桜木花道と流川楓は性格が真逆で仲は悪いが共通点多数!成長スピードが速いのも二人の仲が関係している

バスケット漫画の金字塔『SLAM DUNK』でエースの流川楓と素人なのにも関わらず流川楓をライバル視していた桜木花道。

二人は犬猿の仲で試合でもパスを出すこともほとんどなかったほど。

しかしインターハイでの山王工業での試合で流川のパスを受け取り逆転シュートを決めた桜木花道がハイタッチをするシーンは今でも脳裏に焼き付いている人は多いのではないでしょうか?

そもそも流川楓と桜木花道が仲が悪くなった原因は何なのか?

お互いのことをどのように思っていたのか?

もし流川楓がいなかったら桜木花道はここまで成長することはなかったのではないか?

などなど流川楓と桜木花道の関係を紐解けば色々と見える部分はありますよね。

流川楓と桜木花道の関係性についてまとめてみましたので是非ご覧ください

桜木花道が流川楓を嫌いになった大きな要因は赤木晴子

桜木花道が流川楓と出会ったのは第一話でのこと。

学校の屋上で寝ていた流川と遭遇しそのあとに好意を寄せいていた赤木晴子に対し冷たい態度を取った流川楓に対し、桜木花道がブチ切れるという最悪の出会い。

赤木晴子は流川楓に好意を寄せていてその事を分かっている桜木花道は流川楓のことが大嫌いな訳です。

桜木花道がバスケットを始めた理由は赤木晴子に好かれるためだったので、そこに流川楓がいることで桜木花道にとっては邪魔な存在。

出会いも最悪ならその後の関係も最悪な訳ですが、ここで

「桜木花道と流川楓!のちに終生のライバルといわれる二人の出会いであった!」

とナレーションがあり、本当にライバル同士の関係ですが流川楓は桜木花道のことをライバルだとは思っていないかもしれませんね。



初めの頃の流川楓と桜木花道はケンカしかしていない

中学時代エースで有名だった流川楓と素人の桜木花道。

バスケットの実力においては流川楓のほうが遥かに上なのは説明するまでもないでしょう。

ただ二人は犬猿の仲なので桜木花道がバスケ部に入部した当初はケンカしかしておらず、上級生との試合の時も流川楓にパスを出さなかったりと仲間割れをしていましたよね。

そしてレイアップシュートの練習を許された桜木花道は流川楓の見本を見るのが嫌になって邪魔をしていました。

ここでもケンカをしていたわけですが、その後もケンカは要所要所でしています。

桜木花道は負けず嫌い!試合で流川楓より点を取ろうとする

インターハイ予選が始まり、決勝リーグまでは全試合退場していた桜木花道。

その時に課していた課題が「流川より点を取る」

ただこの時、レイアップとダンクしか無かった桜木花道が流川楓より点を取ることは100%不可能ですよね。

そのことにキャプテンのゴリが「お前のちーとも入らんシュートには期待しとらん」と言って切り捨てます

ゴリはそのあとに「お前のリバウンドには少し期待している」と言い放ちその後、桜木花道はリバウンドを取りまくり

湘北No.1のリバウンダーに成長します

リバウンドの数なら流川楓を遥かに凌ぎますからね。

それからは流川より点を取るということを言わなくなりましたから、桜木花道ももしかしたら点を取るということにおいては流川楓に勝てないと思ったのでしょうか



流川楓は桜木花道をバカにしているだけじゃない

流川楓が桜木花道に対し一番言っている言葉がご存じ「どあほう」

ただ試合中などに流川楓が桜木花道に対して「どあほう」以外に言い放っている言葉がいくつかあります。

ここでは一部ではありますがその言葉を紹介します。

流川楓が「どあほう」以外に言った言葉①【らしくねーんじゃねえのか】

翔陽戦で4つのファウルであと1つファウルになると退場になる桜木花道が縮こまったプレイをしている時に流川楓が言い放ったセリフ

「らしくねーんじゃねえのか」

流川楓らしい素っ気ないセリフですが流川楓に言われたからこそ桜木花道の心に突き刺さったのでしょう。

その後は本来のプレイを取り戻し「天才だから大丈夫」と言っています。

