谷まりあは早稲田大学卒業していて英語もペラペラで高学歴!通っていた学校を徹底調査

イッテQで出川ガールでお馴染みのモデル、谷まりあさん。
谷まりあさんは早稲田大学に通っていて卒業されましたが、英語もペラペラで秀才です。

そんな谷まりあさんの通っていた学校を調査してみた。

谷まりあが通っていた高校

出典元(しろくま

谷まりあさんは専修大学松戸高校を卒業していて、ここの偏差値は72であり千葉県トップクラスの進学校です。
ここは英語教育に力を入れており、ネイティブ教員が3名常駐していて昼食を取りながら英会話を学んだり希望すれば放課後に英会話講座を受けることも出来ます。

谷まりあさんはここを卒業しているので英語がペラペラなのも納得できます。
ちなみに中学校は専大松戸中学校に通っていてこの中学校も偏差値が60で頭のいい方々が集まった中学校です。

そのことから谷まりあさんは中学校からずっと勉強をする環境が揃っている学校に通っていたことが分かります。

出典元(芸能人有名人学歴偏差値.com

これが谷まりあさんの卒アル写真ですが、今ほどあか抜けていませんが面影がありますね。

ちなみに専修大学松戸高校を卒業した有名人は

山本梓(タレント)、仲村トオル(俳優)、安藤正則(元プロ野球選手)、原嵩(プロ野球選手)、佐藤弥生(タレント・俳優)、山本潤(アナウンサー)

などがいらっしゃいます。



谷まりあは1年浪人して早稲田大学に合格している

出典元(YAHOOニュース

そして高校卒業後は早稲田大学に入学したわけですが、谷まりあさんは1年間の浪人生活を経て早稲田大学に進学をしています。

一般入試での合格であったそうでAO入試に比べかなり学力がいるようです。
その証拠に谷まりあさんは浪人した時は1日10時間勉強に打ち込んでいたそうです。

浪人中は朝9時から夜7時まで塾に通っていたようで仕事もあったでしょうが、これを乗り越えて早稲田大学に合格したのは凄いですよね

早稲田大学にこだわった理由

出典元(みんなの大学情報

谷まりあさんは一度早稲田大学を受験して落ちて浪人して再度、早稲田大学を受験して合格したわけですが何故早稲田大学にこだわったのか?

谷まりあさんは「どうせやるのならば、悔いが無いようにしたい」ということ仲がいい友達はみんな合格し自分だけが浪人生になったことが悔しかったようです。
世間は「谷まりあはダメだろう」とか言っている人もいましたがそんな状況を乗り越え谷まりあさんは早稲田大学に合格しました。

通っていた学部は国際教養学部

出典元(早稲田大学

谷まりあさんが通っていた学部が国際教養学部と言われています。
ここは2004年に開設されたばかりの新しい学部であり、英語により情報発信出来る人材を育てる学部だそうです。

そのことから学部での授業は英語で行われるそうで、英語能力がないとまず授業についていけないことが分かります。
そして学部のカリキュラムは

多数の留学生を学生組織の中に収めていることにより、さらに強固なものになっている。さまざまな分野の科目を履修するリベラルアーツ教育を実践。多角的な視点を養い、論理的な思考力と分析力、実行力を身につけるため、開講科目も特定の分野に偏らずに、世界の最新情勢を包括する多分野に幅広くわたって学際的な学習を可能にする。

出典元(早稲田大学

このことから英語力の強化やその他の外国語の習得も行えるそう。

日本語以外が母国語である学生は日本語の勉強もできるとのこと。
谷まりあさんはここで英語力を磨いたことが分かります。

そのことからイッテQを見ている方なら分かると思いますが、谷まりあさんは英語がペラペラな理由が分かりますね。

谷まりあさんは12歳の頃に「えいごでしゃべらないとJr.」に出演されていましたから元々英語が得意というのもあるかもしれませんが、早稲田大学に入学後にも英語力が上がっていることは間違いありませんね。

単位は夏学期で全取得し無事に卒業

早稲田大学に通いながらも学業と仕事を両立していた谷まりあさん。

単位は4年生の夏までには全所得していたそうです。
仕事現場でも勉強したりして苦労したこともあったそうですが、大学で知り合った友人の支えで乗り切れたと谷まりあさんはコメントしています。

卒業された谷まりあさんは「早稲田大学に行けてよかった」「頑張ってよかった」とコメントしておりキャンパスライフがいかに充実していたかが分かります。



苦しい浪人生活を乗り越えることが出来た理由

早稲田大学の卒業式では同級生に囲まれて笑顔で写っている谷まりあさんですが、ここに辿り着くまでには苦しい浪人生活を経験しています。
ではこの苦しい状況を乗り越えられた秘訣はなんなのか?

谷まりあさんは「あきらめないこと、自分にうそをつかないこと、本当にしたいことを目指す」とコメントしています。
シンプルでありますが、重い一言ですね。

ネガティブな言葉に耳を貸さずに愚直に頑張り続けたからこそ、早稲田大学に合格したわけでモデルの仕事もそうですが、早稲田大学に一度落ちた時にはモデルの仕事も失っていたようです。
そんな状況を諦めず乗り切った結果、モデルの仕事はもちろんバラエティ番組の仕事も増えています。

出典元(芸能人有名人学歴偏差値.com

谷まりあさんは「林修の今でしょ!講座」にも出演されています。

今ではモデルだけじゃなくバラエティ番組にも引っ張りだこで多忙な日々を送っていることでしょう。



谷まりあの勉強法

谷まりあさんはYoutubeにて早稲田大学に合格した英語勉強法を教えています。

谷まりあさんは日本人とパキスタン人のハーフであり帰国子女でありますが英語が下手だったのですが自らの努力で英語がペラペラになっています。
このYoutubeでは英語勉強法を教えてくれているので受験を控えている学生の方は是非ご覧ください(^^♪

まとめ

調べた結果、谷まりあさんは努力家であり諦めない精神の元早稲田大学に合格したことがわかりました。

調べていく中で谷まりあさんが乗り越えたことに比べれば今自分が抱えていることなど大したことが無いなと思ってしまいもっと頑張らないといけないなと思いました(;^ω^)
今はモデルだけじゃなくバラエティ番組にも多数出演されているので、今後の活躍にも期待したいですね



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.