高岡由佳が刺した琉月は現在も歌舞伎町でホストをしていて事件の事を恨んでいない!事件の真相やその後を徹底調査

2019年5月に起きた『新宿ホスト殺人未遂事件』。

その犯人が高岡由佳さん、そして被害者ホストの名前が『琉月(るな)』。

逮捕時に『血まみれ現場写真』がネットでは話題になりましたが現在も犯人の高岡由佳さんは話題になっているようです。

高岡由佳さんの現在(2021年)の状況は?

被害者のホスト琉月(るな)の現在は?

事件の真相は?

高岡由佳さんが起こした事件の詳細やその後についてまとめてみました

高岡由佳が起こした新宿ホスト殺人未遂事件の詳細

高岡由佳さんが起こした『新宿ホスト殺人未遂事件』は2019年5月23日午後の事。

被害者となったホストは『琉月(るな)』という源氏名の20歳のホスト。

事件当日は高岡由佳さんの自宅マンションで就寝していたようです。

そもそもなぜこのような事件が起こってしまったのか?

逮捕された時の高岡由佳さんの発言をまとめると

「好きで好きでしょうがないから刺した」「刺したあと、相手が“好きだ”と言ってくれて幸せだった」という衝撃の供述に加え、警察に連行される高岡容疑者がうっすらと笑みを浮かべていたこと、ぐったりと横たわる被害者のそばで、両足を血に染めた高岡容疑者が平然とたばこをくゆらす写真がSNSで拡散されたことから大きな話題になった。

引用元(NEWSポストセブン

このことからも分かりますが相当ゆがんだ性格で『メンヘラ』『地雷女子』という感じですよね。

というか相手を刺したという時点でメンヘラというレベルではないよなって話なんですがそもそも刺したという事からその前に何かあったのは間違いないでしょう。

高岡由佳がホスト琉月(るな)を刺した理由

高岡由佳さんがホスト『琉月(るな)』さんを刺した時の写真がSNSで拡散されていて今でもネット検索すれば出てきますが、あまりにもグロテスクな写真なのでここでは掲載するのをやめておきます(;^_^A

そもそも何故高岡由佳さんが琉月(るな)さんを刺したのか?

“最近、彼が冷たい”と気に病んでいたようです。当日も被害者の帰りを部屋でひとり待っていたが男性がなかなか帰ってこなかった。男性が置き忘れたケータイを盗み見たら知らない女性とのツーショットがあったそうです。

でも帰宅した被害者を責めたりはせずに、“複雑な気持ちで一緒にカーテンをつけた”と供述しています。そして被害者が寝入ったところで刃物を突き刺した。

引用元(NEWSポストセブン

このことから琉月(るな)さんの浮気が原因のようですが、そもそも二人の関係は『ホストと客』だったので交際していたという訳では無さそうです。

それは琉月(るな)さんがインタビューで語っています。

ただ高岡由佳さんの供述によれば『好きで好きで仕方が無かった』『死ねば自分のものになると思った』と語っていたそうで、よほど琉月(るな)さんの事が大好きだったんでしょう。

ホストやるのも命がけやなw
のんきな野郎
のんきな野郎



高岡由佳の犯行現場の写真が出回った理由

この事件の犯人は高岡由佳さんなのですが、SNSではデマが流れていた事もあって事件当日に偶然犯行現場のマンションに遊びに来た女性がマンションのエントランスで血まみれの現場に出くわしたんです。

