ローランドが整形にかけた費用は1000万円以上で真崎医院で施術している?施術内容や顔の変化まとめ

今はホストだけじゃなく脱毛サロンの経営やブランド立ち上げ、そしてTVでも見る機会が多いローランドさん。

「ホストに興味はないけどローランドは知ってる」っていう人もかなり多いのではないでしょうか。

そんなカリスマホストのローランドさんは高校時代は帝京高校でサッカーをしていて、その後ホストに転身したわけでローランドという名前の前は『東条誠』という源氏名で活動していました。

その当時から比べても今のローランドさんの顔は劇的に変化していて本人も整形した事を公表しています。

ローランドさんが行った整形の施術内容は?

そして整形前と比べて顔はどれくらい変わっているのか?

ローランドさんの整形についてまとめてみました

ローランドの整形前と後では顔が別人!時系列顔の変化まとめ

ローランドさんは18歳の時に帝京平成大学を中退し東条誠という源氏名でホストデビューし1年間の下済み時代を経て数々の最年少記録を更新し21歳で当時所属していた店舗の代表に就任しています。

これだけ見たらスピード出世ですよ。

さすがローランドさんという感じですが、ローランドさんに関しては色々と話題になるものがありますが整形もその1つです。

学生時代、ホストデビュー時、そして現在では顔がかなり変わっています。

整形前のローランドさんは「誰?」って思うほどですが、まずはローランドさんの顔の変化を見ていきましょう。

学生時代

東条誠時代(2010~2017年)

この時点で今のローランドさんの雰囲気がありますね。

現在(2020年)

学生時代のローランドさんはまったくもって面影がありません。

ただイケメンだとは思いますが。

整形前のローランドさんは青少年といった感じの雰囲気でホストになってからガラリと変わっていて東条誠時代から整形している事は間違いありません。

というかしてますw



ローランドが行った整形の施術内容まとめ

ローランドさんは整形している事を過去に公表しています。

ローランドは見た目通り美意識が高く、整形をしていることもカミングアウトしています。テレビでもビフォーとアフターが紹介されたことがありますし、キャラクター通り堂々と隠すことなく公言していますよ。

引用元(エキサイトニュース

そしてこれまでに整形にかかった費用は1000万円オーバーということで金額もかなりヤバイですよね。

このことから相当いじっていることが分かりますが、ローランドさんはどんな整形をしているのか?

調べたところ以下の施術をしていることが分かりました。

ローランドがこれまでに行った施術
①鼻のプロテーゼ(隆鼻術)
②鼻中隔延長術
③鼻翼縮小
④鼻翼拳上
⑤涙袋生成
⑥歯の矯正
⑦眼瞼下垂の改善
⑧眉間にプロテーゼ

そしてこの中で最もお金をかけたのは歯だそうです。

ではこれらの整形の詳細を見ていきましょう。

ローランドが行った整形施術の詳細①【鼻のプロテーゼ】

鼻にプロテーゼを入れるという整形は鼻を高くするために行われる定番の整形です。

整形前と整形後を見ても鼻が高くなって鼻筋がシュッとしているのが分かります。

これは鼻にプロテーゼと呼ばれるシリコンでできた医療用の人工軟骨入れているからです。

ローランドさんもこの施術を行ったことで鼻が高くなり顔の印象がかなり変わっています。

ローランドが行った整形施術の詳細②【鼻中隔延長術】

鼻中隔延長術は、鼻中隔軟骨や耳介軟骨あるいは肋軟骨を用いて鼻尖や鼻柱を前下方に延長し、短鼻や鼻尖の形状を修正する手術。

この整形を行う事で鼻が美しい形状になっていることが分かります。

この絵を見れば分かりやすいですが整形後のローランドさんの鼻は整形前に比べて鼻先が斜め下になっているのが分かります。

ローランドが行った整形施術の詳細③【鼻翼縮小】

そして鼻翼縮小は簡潔に言えば左右の鼻の穴を縮小し鼻のバランスを整えるための整形。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)は、鼻翼(小鼻)や鼻孔(鼻の穴)底の皮膚を切除して縮小し、鼻翼の大きさや幅(左右の鼻翼間の距離)を小さくしてバランス良く整える治療です。

引用元(自由が丘クリニック

ローランドさんの整形前と後を見ていただくと分かりますが鼻の大きさが明らかに違います。

ローランドが行った整形施術の詳細④【鼻翼拳上】

鼻翼拳上とは小鼻を切り離して挙上する施術です。

鼻の真ん中より左右が垂れ下がっているのを治しバランスのいい鼻を形成するための整形です。

ローランドさんもこの整形をしていることにより鼻の左右が真ん中より上にあることが分かります。

鼻の整形だけでこれだけの施術をしているのですから鼻が別人のように変わるのも納得がいきます。

ローランドが行った整形施術の詳細⑤【涙袋生成】

涙袋を形成する施術は今は男性でも行っている人が多いようですね。

涙袋を形成する整形としてはヒアルロン酸を注入するというもの。

ヒアルロン酸を注入している場合は時間が経てば元に戻るので定期的なメンテナンスが必要になりますがローランドさんは定期的なメンテナンスをしていることは間違いありません。

ローランドが行った整形施術の詳細⑥【歯の矯正】

ローランドさんが最も金額をかけた整形として『歯の矯正』

歯の矯正と聞くと整形ではないとは思うのですが、ローランドさんの場合自分の歯が1本もないらしく全てインプラント。

そしてジルコニア製のものを使用しているので総額500万円かかっているそうです。

たしかにローランドさんの歯は異常なほどに白いですからね

これを聞けばもはや整形レベルであることがわかり、歯をすべてとっ変えたという事です

ローランドが行った整形施術の詳細⑦【眼瞼下垂の改善】

ローランドさんは眼瞼下垂の改善をしていることも明かしています。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。

