそうです。

ゆきぽよさんが母親に電話するとパチンコ店によくいるそうです。

それについて陽気に語っていることがまず凄いですよねw

普通の家族であれば大喧嘩ですよw

ゆきぽよに対するしつけが厳しかった

出典元(気になること通信

ゆきぽよさんの母親は幼少期貧しくて苦しい思いをしていたそうで、自分の娘にそんな思いをさせないようにと思ったのかゆきぽよさんが幼少期の時は礼儀や挨拶などしつけが厳しかったそうです。

幼少期のゆきぽよさんにとっては当時母親は怖い存在だったそうです。

ただその反動でゆきぽよさんは思春期に入りグレてしまったそうです。

出典元(芸能お金図鑑

しつけが厳しかったりバ〇の一つ覚えのように「勉強勉強」と言っている家族ではよくある話ですよね。

子供として幼少期そんな教育受けていれば「うるさい」と思ってますからね。

それがどこかで爆発するのは当然です。

日本に来日した理由

出典元(OASIS JOURNAL

ゆきぽよさんの母親は19歳の時に日本に来日しているのですが、なぜ日本へ来日したのか?

ゆきぽよさんの母親は芸能人になることを目指していて、来日する前はダンスレッスンを受けていたそうです。

ただその時に両親が離婚し家計を支えないといけない状態になり日本へ出稼ぎに来たそうです。

ここで旦那(ゆきぽよさんの父親)に出会ったという訳です。

職業はパート

出典元(OASIS JOURNAL

ゆきぽよさんの母親は週4で卵の検品工場でパートをして働いています。

1日4時間勤務で10年近く働いているそうです。

これはゆきぽよさんが幼いころから働いている職場だそうで、ゆきぽよさんが幼いころの食卓はほぼ卵料理だったそうです。

ゆきぽよさんがトップモデルになりかなり収入はあると考えられますが、まだパートで働いているところがすごいですね。

ク〇みたいな親なら子供の収入に頼ってなんもしないというのがセオリーですからね。



ゆきぽよの母親・ミッシェルは夢を叶えている

出典元(AからZまで調べてみました!

ゆきぽよさんの母親は29歳の時に結婚されていて、この時ウェディングドレスを着ることが出来なかったそうです。

そのことからウェディングドレスへの憧れがとても強かったそう。

そんな母親の思いを知っていたゆきぽよさんは番組の企画で母の日に『ウェディングドレスで写真を撮る』というサプライズを行いました。

ゆきぽよさんの母親は24年越しに念願のウェディングドレスを着ることが出来たそうでゆきぽよさんは親孝行しましたよね。

ゆきぽよは母親に「最高に感謝をしている」とコメント

ゆきぽよさんは当時、母親のしつけが厳しく荒れていた時期もあったようですが、今は母親に対し感謝をしているとコメントしています。

フィリピンで生まれ、19歳で出稼ぎのために日本に来たという母親のことを「めっちゃスパルタだった、昔。怖い人でしかなかった」と口答えが全くできない厳格な母親だったと振り返ったゆきぽよは、その反動で反抗期に夜遊びや家出を繰り返し、高校1年生で留年したそう。

しかし、その後「家にいる時間も長くなったし、(母親と)話す回数が増えた」そうで、芸能界と学業を両立させ、無事高校を卒業。ゆきぽよは、「最高に感謝してる。誰よりも理解がある親だなって」と母親の支えへの感謝を語った。

引用元(モデルプレス

またゆきぽよさんは母親から『生き抜く方法』を教えられたそうで、その内容とは

「適当にやればいいんだよ。(悩んだら)泣けばいいの。(泣いたら)疲れるから眠れちゃう。寝たら幸せでしょ。起きておなか空いたら食べればいいの。忘れるよ、悩む事を。なんとかなるんじゃね?」

引用元(モデルプレス

このコメントに対しSNSでも話題になり「ゆきぽよママ素敵」といった声が多数挙がっていました。

今のゆきぽよさんがあるのは母親の存在が大きいことが分かりますね。



ゆきぽよの母親の人生は壮絶

ゆきぽよさんの母親はフィリピンで6人兄弟の4番目として生まれていて夢を諦めなければならないほど貧乏だったことを説明しましたが、19歳の時に日本に来日したときも言葉が分からず毎晩泣く日々だったそうです。

ファンキーな見た目と陽気な性格からは想像がつかないですが、今に至るまでにかなり苦労をされていることが分かります。

ゆきぽよさんがモデルとして成功を収め、夢だったウェディングドレスを着ることも出来て今は幸せな生活を送っているのではないでしょうか。

本当になんとかなるもんですよね。

このエピソードを聞いているだけでも元気がもらえます。

ゆきぽよの家族構成

出典元(MAME BLOG

ゆきぽよさんの家族構成は母親、父親、姉、ゆきぽよ、妹の5人です。

ゆきぽよさんの親は離婚しているという噂もありますが、それはデマです。

そして妹はゆきぽよさんのYoutubeにも登場していましたね

ゆきぽよさんの妹だけあって可愛いですよね。
ただ妹は清楚でギャルには興味がないそうでゆきぽよさんとは真逆だということが分かります。

そして姉は上記の画像を見ていただくと分かりますが角刈りですよねww

このことからかなりファンキーな家族であることが分かります。

でも家族仲が良さそうなので、羨ましいです。。。

まとめ

ゆきぽよさんの母親についてまとめると
・本名が木村ミッシェルでスペイン人とフィリピン人のハーフ
・19歳の時に日本に来日し29歳の時に旦那と入籍している
・子供に対するしつけが厳しかった
・生い立ちが壮絶
・24年越しにウェディングドレスを着ている
・ゆきぽよが幼少期の頃から現在に至るまで卵の検品工場でパートしている
・パチンコ好き

といったところでしょうか。

なんやかんやゆきぽよさんともいざこざがあったかもしれませんが、感謝をしているとゆきぽよさんがコメントしていることから関係は良好でありゆきぽよさんの現在を作ったといっても過言ではないでしょう。

今後もゆきぽよさんといい関係を継続してほしいですね



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.