菅田将暉は大学に進学していなくて高校中退だが有名進学校に通っていた!中退した理由は芸能活動をやっていくという強い意志だった

第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され現在の事務所であるトップコートに所属が決まり芸能界デビューした菅田将暉さん。

菅田将暉さんは2009年9月から仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』でフィリップ役を務め連ドラ初出演を果たしていてその後は数々のドラマや映画に出演していて人気俳優の仲間入りを果たしています。

そして今では俳優だけじゃなく歌手としても人気を博していて有名ミュージシャンとのコラボもしていますよね。

そんな菅田将暉さんは大阪の有名進学校に通っていたことで頭がいいことが分かりますが、「大学はどこ?」と思っている方もいらっしゃるようです。

ただ菅田将暉さんは大学に進学していません。

大学に進学しなかった理由は何なのか?

学生時代はどんな感じだったのか?

菅田将暉さんの学生生活についてまとめてみました

菅田将暉は大学に進学していなくて高校中退だった

菅田将暉さんは大阪府箕面市出身で大阪府内の有名進学校に通っていました。

菅田将暉さんが通っていた高校は池田高校の普通科。

偏差値は68でこの高校からは国立大学や有名私立大学の合格者をたくさん輩出しています。

ちなみにサントリーの元会長である鳥井信一郎さんなどが池田高校の卒業生になります。

菅田将暉さんがこの有名進学校である池田高校に通っていたことから大学にも進学しているのかと思いきや大学には進学していないようです。

菅田将暉さんは大学に進学どころか高校を中退したと語っています。

菅田将暉は東京の高校に転校している

菅田将暉さんは高校時代から芸能界で活動していてそのために単身で東京に上京しています。

この時に通っていた池田高校を中退したかと思いきやその後は東京の高校に転校したようです。

ただ東京のどこの高校に通っていたかは分かりませんが・・・

この当時のことを菅田将暉さんの父親がインタビューで語っていて

「高校も2年で東京に転校することになったんですが、ある日先生から連絡があったんです。レポートが出てないと。」

と語っていました。

そしてこの時に菅田将暉さんは父親に人生初の平手打ちを食らっています。

「仕事は仕事で大切やけど学校もしっかりやると言うたやないか!と人生初の平手打ちをしました。」

とのことですが、この時菅田将暉さんは深夜まで撮影があり仮眠だけして翌朝からまた撮影というスケジュールで体が動かなかったようです。

親からしたら心配であることは間違いないでしょうけど、これだけ息子のことが心配だったのでしょう。

菅田将暉が高校を中退したと過去に語っている

菅田将暉さんは2015年3月13日に放送された『バナナマンの決断は金曜日』で高校を中退した理由を語っています。

菅田将暉さんは芸能活動を本格的にスタートさせるために高校中退したようです

ちなみに菅田将暉さんは2009年から『仮面ライダーW』の出演が決まっています。

2009年と言えば菅田将暉さんが高校2年生の時です。

この時期からドラマの撮影が始まったことで菅田将暉さんは上京したようです。

普通なら芸能界は安定した業界ではないので高校を卒業してからとか芸能界で活動しながらも大学に通う人は少なくありません。

しかし菅田将暉さんはそんな保険をかけることもなく絶対に芸能界でやっていくという強い意志のもと演技に打ち込んでいたようです。

ということから菅田将暉さんは大学進学どころかせっかく入学した進学校を中退して芸能界入りを果たしています。

まとめると菅田将暉さんは池田高校に通っている頃から芸能界で活動を始めてその後、東京の高校に転校した後に中退したということになりますね



菅田将暉がもし大学に進学していたら早稲田大学だった可能性がある

菅田将暉さんは学生時代、得意だった教科が数学だと語っています。

得意だった教科は数学。数学を好きになる秘けつを「RPGをクリアするように問題を解くこと」と教えてくれた。「まず多くの問題に取り組んで、自分の『数学経験値』をレベルアップさせる。基礎となる数式を覚え、足し算や掛け算といったアイテムをうまく使えば、問題という強敵を倒せます!……なんだか、先生みたい(苦笑)」

引用元(高校生新聞

池田高校に進学できるほど頭がいいことと得意科目が数学だという事を考えれば菅田将暉さんがもし大学に進学していたら理系の有名大学に通っていたことは間違いなさそうです。

菅田将暉は当時早稲田大学への進学を希望していて先生になりたかった

菅田将暉さんは池田高校に通っていた頃、早稲田大学への進学を希望していたようで将来の夢は数学の先生だったそうです。

数学が得意だったということから納得がいきますよね。

しかも池田高校に合格できるだけの頭脳を持っていることから芸能界デビューしていなかったら早稲田大学に進学して今頃は先生をしていたかもしれません。

人生どう変わるか分からないもんですが、菅田将暉さんはその希望を蹴って芸能界でやっていくことを選んだ決断力が凄いですよ



菅田将暉が大学進学を辞めて芸能界でやっていくと決断した要因

菅田将暉さんは池田高校に通っていた頃、大阪にある事務所関連のスクールで演技の勉強をしていたそうです。

この頃から芸能界に興味を持っていたことが分かりますが大学進学も考えていたことから迷いもあったかもしれません。

『大学進学と同時に本格的に活動する』とか『〇歳までやってダメなら辞める』とか色々と考えていたことでしょう。

ただ最終的には大学には進学せずに仮面ライダーWの撮影に集中していますからもしかしたら高校1年の時の『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』が大きな転機だった可能性が高いです。

