ヴァンゆんはカップルではなく同じ夢を持ったサクセスフレンドだった!付き合わない理由など徹底調査

ヴァンビとゆんの2人によるチャンネル『ヴァンゆんちゃんねる』

現在(2020年)の登録者数が220万人以上で超人気YouTubeチャンネルでこれまでに交際開始とかのネタ動画もありカップルチャンネルだと思っている方も多いようです。

しかしヴァンゆんはカップルではなく付き合っていません。

動画を見ている人は分かると思いますがこれだけ仲がいいなら付き合えばいいのにと思ってしまうほどですが何故付き合わないのか?

カップルだといわれている理由は何なのか?

ヴァンビさんとゆんさんの仲についてまとめてみました

ヴァンゆんはカップルじゃなくサクセスフレンドだった

これまでにヴァンゆんちゃんねるでは『10万いいねで付き合う』とか『同棲開始』とかカップルと思うような動画を多数出しています。

しかしヴァンビさんとゆんさんはカップルではなく付き合っていません。

ちなみにこの『10万いいねで付き合う』という動画は炎上していますがw

過去にヴァンビさんが視聴者から質問に答えるコーナーを設けたのですが全質問のうち約半分が「ヴァンビさんとゆんさんは付き合っているんですか?」という質問だったようです。

付き合ってると思いますよね。

ただこの件に対して動画で否定をしています。

この動画内で話している内容をまとめると

動画内で説明している内容
①初めてコラボした時の反響が凄かった
②お互いYouTubeに対して真剣で真面目だった
③YouTubeで生活するために結果を出さなければならない
④YouTubeを1人でやる時代は終わった。
⑤2人で切磋琢磨していかないと埋もれてしまう

ゆんさんも同じYouTubeに対し真剣に取り組んでおり、ヴァンビさんと同じく本気でありお互い信頼しているビジネスパートナーであることが分かります。

ヴァンビはゆんにYouTubeのアドバイスをしていた

ゆんさんは一人でもYouTubeチャンネルを開設しており現在(2020年)登録者数が75万人以上。

ゆんさんがYouTubeチャンネルを開設したのが2017年。

当時ゆんさんはYouTuberを目指して上京したのですが生活が厳しくてアルバイトで生計を立てていたようです。

そんな中ヴァンビさんがあさぎーにょさんのツイッターからゆんさんの事を知り交流が始まったようです。

そこからヴァンビさんはゆんさんにYouTubeについて「動画を毎日投稿するように」とアドバイスしそのアドバイスを素直に実践したゆんさんはあっという間に登録者数10万人を超えています。

しかしその時、YouTube1人でやっていたヴァンビさんは限界を感じていたようです。

そこでゆんさんへのコラボ動画の誘いがあり初めてヴァンビさんとゆんさんがコラボ動画を出します。

これが2018年2月の事です

初めてコラボした動画が『カップルチャンネル』と銘打っていることからこのサムネを見た時点でゆんさんの彼氏だと思いますよねw

ヴァンビの目標はゆんの夢を叶えること

2019年9月3日の動画にてヴァンビさんが「ゆんちゃんの夢を叶えることが僕の今の目標になってたんですよ」と語っています。

ちなみにゆんさんの夢は「タレントになりたい」ということだそうでゆんさんは過去にSKE48のオーディションに仮合格していますが正式メンバーにはなっていません。

2人にはそれぞれ夢がある。ゆんはマルチタレントになること。ヴァンビは歴史に名を刻むこと。すでにマルチタレントとして活躍し始めているゆんは「次はヴァンビ君の夢をかなえよう…というと私がヴァンビ君のことを好きみたいになっちゃうじゃない!?」と笑った

引用元(日刊スポーツ

ゆんさんの夢を常に聞いていたヴァンビさんがこんなことをいうとはもはやカップル以上の関係ですよね

ヴァンビはゆんのことをサクセスフレンドと宣言している

ヴァンゆんチャンネルのコンセプトは『終わらない少女漫画』だそうでその上でヴァンビさんはゆんさんのことをこのように語っています。

2人の関係を改めて確認すると、お互いが「ビジネスカップルと言われるけどそうではない」と強調。その上でヴァンビは「最近作った言葉があって、サクセスフレンド。同じ夢を持ち志が一緒でコンビになった“サフレ”です!」と宣言した。

引用元(日刊スポーツ

今の時代に若い男女が同じ夢に向かって協力し合う関係である『サクセスフレンド』っていうのは素敵ですね。

これを聞いているとカップルというより信頼関係が厚いように思います。



ヴァンビはゆんを女性として意識することはないのか?