流川楓も桜木花道の性格を知っていることは間違いありませんし本来の状態に戻ってもらわないと試合に負ける可能性が出てきますからね。

一言でやる気にさせる流川楓はやはり桜木花道のライバルですね

流川楓が「どあほう」以外に言った言葉②【惜しかったな】

翔陽での試合で桜木花道がダンクをかましオフェンスファウルを取られ退場になった時に流川楓が言った言葉

「惜しかったな。てめーにしては」

これは流川なりの誉め言葉です。

これまで流川楓が桜木花道を褒めたことがありませんが、この試合でリバウンドを取りまくり貢献していた桜木花道が最後に退場になってしまったことと初めてダンクを決めたと思ったのがファウルになったのが残念に思えたのでしょう。

今まで誉め言葉を言ったことがない流川楓がこのセリフを言ったことで感動した人も多くいるのではないでしょうか

流川楓が「どあほう」以外に言った言葉③【てめーじゃねーんだ】

海南大付属での試合で桜木花道がはじいたボールが流川楓に渡った時に「マグレでも何でもいいから入れろ!」と言ったことに対し流川楓が

「てめーじゃねーんだ!マグレがあるかどあほう!」

これは今まで流川楓が点を入れることが気に食わなかった桜木花道が試合に勝つことだけを考えているのが分かりますし、同じく負けず嫌いの流川楓は「マグレ」と言われたのが気に食わなかったのでしょうけど、チャンスボールを無駄にしないという流川楓の気迫も感じるシーンですよね。

流川楓が「どあほう」以外に言った言葉④【ぶちかませ】

同じく海南大付属との試合で終了間際に桜木花道がダンクをかましにかかったところ流川楓が桜木花道に対し「ぶちかませ!」とエールを送るシーン。

お互い嫌い同士だとしても絶対に勝つという気持ちで繋がっているのが分かりますし、流川楓が思わず言ったこのセリフは桜木花道のプレイには何かやる気にさせる何かがあるというのが分かります。

このことは陵南高校の仙道も言ってましたよね

「あいつは勝負させる気にさせるんですよ」と。

見ている側も熱くなるのはそれだけ気持ちが熱いからでしょう

流川楓が「どあほう」以外に言った言葉⑤【必死でついてこい】

山王工業での試合で背中を強打しプレイに影響が出ていた桜木花道。

その異変に気付いた流川楓が桜木花道に対し言ったセリフ

「必死でついてこい。交代しねーならよ」

これは山王工業に勝つためには桜木花道の力が必要だと思っていないと出てこないセリフですよね。

流川楓も桜木花道の力を認めていることが分かりますし、本当に素人だと思ってるなら「さっさと変われ」ってなりますよ。



実力は歴然だが桜木花道は流川楓に全力を出させた負けん気がある

流川楓は山王工業での試合中に桜木花道に対し

「オレに全力を出させたんだからよ」

と言っています。

これは流川楓が桜木花道をライバルとして認めた瞬間でもあります。

ちなみにこの全力を出させたのがインターハイ前に桜木花道と流川楓は1on1での試合でのこと。

リバウンドにおいては桜木花道のほうが上かもしれませんが、総合的なバスケの実力においては流川楓のほうが遥かに上なので1on1で試合をして桜木花道が流川楓に勝てる訳がありません

ただ歴然とした実力の差がありながらも桜木花道は流川楓に立ち向かいます

この後、流川楓は全力で桜木花道を叩き潰し、桜木花道は試合後放心状態になります

ただ歴然とした実力の差がありながらも何度も立ち向かう桜木花道のことを流川楓は認めていたわけですが中々出来るもんじゃありませんよね

桜木花道が短期間でこれだけ成長したのは流川楓がいたから

桜木花道がバスケットを始めたのは高校に入ってから。

かたや流川楓は中学時代から有名な選手。

この時点で二人の実力の差はかなりあるのが分かります。

しかし桜木花道がわずか数か月でここまで成長したのは流川楓がいたからといっても過言ではありません。

桜木花道が日々誰よりも努力をして誰よりも考えながら練習をしているからというのもありますが、数か月で控え選手を超えるだけの実力をつけていることから成長スピードが半端ないですよね。