このコンテストでファイナリストになったことで「大学に進学せずに芸能界でやっていこう」という決断につながった可能性が高いです。

その後、東京に上京してますからね。

ただ父親から言われたことで東京の高校にも通ったみたいですが中退してますから決意は揺らぐことが無かったのでしょうね

こんな決断10代で出来んよw
のんきな野郎
のんきな野郎

菅田将暉は学生時代からモテモテだった

菅田将暉さんは今もモテますが高校時代もめちゃくちゃモテていたようです。

菅田将暉さんは高校時代ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに選ばれていますからかっこいいことは間違いありません。

菅田将暉さんが池田高校に通っている頃は『王子』と呼ばれていたようで昼休みになれば女子生徒から写真を撮られるほどだったそうです。

しかし菅田将暉さんは高校時代、恋愛が下手だったそうで好きな女の子と上手くいったことがないようです。

好きな女の子に告白できなかったとか付き合ってすぐにフラれたことをTVで語っていました。

菅田将暉は高校時代アメフト部だった

菅田将暉さんは池田高校に通っていた頃、アメフト部だったようで司令塔であるクオーターバックだったそうです。

当時、菅田将暉さんはアメフト部で毎日練習に励んでいたそうです。

芸能活動を始めるまでの高校生活は、アメフト部に所属して仲間たちと毎日練習に励んだ。「ボールを投げ過ぎて右腕が動かなくなるくらい、試合に勝つために本気で練習に打ち込んでいました」。体だけでなく、心も鍛えられたという。「部活で忍耐力や精神力を培ったからこそ、今、大変だなと思う撮影でも乗り越えられるんです」

引用元(高校生新聞

この池田高校を辞めるとき一番つらかったことがアメフト部を去らないといけない事だったようです。

スポーツに全力で励んでいる男子ってモテますからね。

菅田将暉さんは見た目もかっこいいしスポーツマンということでモテない理由がありません。

女子からモテるっていう経験してみたかったな
のんきな野郎
のんきな野郎




菅田将暉の弟は大学に進学していて駒澤大学

菅田将暉さんには弟がいて菅生健人さん。

菅生健人さんは大阪府立渋谷高校を卒業して駒澤大学に進学しています。

駒澤大学の偏差値は50前後だそうなので菅生健人さんは菅田将暉よりは多少学力が劣るというのが分かります。

菅田将暉さんは菅生健人さんが大学に通っているとき同居していたそうです。

そして菅生健人さんは駒澤大学でアカペラサークルに所属していて『ケミカルテット』というユニットを組んでいるようです

菅田将暉さん同様に芸能センスがありそうですね。

大学生の弟と同居する菅田将暉さんは兄弟で仲が良いことが分かります

弟似てないな
のんきな野郎
のんきな野郎

菅田将暉は中学生時代からスカウトされまくっていた

菅田将暉さんが通っていた中学校は箕面市立第一中学校

菅田将暉さんの中学時代の写真を見るとカッコよさと可愛らしさを兼ね備えていて超イケメンなのが分かります。

菅田将暉さんは中学2年からスカウトされることが多かったようでオーディションにも参加していたそうです。

ただ合格することは無かったそうですが『アミューズ30周年記念オーディション』では応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残っています。

この頃からスターになる片鱗を見せています。

高校時代に大学に進学せずに芸能界でやっていくことを決断してよかったですよね



菅田将暉は学生時代から変わらず甘いものが好き

菅田将暉さんはミスタードーナツの50周年アンバサダーに選ばれていて好きなドーナツはフレンチクルーラーだと語っています。

高校時代から甘いものが好きだったようで友達と一緒にパフェを食べに行くことも多かったようです。

他にもポン・デ・リングを買い漁ったりとかしてたそうです。

ポン・デ・リングの衝撃を思い出したな。みんなでポン・デ・リングを買い漁ったりとかしていました。しょっちゅう食べれるものではないイメージで、それこそご褒美のようなものが学生だと自分で買えるようになるから、別に親に内緒にしておくわけじゃないけど、いっぱい食べているのは秘密というそういう場所でしたね

引用元(ABEMA TIMES

しかも菅田将暉さんの地元である箕面市はミスタードーナツの1号店がオープンしたところ。

菅田将暉さんはドーナツに思い出が色々とあるようですね

まとめ

菅田将暉さんは大学に進学せずに芸能界デビューをしています。

経緯を簡単にまとめると

池田高校入学

東京の高校に転校

高校中退

と言った感じです。

当時菅田将暉さんは早稲田大学に進学することを希望していたようで数学の先生になりたかったようです。

もし高校時代に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』にファイナリストに選ばれなかったらそのまま大学に進学していた可能性もあります

人生の転機っていつ来るか分からないもんですが、これも菅田将暉さんが芸能界で活動することを諦めなかったからでしょう。

その執念がこの結果を生んだわけなのでここでダメだったとしても別のオーディションで合格している可能性もありますが。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.