和田アキ子はシェーグレン症候群という病気を患っていることを告白!原因や症状などをまとめてみた

芸能人のボスとして君臨している大御所の和田アキ子さん。

和田アキ子さんはシェーグレン症候群という病気を患っていることを告白しています。

シェーグレン症候群になった原因は何なのか?どんな症状があるのか?

現在(2020年)は病気の状況はどうなのか?

まとめてみました。

和田アキ子はシェーグレン症候群という病気になったことを告白

出典元(サンスポ

和田アキ子さんは2016年10月22日に放送されたラジオにてシェーグレン症候群という病気を患っていることを発表されています。

また『アッコにおまかせ!』では、「大丈夫。寝込むほどの病気じゃないから」と語っていました

シェーグレン症候群とは

シェーグレン症候群は、涙腺、唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、外分泌腺が破壊されてドライアイやドライマウスなどの乾燥症状が出現する病気です。

引用元(順天堂大学医学部

このことから乾燥が関係しているような病気ですね。

あまり聞きなれない病気なのでどのような症状があるのかというと

シェーグレン症候群の症状
・目の乾燥(ドライアイ)
・口の乾燥
・鼻腔の乾燥
・唾液腺の腫れと痛み
・全身の疲労感

このような症状があるようですが、個人差があるようです。

和田アキ子さんの場合は涙や唾液が出にくくなっているそうで、常に水が無いと生活できない生活になっているそうです。

ちなみにこの病気はどのような人がおこりやすいのか?

調べてみると特に50代の女性に多いそうです。
ただ稀に子供にも発症する病気だそうで原因は女性ホルモンの変化や遺伝、ウイルス、免疫異常などいろんな原因があると言われています。



和田アキ子がシェーグレン症候群になったのはタバコが原因?

出典元(女性自身

シェーグレン症候群の原因はホルモンの変化や遺伝、ウイルス、免疫異常などがあるということを説明しましたが、これらのことは私生活に大きく関係することであり和田アキ子さんは現在(2020年)は禁煙に成功されていますが、昔はヘビースモーカーで1日に2箱吸うとおっしゃっていました。

このタバコが関係しているのではないかとも言われていますが、実際のところは分かりません(;^ω^)

しかし和田アキ子さんはこの病気を機にタバコをきっぱりと辞めたそうです。

タバコは百害あって一利なしと言われますから吸い過ぎると様々な病気を発症することがありますから全く関係ないとも言い切れませんので注意したいところですね。

和田アキ子が患ったシェーングレン症候群は様々な病気を発症する可能性がある

出典元(NHK

シェーグレン症候群の患者数は厚労省の調べによると7万9000人ほどが患っていて男女比は1:13で圧倒的に女性のほうが多いことが分かります。

さらに潜在患者数は20万人に上るといわれていて他人事ではないですよね。。

さらにシェーグレン症候群になるとべつの病気を併発することもあるようで

シェーグレン症候群とは、本来体を守ってくれるはずの免疫が自分の体の一部を“敵”と認識して攻撃してしまう病気です。原因は不明で、涙腺と唾液腺に異常をきたします。

関節リウマチや線維筋痛症などを併発することもあります

引用元(NEWSポストセブン

このことから和田アキ子さんもリウマチや関節などにも病気を併発している可能性がありますよね。。

関係者によると和田アキ子さんは満身創痍のようで表情を見ても「大丈夫か?」と思う人も多くいらっしゃいます。

和田アキ子さんは年齢が現在(2020年)69歳で高齢でもあるので心配なところはありますよね。。



和田アキ子の目が変わったのはシェーグレン症候群は関係ない

出典元(従者ヨシコ芸能ブログ

和田アキ子を見てよく言われることが「目が変わった」と言われますがこれはシェーグレン症候群が関係しているではないかという人もいらっしゃいますが、これは関係ありません。

和田アキ子さんが眼瞼下垂の修正手術をしたことを『アッコにおまかせ』で報告していて

和田は「私ごとですが、このあと眼瞼下垂の修正手術をやることになりました」と報告した。

この日の番組では「去年やったんですが、自分の目が嫌でずっと落ち込んでおりました。本当に病気になりそうだったんで、これを機会に修正手術、違う病院で受けたいと思います」と明かした。

引用元(スポーツ報知

この眼瞼下垂は年齢によるものが8割以上であり残りの2割程度は筋肉不足などによるものなのでシェーグレン症候群は関係ないのが分かります。

手術に踏み切るほど自分の目が嫌だったんですね。。

シェーグレン症候群の治療法と和田アキ子の病気の状況

出典元(メディカルノート

それでは和田アキ子さんはシェーグレン症候群に対しどのような治療をしているのか?

現在(2020年)シェーグレン症候群を根治させる治療法は残念ながら無いそうです。

そんなことから完治はしていないと考えられます。

しかしドライアイなど様々な症状を発症するため何もしないことは無いと思います。

このことから乾燥症状の治療はされていると思います。

ドライアイ、ドライマウス、ドライスキンの治療は日々行っているのではないかと考えられますが根底から治す術がないというのは厄介な病気ですね。。。

和田アキ子は過去に子宮がんの手術も受けている

出典元(YAHOOニュース

和田アキ子さんはシェーグレン症候群の他にも子宮がんの手術を受けたエピソードを語っています。

1981年に当時テレビカメラマンだった飯塚さんと再婚。

その2カ月後に子宮がんと判明した。和田は、夫から「手術しないと命に関わる。ただ、子供が産めない体になる」と告げられると「そんなん嫌や!」「もう別れてもええで、こうちゃんの子供産んであげられへんし。もう死にたい」と号泣。

そんな和田に、飯塚さんは「俺は子供のために結婚したわけじゃない。俺はアコが好きなんだ」と伝えたという。

引用元(マイナビニュース

このことから子宮がんの手術を受け子供が産まない体になってしまったそうですが、和田アキ子さんの旦那さんはそんなことを関係なく愛し続けていて夫婦愛というのを感じるエピソードですよね。

和田アキ子さんはTVで見ていると何事にも動じない男勝り的な感じを受けますが、愛に溢れた方なんですね。

だからこそアッコファミリーが出来るのも分かります

まとめ

和田アキ子さんの病気についてまとめると
・シェーグレン症候群を患っている
・眼瞼下垂の修正手術を2度受けている
・子宮がんの手術をしていて子供が産めない体になっている

これだけ見ていても和田アキ子さんは満身創痍で仕事をしているのが分かります。
これからも元気なアッコさんでいてほしいですが、病気が治るのか心配ですね。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.