コミックバンド四星球(スーシンチュウ)のライブパフォーマンスについて

現在人気急上昇中のバンド四星球(スーシンチュウ)。

その人気の秘訣はライブパフォーマンスにあります。

四星球のライブパフォーマンスについて、メンバーについてまとめてみました。

四星球のメンバーのプロフィール

ボーカル:北島康雄


生年月日:1983年4月16日
出身:徳島県美馬郡半田町
血液型:A型
趣味:入浴
特技:裁縫

ベース:U太

本名:高田雄太
生年月日:1983年12月4日
出身:兵庫県姫路市
血液型:A型
趣味:人間観察
特技:焼きそば作り

ギター:まさやん


本名:竹田昌之
生年月日:1985年3月4日
出身:兵庫県姫路市
血液型:AB型
趣味:一人晩酌
特技:跳び箱

ドラム:モリス


本名:守岡勇樹
生年月日:1984年12月24日
出身:岡山県倉敷市児島
血液型:A型
趣味:うどん屋巡り
特技:エゴサーチ





この4人から構成されており、北島康雄さんとU太さんを中心に鳴門教育大学在学中に結成されました。

徳島を拠点として活動していたバンドとしては他にはチャットモンチーが有名ですね。
そして2008年には四国最大のフェスであるモンバス(MONSTER baSH)に初出演し、その後はモンバスに毎年出演しています。
まださほど人気が無い時にトリを務めたことがあり、自分たちのことを皮肉ったパフォーマンスは笑いを誘っていましたね。

そしてこれまでにアルバム7枚、シングル8枚をリリースしています。

本人も言っていますが、ヒット曲はありません(笑)

ですが、ライブの動員数は着実に増えており今では有名バンドの対バンにも出演したりフェスでは一番大きなステージにも出演しています。



四星球というバンド名の由来

続いては四星球(スーシンチュウ)というバンド名の由来ですが、名前を聞いて分かる方も多いのではないかと思いますがドラゴンボールからきています。

ドラゴンボールの主人公である孫悟空が育ての親である孫悟飯の形見としてもっていたドラゴンボールであります。

メンバーが4人ということと、孫悟空が色んなストーリーを生んでいくきっかけとなった四星球であるということからバンド名になったといわれています。
ちなみに四星球のライブSEも昔はドラゴンボールの主題歌だったそうですよ。



四星球の人気の秘訣であるライブパフォーマンスについて

四星球は基本的にはブリーフに法被というスタイルでライブをしています。
そんないで立ちから繰り広げられるサウンドはノリノリでライブにも定評があります。

そしてライブで必ずといっていいほど演出されるものがダンボールで作られた小道具を使ってお客さんとの一体感を生みます。
このライブパフォーマンスには面白さはもちろん親近感もわき、ファンだけじゃなく同じバンドマンでも支持している方は多いのです。

このようなライブパフォーマンスをするバンドは他にありません。
そして彼らのキャッチフレーズは「日本一泣けるコミックバンド」。

そのキャッチフレーズの通り青春時代の懐かしい気持ちを歌った曲もあり涙を誘う曲も多数あります。
ただただふざけているだけではありません(笑)



ライブを見た方の声

調べていただいても分かるかもしれませんが、ライブを実際に見られた方の声は「面白い!」「最高!」といった声が多いですね。

曲だけじゃなくパフォーマンスでも最大級に楽しませてくれる四星球は一度見るとハマると思いますよ!

まとめ

以上が、コミックバンド四星球のライブなどについてまとめた結果となります。
結成して20年ほどが経ち、ようやくブレイクしたという感じで今ではTVにも出演することもあります。

独自のスタンスを貫き続け、誰も真似できないパフォーマンスを確立した四星球のライブは必見です。
パフォーマンスだけじゃなく演奏もしっかりしていて、泣ける曲も多数。

あの親しみ溢れるパフォーマンスと演奏のクオリティ、どちらかが欠けてしまうと成り立たない四星球の魅力を是非ライブで体感していただければと思います。

これからもファンを笑わせ、そして泣かせてほしいですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.