芳根京子は学生時代に難病『ギランバレー症候群』を患っていてワキに後遺症がある?真相を徹底調査

2016年放送のNHK連ドラ『べっぴんさん』でヒロイン役を演じた芳根京子さん。

様々なドラマに出演され人気を博していますが、そんな芳根京子さんは学生時代に難病であるギランバレー症候群を患っていたそうです。

ギランバレー症候群とはどんな病気なのか?
現在(2020年)は完治しているのか?

そもそも何故、ギランバレー症候群になってしまったのか?

調査してみました。

芳根京子が患った難病『ギランバレー症候群』とはどんな病気?

出典元(ザテレビジョン

芳根京子さんは中学2年生の時にギランバレー症候群という難病を患い1年間学校を休学されています。

芳根京子さんが患ったギランバレー症候群とは

ギラン-バレー症候群は,急性で,通常は急速に進行するが自然治癒する炎症性多発神経障害であり,筋力低下および軽度の遠位部感覚消失を特徴とする。原因は自己免疫性であると考えられている。

引用元(MSDマニュアル

簡単に言えば筋肉を動かす神経に異常があり両手両足に力が入らなくなるという病気です。

このことから芳根京子さんは中学での授業を受けるのが困難になり休学したそうです。

ギランバレー症候群になった原因は?

ギランバレー症候群の発症率は国内で年間10万人に1人発症すると言われています。

そしてギランバレー症候群になる原因としては何らかの感染症が原因と言われていますが、詳細は分かっていません。

しかし何らかの細菌やウイルスに感染し、この免疫システムが活発になると、ギランバレー症候群の発症につながると推測されています。

またギランバレー症候群になる可能性として最も高いのが風邪を引いた3~4週間後にギランバレー症候群を発症する方が多いようで、もしかしたら芳根京子さんも風邪を引いた後に感染した可能性がありますね。



芳根京子は現在(2020年)は難病『ギランバレー症候群』は完治している?

出典元(grape

芳根京子が中学二年の時にギランバレー症候群を患っていたと説明しましたが、現在(2020年)は完治しているのかというと完治しているそうです。

「難病とは言われているけど、自然に治る病気。今は完治してる」と笑顔で報告すると「病気のあとは急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしてるので全然、支障がない!」と元気ハツラツ。

長丁場となる朝ドラ撮影を前に「クランクインが楽しみ。おけいこも頑張りたい」と気合十分の様子だった。

引用元(オリコンニュース

芳根京子さんも完治しているとおっしゃっていて今ではドラマの撮影はもちろん高校時代には持久走で1位になるほどであるので私生活にはまったく影響が無さそうですね。

難病であるギランバレー症候群の治療法

芳根京子さんは「自然に治る病気」とおっしゃっていますが、難病と言われるギランバレー症候群が本当に自然に治るのか?と思う方もいるのではないでしょうか?

調べたところギランバレー症候群の治療法としては

ギラン・バレー症候群の治療法はまだ知られていませんが、ほとんどの患者で、症状を軽減し回復を加速させる治療法を施すことができます。この疾病の合併症を治療するには多くの方法があります。

現在、血漿交換法や免疫グロブリンを大量に投与する療法が採用されています。

引用元(ギラン・バレー症候群

このことからギランバレー症候群の治療法としては知られておらず軽減するための方法はあるようです。

芳根京子さんもさすがに難病にかかってずっと放置することはないと思いますので、このような症状を軽減させる治療法を取られていたのではないでしょうか?

ワキや足にギランバレー症候群の後遺症があるという噂

出典元(従者ヨシコ芸能ブログ

そしてネット上では芳根京子さんがギランバレー症候群を患っていたことから後遺症があるのでは?という噂が出回っています。

調べたところギランバレー症候群は再発することは非常に少ないそうです。

また後遺症に関してもほとんどの人が通常通りの生活を送る人も多く長い期間後遺症に悩まされることはないようです。

ギラン・バレー症候群の患者さんの7〜8割の方は、もとの筋力に戻ると考えられます。

残りの2〜3割は筋力が低下したりわずかな手足のしびれが残ったりするケースもありますが、日常生活に影響を及ぼさないケースが大半です。

引用元(Medical Note

これらのことを考えると芳根京子さんもワキや足に後遺症があると言われていますが、そんなことは無さそうですよね。

もし酷い後遺症があった場合、長期間のロケで大変なNHK連ドラのヒロインなんか出来ませんよね。



芳根京子は難病『ギランバレー症候群』患って命の大切さを知った

出典元(芳根京子公式ツイッター

芳根京子さんは難病『ギランバレー症候群』を患い命の大切さを知ったと言っています。

ギランバレー症候群は2~3%の確率で死に至ることもあるそうです。

それを知った芳根京子さんは当時、ギランバレー症候群を患っていた時は不安だったと言っています

「少ない可能性ですが、この病気で亡くなった方もいると聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」と振り返ると「お芝居にというか、人として、自分はこんなにも周りの方に支えられているんだと。こんなにも周りの人に見られて普段の生きている中で、周りに対する思いがすごい感じた。

そういう経験したからこそ、しっかりと自分を持とうと考えるようになった」と精神面での変化を明かした。

引用元(オリコンニュース

難病を患って立ち直った方であるからこそ言葉に重みがありますね。

健康というのはいつ崩れるか分からないので日々気を付けないといけませんね。

難病『ギランバレー症候群』にならないために

出典元(サンニチ

それではギランバレー症候群にならないためにはどうすればいいか?

上記でも説明しましたが、ギランバレー症候群は感染症であり風邪が原因でギランバレー症候群になる方が最も多いようです。

そのことから風邪には手洗い、うがい、体を冷やさないことというのが言われることであり、こちらを日々行うことと鶏肉からも感染することもあるようで鶏肉は十分に加熱することでギランバレー症候群も未然に防ぐことが可能です。

またギランバレー症候群は両手両足が動かなくなる難病であるため、両手両足に少しでも違和感を感じて、それが続くようでしたら神経内科に行き受診されたほうがいいようです。

まとめ

芳根京子さんは難病『ギランバレー症候群』を乗り越えNHK連ドラのヒロインになり、今では人気女優にまで成長されています。

後遺症があるという噂がありますが、調べたところそれは無さそうです。
もしかしたらどこかに少しあるかもしれませんが私生活を送るあたり支障はなさそうです。

病気になったときの精神的な落ち込みは激しいものですが、ここを乗り越えている芳根京子さんを見ていると自分も頑張らないといけないと思ってしまいます。

今後も芳根京子さんの活動に期待したいですね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.