その結果、この女性が犯人と言われてネット上で拡散されていました。

その女性が『うみうみだよ』というアカウント名の女性。

この女性が第一発見者で警察に事情聴取を受けていてこの無実を証明するために現場の写真をツイッターでアップしたことでその写真が拡散されてしまいました。

高岡由佳と琉月(るな)の出会いはガールズバー

高岡由佳さんとホスト琉月(るな)さんの出会いはガールズバーだったそうです。

高岡由佳さんはガールズバーに勤務していて琉月(るな)さんが偶然遊びに行ったのが出会いだったようです。

そして2019年4月に高岡由佳さんが琉月(るな)さんが働くホストクラブに訪れ頻繁に通うようになったそう。

その後はネコカフェにいったり映画を見に行ったりすることもあり親交を深めていったそうです。

高岡由佳のおかげで琉月(るな)はナンバーワンになった

琉月(るな)さんが働いていたホストクラブは『フュージョンバイユース』というところ。

琉月(るな)さんはこのホストクラブで2019年5月の売り上げがナンバーワンだったようですが、これは高岡由佳さんがいつも指名してくれたおかげだそうです。

お店ではいつも指名してくれて、そのおかげで5月には初めてナンバーワンを獲得しました

引用元(NEWSポストセブン

店のナンバーワンになるレベルということから高岡由佳さんは琉月(るな)さんに対して相当なお金を使っていたのは間違いありません。

高岡由佳さんはどうやってこのお金を稼いでいたのでしょうか。



高岡由佳は琉月(るな)の為にデリヘルやパパ活でお金を稼いでいた

高岡由佳さんは琉月(るな)さんの事を好きになってから週に2~3回の頻度でホストに通うようになります。

店で1度に使うお金は5~60万円だったそうで、店の締め日や琉月(るな)さんの売り上げが悪い時などはいつもより多くお金を使っていたそうなので、相当な額を使っているのが分かります。

そしてデートの時はいつも高岡由佳さんが買い物代やホテル代などを出していたそうで、店以外でも総額50万円くらい使っていたそうです。

これだけのお金はどこで稼いでいたのか?

ガールズバーだけじゃこんなお金は稼げませんよね。

ホストクラブで彼にお金をつかうため、高岡被告はガールズバーの仕事を辞め、渋谷のデリヘルやパパ活で資金を稼いだ。デリヘルは琉月さんに「汚いと思われて、嫌われたくない」という理由で話せなかったが、ゴールデンウイークにはパパ活で知り合った男性と海外旅行に行き、200万円を稼いだ。パパ活については、琉月さんにも打ち明けていた。

引用元(5ちゃんねる

パパ活で200万って言うのは凄いですが、デリヘルとパパ活でこれだけのお金を琉月(るな)さんの為に使っていたという事から相当好きだったんですね。

ただデート代くらいホストが出せよって話なんですがw

高岡由佳可愛いよな。こんなかわいい子に愛されるのは逆に羨ましい
のんきな野郎
のんきな野郎



高岡由佳は琉月(るな)から結婚しようと言われていた

高岡由佳さんが琉月(るな)さんに出会ってから店に通うようになりお金をバンバン使っていた事から被害者の琉月(るな)さんよりも高岡由佳さんの方が気の毒に思える方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

それだけじゃなくて高岡由佳さんは琉月(るな)さんから結婚しようと言われていたようです。

『いつもありがとう。お金をつかわせてごめん』と言われました。すごく辛くてみじめな気持ちになりました。9月に彼が店を辞めて一緒にいるという言葉を糧にしていた。

彼から『ずっと一緒にいよう。結婚しよう。9月にホストをやめるから一緒に住もう』と言われました

引用元(5ちゃんねる

こう言っていた琉月(るな)さんですが、実際は高岡由佳さんからしつこく会いたいと言われていたようで徐々に距離を置くようになっていたそうです。

そしてLINEでの口論やケンカにも勃発することもあったそうです。

そんな中で高岡由佳さんは琉月(るな)さんの言葉を信じて犯行現場となったマンションを借りています。

ちなみに高岡由佳さんが引っ越したマンションは事故物件で

2010年には刺殺
2012年には飛び降り自殺
2015年には餓死

これらの事件が起きているいわくつきのマンション

こんなマンションを借りるって相当ですけどねw

高岡由佳は新宿に引っ越してキャバ嬢になるつもりだった

高岡由佳さんが新宿に引っ越した理由は新宿でキャバクラをしようと考えていたからです。

そのことを高岡由佳さんは琉月(るな)さんに言ったところ『毎日通う』『もっと一緒にいられる』と言われてうれしかったそうです。

引っ越し費用は総額で150万円で家賃は11万円。

引っ越した3日後に事件が起きてしまったという流れです。

なんか高岡由佳が可哀想になってきたわ
のんきな野郎
のんきな野郎



高岡由佳の琉月(るな)に対する謝罪が反響を呼んでいる

高岡由佳さんが起こした『新宿ホスト殺人未遂事件』

この件について被害者の琉月(るな)さんに対し謝罪文を書いています。

これを見て思う事は『高岡由佳が被害者じゃないか』って思った方も多いのではないでしょうか?