ヴァンビさんとゆんさんはカップルではなく同じ夢を持った『サクセスフレンド』だということが分かりましたが、これだけ長い時間男女が一緒にいるとどちらかが意識することはないのか?

この件についてヴァンビさんとゆんさんがコメントしていて

ヴァンビは「こんなにサプライズをしたり、お金を注ぎ込んだりしてくれる男は二度と現れない」と笑う。

そのうち気付くんでしょうね。仮に他の男を好きになったとしても大切な人は近くにいたって。まあ、そうなるのは時間の問題でしょう」と胸を張ったが、ゆんは「この一言でどっちが好きかはわかりましたよね。ヴァンビ君が意識しているんですよ!」と反論した。

引用元(日刊スポーツ

この発言からヴァンビさんがもしかしたらゆんさんのことを意識している可能性がありますが、現時点ではサクセスフレンドであるということです。

ヴァンゆんがカップルにならない理由はヴァンビの潔癖症が原因?

これだけ仲がいいヴァンビさんとゆんさんは何故カップルじゃないのか?

真相は定かではありませんが、ヴァンビさんは自身の恋愛事情を2020年9月7日に語っていて4年くらい彼女がいないとのこと。

そしてゆんさんは「恋愛できないでしょ、想像できない、ヴァンビくんが恋愛しているところが」とコメントしています。

その理由が、きれい好き過ぎる点。手を洗うようにスマホを水洗いしたり、トイレ用、リビング用、廊下用と3台の掃除機を使い分けていたりしていることが明らかに。ゆんは「細けぇ男だな。一生恋愛は無理だと思いますね」と切り捨てていた。

自身も潔癖症だったという坂上忍は「僕、昔近かったですね。僕が“更生”できたのは、人間ではなく犬のおかげ。普通にそこら辺でおしっこしちゃう。人間がおしっこしたら絶対許さない」と断言。

引用元(MSN

ヴァンビさんはかなりの潔癖症ですねw

これにはゆんさんもイラっとすることもあるんでしょうかね。

ゆんさんが「一生恋愛は無理」と言っていることからこの潔癖症がカップルにならない原因の1つかもしれません



ヴァンゆんは新居を購入している

ヴァンビさんとゆんさんは2019年に入り1LDKだったスタジオから一軒家に引っ越したようです。

3億円もする高額物件だったようですが撮影用のスタジオとして購入したようです。

引っ越し後に動画を公開していますが「部屋の規模が大きすぎる」「結婚の準備をしているとしか思えない」といったコメントが殺到していますが同棲はしていないようです。

かなり大がかりな『匂わせ』のようです。

ヴァンゆんはカップルだと言われる理由まとめ

ヴァンビさんとゆんさんは付き合ってはおらず、今でも信頼をおけるビジネスパートナーという関係ですがカップルだという声は絶えません。

ヴァンビさんとゆんさんがカップルだといわれる理由をまとめると

ヴァンビとゆんがカップルだといわれる理由
①付き合ってると思う動画が多い
②一緒にいる時間が長い
③二人とも彼氏や彼女がいないと言われている
④とても仲がいい

そして2019年9月28日に幕張メッセで行われたイベント『Girls Award 2019』ではヴァンビさんが公開告白までしています。

これで付き合ってないって言われても難しいところですよね。

ただヴァンゆんちゃんねるはこの「付き合ってるか付き合ってないかが気になる」というのも人気の1つでもあります。

実際にそんな動画が多いですし再生回数もかなり多いですから、二人もそれを分かっているでしょう。

そのことからYouTubeの戦略としてカップルのように振舞っているんでしょう。

これでもし本当に「カップルになりました!」となればそれまでやってきた疑似恋愛の類の動画が出せませんしもし出したとしてもただカップル同志イチャイチャしてるだけに見えてしまいますから再生回数も今ほど伸びることは無いでしょう。

もしかしたらヴァンビさんとゆんさんが付き合わない本当の理由はこれかもしれません

まとめ

ヴァンビさんとゆんさんはカップルではなく同じ夢を持った『サクセスフレンド』であり信頼しあっているビジネスパートナーであるというのが分かります。

そして2人がビジネスパートナーとしてYouTubeをしている理由が1人でYouTubeをするのには限界があるということからこの『ヴァンゆんチャンネル』が始まっています。

もし本当にカップルになってしまうと今の動画のコンセプトがガラリと変わってしまいますし2人はこのことを分かっているでしょう。

付き合わない理由はヴァンビさんの潔癖症もあるかもしれませんが、このYouTubeを本気で取り組んでいるという事が付き合わない本当の理由かもしれませんね



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.