桜木花道は負けず嫌いなのはご存じだと思いますが身近にこれだけ凄いライバルがいると「こいつに負けるか」となりますよ。

それはスラムダンクを読んでいる人なら分かるでしょう。

この流川楓に対する対抗心が桜木花道を後押しして短期間でこれだけの成長を遂げた訳です。

これはアニメに限らず現実でも同じです。

1人凄いやつがいたらそいつと同期の人の中にもまた凄いやつが現れますよね。

お笑い芸人だった島田紳助さんが言ってましたが島田紳助さんの場合は同期に明石家さんまさんがいたことが自分の成長に大きなプラスに働いていたようです。

「同期にさんまがいたことが俺にとって一番の運」

と語っていましたからね。

ということから桜木花道と流川楓が同級生じゃなかったらここまで成長していなかったかもしれません



犬猿の仲でも目指しているものは同じ!流川楓と桜木花道の絆が芽生えた瞬間

桜木花道と流川楓の関係を語るにあたり山王工業での試合で流川楓のパスを受けた桜木花道が逆転のジャンプシュートを決めた後に二人がハイタッチするシーン。

ここは定番で外せないですよね。

これまで桜木花道が流川楓にパスをすることは無く、流川楓も桜木花道にパスをすることはありませんでした。

唯一あったのが最初の陵南高校との練習試合の時ですがこの時、流川楓は誰か分からずにパスしてるのでパスした後に桜木花道だということに気づいていて桜木花道も同じです。

ただ山王工業での試合の時、流川楓は桜木花道だと分かった上でパスをしています

あの「左手はそえるだけ」の後です。

この試合では桜木花道もこの前に流川楓にパスをしていてお互いが分かった上でパスを出したというのは初めてのこと。

そしてパスをもらった桜木花道も流川楓もきっちりシュートを決めていて二人の活躍やチームプレイから逆転のシュートが生まれたわけです。

あの海南大付属や翔陽での試合ですらお互いが分かった上でパスをすることは無かったのにもかかわらず最強の山王工業では絆が芽生えています。

山王工業に勝利した後の二人のハイタッチは涙を流した人も多いのではないでしょうか。



桜木花道と流川楓は共通点も多い

桜木花道と流川楓は性格が正反対。

泥臭い努力型の主人公とクールな天才型のライバルという構図ですが、バスケットに関しては共通点が結構多いですよね。

桜木花道と流川楓の共通点
①身長がほぼ同じ(桜木花道:188cm、流川楓:187cm)
②ジャンプ力がある
③負けず嫌い
④誰よりも努力している
⑤勉強が苦手
⑥スピードがある
⑦安西先生に矢沢を超える逸材と言われている
⑧チームや会場の雰囲気を変える力を持っている
⑨成長スピードが二人とも早い

桜木花道の努力に関しては描かれているところはけっこうありますが、流川楓もものすごく努力をしていて桜木花道が庶民シュートの練習をしているときにも流川楓が現れていますよね。

それに翔陽戦の前にも流川楓が居残りで練習してましたし、その努力を象徴するセリフが

「何百万本もうってきたシュートだ」

桜木花道のシュート2万本も凄いですが流川楓はそれ以上に練習してきていて高校に入って以降も努力をしています。

安西先生もそのことを分かっていて桜木花道に対し

豊玉戦で桜木は安西先生に、流川の3倍練習しないと高校生のうちには追いつけない、と言われている。

引用元(YAHOO!ニュース

これだけ努力をしているので桜木花道同様に流川楓も試合を重ねるごとに大きく成長しています。

お互いが切磋琢磨しているのが分かりますよね

まとめ

桜木花道と流川楓の関係を見て勉強になることが多くあります。

犬猿の仲でも目指しているものは同じで負けず嫌い。

そして他の選手よりも努力をしているという共通点もあり、達成したときに絆が芽生えるというのは美しい姿ですよ。

中々現実でこういった関係の人っていないですよね。

そもそも努力する人が少なかったりしますからね。

ただ湘北にこんなメンバーが揃ったのは夢を諦めずに必死で頑張っていたゴリと小暮がいたからでしょう。

類は友を呼ぶなんて言いますからね。

一人で努力するより近くに物凄いやつがいることで嫌でも意識しますからそのことが成長を後押しするということを桜木花道と流川楓から学んだ気がします

またスラムダンクを見たいという方はhuluで全話視聴が可能です

今見ても感動するスラムダンクは色あせない名作ですよね




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.