さすがに刺したことは許されるわけではありませんが、それまでの経緯やこの謝罪文を見ている限り高岡由佳さんは根は一途で優しい性格なんだというのが垣間見れますもんね。

なんか悲しい事件ですが、こういった両方とも悲惨な思いをするような事件は亡くなってほしいと思いますけどね

高岡由佳は中国生まれの一人っ子で学生時代も奇行が激しかった

高岡由佳さんの両親は中国人だそうです。

中国で生まれ2歳で日本に帰化して東京で育っています。

そして学生時代は大人しくてかわいい子だったそうで、絵画作品などが表彰された事もあったようで優秀な女の子という感じだったのですが、挨拶をしても返事を返さないというコミュニケーションの部分で欠けているところがあったようです。

そして中学に進学すると彼氏も出来たようですが、友達が高岡由佳さんの彼氏の事をバカにしていたのを聞くとその女の子に椅子を放り投げるという奇行もあったようです。

その後、高校に進学したものの彼氏の影響で夜遊びが酷くなり大学に進学はしたものの中退。

そして塾の受付として働いていたのですが、その経営者が経営しているガールズバー『ときめきBinBim』で店長として2019年4月まで働いていたようです。

生い立ちが壮絶やな
のんきな野郎
のんきな野郎



高岡由佳には懲役3年6か月の実刑判決が下っている

2019年12月3日に高岡由佳さんに実刑判決が下っていて懲役3年6か月。

この判決で東京地裁は

『独りよがりの発想と言うほかなく動機などにくむべき点があるとは言えない』

とされています。

そのほかにも琉月(るな)さんに対して示談金500万円に加えて接見禁止、そして歌舞伎町に近寄らないことが誓約書として交わされています。

琉月(るな)は高岡由佳の事を現在は恨んでいない

高岡由佳さんにめった刺しにされたホスト琉月(るな)さんは減刑を求めていたようなので高岡由佳さんの事を恨んでいる訳では無さそうです。

その後、琉月(るな)さんはこのように語っています。

あの子のなかにも僕を刺す理由があったと思う。ホストをはじめて1年足らずの僕が営業成績を出せたのはやはり彼女のおかげでもあった。そういった彼女の“頑張り”に、僕が報いていなかったのかもしれません……

引用元(NEWSポストセブン

高岡由佳さんに助けられたことに感謝をしているとは思いますが、そもそも何でこうなったんやって話なんでホストという仕事柄仕方がない部分もあるかもしれませんがあまりやりすぎるとこういった悲惨な事になってしまうというのが改めて分かりますよね。



琉月(るな)は2021年現在ホストに復帰していてServant of EVEで働いている

高岡由佳さんに刺されたホスト琉月(るな)さんは現在(2021年)何をしているのかと言うとホストに復帰しているようです。

琉月さんのツイッターには笑顔でポーズをとる彼をバックに「不死鳥るな」と大きく書かれた写真がアップされているほか〈痛みに負けルナ〉〈肝臓刺されたからしばらくお酒のめません〉など、自ら事件をネタにするような内容も散見される。

引用元(NEWSポストセブン

SNSでのアカウントは消えているのですがあんな事件があってからもホストをやるって相当なメンタルだなと思います

調べたところServant of EVEというホストで働いているようで現在(2021年)No.4のようですね

ちなみに場所はもちろん歌舞伎町

痛みに負け琉月(るな)という源氏名は健在のようですがSNSを見ていると批判の声がかなり多いですけどね。

そういう事も分かったうえでホストに復帰して現在(2021年)No.4なんですから逆に凄いですけどね。

まとめ

高岡由佳さんが起こした『新宿ホスト殺人未遂事件』の真相をまとめましたが、これに関しては個人的には高岡由佳さんも被害者のような気がしてならないですよね。

ホストが結婚しようと言ってる時点でもはや詐欺に近いですよ。

とは言っても刺したことは許される事ではありませんが、高岡由佳さんが現在(2021年)懲役期間中ではありますが罪を償った後は幸せになってほしいと思います。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.