昔、ダンス甲子園に出ていた山本太郎さん。現在はれいわ新選組を立ち上げ日本を変えるために活動中!その活動内容をまとめてみた

1990年「天才・たけしの元気が出るテレビ」のダンス甲子園に出演していた山本太郎さん。
現在は「れいわ新選組」を立ち上げ政治家として日本を変えるために活動中。

その山本太郎さんはどのような政策を練っているのか?
現在はどのような活動をしているのか?

まとめてみました。

山本太郎さんのプロフィール

タレント・俳優時代

1974年11月24日生まれ。
兵庫県宝塚市出身。

1990年、箕面自由学園高等学校に在学中に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のダンス甲子園に出演し芸能界デビューを果たす。
ここで海パン姿でダンスをし最後に「Q!」と叫ぶメロリンQと呼ばれるキャラでブレイク。

しかし、その反面で在学していた高校に保護者から苦情が殺到。
いじめにもあったことがあるそうです。

しかし、翌年「代打教師 秋葉、真剣です!」の準主役で役者デビュー果たし、真面目な役からヤクザの役まで幅広くこなし50本以上の映画、ドラマに出演している。
そして1996年にはNHK連ドラ「ふたりっ子」のヒロインの相手役で出演している。

他にもNHKのトーク番組「トップランナー」の司会を2005年から2008年まで務めたりウルルン滞在記の体当たりロケも行っており人気を確立しています。

タレント・俳優としては2011年まで活躍していました。

政治家としての活動

政治家としての活動は2012年12月1日の衆議院議員総選挙へ無所属として出馬したことから始まり、ここでは脱原発、反TPPを訴え約7万票を獲得したが落選。

そして2013年7月21日に行われた参議院選挙にも無所属で出馬し約66万票を獲得し初当選。
ここから議員としての活動が始まります。

また議員になった同年、遊園会において天皇陛下に手紙を渡したことが問題となった。

この件について山本太郎さんは

それに対し山本太郎さんの説明として

人を守らない国は国じゃない。
陛下に福島第一原発事故をめぐる健康被害および事故の収束で働く原発作業員の労働環境の劣悪さについて知ってもらいたかった。
議員が陛下に手紙を渡すことが禁止とは聞いていないし、自分の行動は議員による皇室の政治利用にはあたらない。
今回の自分の行動が政治利用にあたるならば、五輪招致で皇室の方々に出席していただくことも政治利用なのではないか。
田中正造が天皇に直訴したという事実は知っていたが、あの手紙を手渡す際には、そんなことは意識もしなかった。皆さん(マスコミ)が騒ぐことによって政治利用にされてしまう。

福島の原発の被害にあわれた方のことを考えての行動であったとのことだと思います。

他にも議員としての山本太郎さんの会議での内容はYOUTUBEにもアップされています。

これは一部ですが他にもたくさんあります。

これを見ている限りでも相手が誰であろうが曖昧な発言には鋭く突っ込んでいることが分かります。

他にもTVでも報道されていた牛歩なども話題となり本人は国会の野良犬と言っています。



現在、山本太郎はれいわ新選組を立ち上げ

そんな山本太郎さんですが、2019年7月に新たな政治団体「れいわ新選組」設立。

れいわ新選組の政策として
1.消費税廃止
2.最低賃金1500円
3.奨学金徳政令
4.公務員を増やす
5.一次産業戸別所得補償
6.「トンデモ法」の見直し・廃止
7.辺野古新基地建設中止
8.原発即時禁止

を掲げて全国で演説を行い、現在(2019年8月)の段階で寄付金4億円に到達し話題を呼びました。

それが「れいわフィーバー」「れいわ旋風」とも呼ばれていました。

特にその中でも一番に掲げているのが消費税廃止。

この理由は動画でも説明されていますが、消費税が上がったことにより消費がへっており5%から8%に上がったことにより消費が8兆円落ち込み、リーマンショックの時は6.3兆円だったのでリーマンショックを超える打撃であったと。

しかも消費税は法人税が下がっているのでその補填に70%以上使われているという状況。

これをまずは変えたいと強く思っており、これが国民の心を打っています。

しかし、その間TVでは「れいわ新選組」をほとんど報じていません。
なぜ報じられなかったのか?

それは山本太郎さんが演説で言っていることが大企業にとっては不利になる事が多いからです。
これはれいわ新選組の演説動画をみていただければわかりますが、テレビ関連の会社にとって収益はスポンサーです(NHKは除く)
スポンサーは大企業であるためスポンサーにとって不利益なことは流せないのです。

そんな中でも2019年7月21日に行われた参議院選挙では比例区で出馬し特定枠である重度の障害者である舩後靖彦さんと木村英子さんが当選。
党全体として約228万票を獲得し山本太郎さんは比例区の全候補者の中でも最多の99万票を獲得しました。
しかし、山本太郎さんは特定枠と導入しており、舩後靖彦さんと木村英子さんを優先で議員にするようにしていたので山本太郎さんは落選しています。

しかし政党として扱われるための得票率2%をクリアしているためメディアでも取り上げられています。

れいわ新選組は選挙前はまったくメディアでは報道されていませんでしたがSNSや口コミを通して広がり支持者の中では「真の愛国者」「この人なら今の日本を変えてくれる」と信頼を得ています。



山本太郎が現在抱いている野望

山本太郎さん率いるれいわ新選組は本気で政権を取ろうと動いています。

今の日本を変えようと動いています。

次回の衆議院選挙に向け準備を行っている段階であります。

衆議院には100人候補者を立てるつもりでおり、100人候補者を立てるには費用として6億円必要になるとのこと。

そして衆議院には解散があるため、いつ行われるかが分かりません。

それに関しては街頭演説でも山本太郎さんがおっしゃっています。

2019年8月現在集まった寄付金のうちの3億円は使っており残りは9000万円とのことでした。

これだけ話題になっているということは国民にとっても現在自民党が行っている政策に不満を抱いている方がたくさんいるということですね。

SNSでのれいわ新選組に対する声

https://twitter.com/earthbabycherry/status/1164826436043067392

見てみると支持者がかなり多いですね。

山本太郎さんの演説の様子を見ている限りでも熱意と国民を思う気持ちが伝わってきます。

議員時代の会議の様子を見ていても当選したからと言って手のひらを返すようなクソ議員にはならなさそうですし。



まとめ

以上が、山本太郎さんの現在をまとめたものです。

れいわ新選組として政権を取って今の日本を変えてくれることを個人的にも祈っているので山本太郎さんは応援しています。

もちろんどんなものにもアンチや批判をする人はいると思います。

そんな方にも真摯に対応する山本太郎さんは見ていても好感が持てますし何より他の議員より熱意が感じられます。

これからの山本太郎さん、れいわ新選組に期待ですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.