引用元(聖心美容クリニック

この眼瞼下垂の方によくあるのが目つきが悪かったりする人が多く、年齢よりも老けて見られることもあるようです。

この施術内容な眼瞼下垂の度合いによって切開し、挙筋を縫い縮めるというもの

施術は20分ほどで終了するようです

ローランドが行った整形施術の詳細⑧【眉間にプロテーゼ】

最後は眉間にプロテーゼを入れるという整形。

この整形をする人の特徴として
●彫りが欲しい
●サングラスが似合うようになりたい
●小さくすっきりした鼻になりたい
●鼻を高くしたいがアバターにはなりたくない
●鼻を高くしたいが長くはしたくない

ということが挙げられます。

施術の内容は

眉間プロテーゼは、プロテーゼを入れる箇所や、プロテーゼの長さ・厚み・形などによって、仕上がりが大きく変わってきます。
プロテーゼは、ただ単に高くするのではなく、鼻筋の細さやホリの出し方など様々なご要望に合わせてプロテーゼを使い分け、全体的にバランスの良い整った仕上がりになるようにします。

引用元(BESPOKE

ローランドさんもこの整形を行ったことにより整形前と比べて顔の彫りが深くなり日本人離れした顔立ちになっています。



ローランドは今も整形アップデート更新中!

ローランドさんをTVで見る機会が最近増えていますが、最近のローランドさんを見た方々から「ローランド顔変わった」という声が多く挙がっています。

調べたところ、ローランドさんは2019年9月頃に韓国で人中短縮という施術を受けていたようです

整形旅行で韓国に行ったそうですね。今回は面長を直す方法として知られる、鼻から唇までを短くする施術をしてもらった。

韓国は整形大国として知られていますが、彼はこれまでアフターフォローなどがしっかりしている日本でしか手術してきませんでした。いまは韓国もフォローが充実してきているので、今回試してみたのではないでしょうか

引用元(livedoornews

確かに2019年以降ローランドさんの鼻と唇の間が短くなっています。

こう見比べると全然違いますね。

このことにより整形前と比べて馬面感がなくなっています。

そしてこの写真を見比べると心なしか鼻も変わったようにも感じます。

ローランドさんは時代を応じて顔をアップデートしていることが分かります。

ローランドはどこの美容整形外科で施術した?

ローランドさんはどこの整形外科に通っていたのか?

もちろん今もメンテナンスのためどこかの整形外科に通っている可能性はあります。

調べたところ2つの美容整形外科が候補として挙がっています。

ローランドが施術した可能性がある整形外科
①ヴェリテクリニック
②真崎医院

それではなぜこの二つがローランドさんが施術したとされていてる美容整形外科と言われているのか?

詳細を見ていきましょう。

ローランドが施術した可能性がある美容整形外科①【ヴェリテクリニック】

ローランドさんが整形したと言われているクリニックが『ヴェリテクリニック』

ここは有名人や夜の仕事をしている方がよく訪れる整形外科で「医師一人一人の技術が高いのが特徴」と評されている美容整形外科。

そしてヴェリテクリニックは『修正手術』を得意としている事でローランドさんは目の整形をしたときの仕上がりに納得できずに修正手術をするために訪れたと噂されています。

そしてローランドさんの整形を担当したのがヴェリテクリニックの理事長であり銀座院の院長を務めている福田慶三さん。

福田慶三さんはヴェリテクリニックにでも唯一指名料金がかかり医師だそうです。

しかも『鼻中隔延長術』という整形を日本で初めて導入した人。

上記でも説明しましたがローランドさんもこの整形をしています。

このことを考えればローランドさんはこの『ヴェリテクリニック』で整形した可能性があると言えます。

ローランドが施術した可能性がある美容整形外科②【真崎医院】

そしてもう1つは『真崎医院』

ローランドさんは『真崎医院』の院長である真崎信行と親交があります。

そして真崎信行さんをホームパーティーに招待しています。

ここで「いつもお世話になっている」というコメントがポイントなのですが、整形をした後は定期的なメンテナンスが必要になります。

特にヒアルロン酸などを注入した場合はそうですよ。

このことからローランドさんは今も施術をした美容整形外科に通っている可能性があるのが分かりますが、ここで「いつもお世話になっている」というところに真崎信行さんの名前があることから『真崎医院』に通っている可能性が高いのではないかと考えられます。

真崎信行さんは日本美容外科学会専門医でもあり世界中から施術を求めてくるほどの方で二重手術では世界から認められるほどだそうです。

ローランドさんも信用をしていることが分かります。



ローランドの整形の手本は井上尚弥って噂があるが本当?

これまでに数々の整形をして元の顔がまるで別人であることが分かるローランドさん。

そんなローランドさんが整形するにあたり手本にしているのがボクサーである井上尚弥さんと言われています。

ローランドがボクシングファンだという話は聞かないが、14年のホスト誌のインタビューでは目標を聞かれ「ホスト以外でも活動できるグローバルな人間になるのが目標」とも答えており、まさに「グローバルな人間」になったのは井上だ。

整形する際、ダイレクトに「井上みたいにして」とは言わずとも同世代のスターが頭にあって影響された可能性があったかもしれない。

引用元(覚醒ナックルズ

限りなくガセに近い情報ですw

ちなみに井上尚弥さんはこちら

全く似ていないですしどこを真似したのか逆に聞きたいくらいですしローランドさんが整形するときに「井上尚弥みたいにして」なんて言う訳がありませんよw

「俺か俺以外か」なんて事を言ってるのにですよw

ちなみにこの件について都内の美容整形外科医に聞いたようで

ローランドの整形は「おそらく二重にして鼻筋を高くし、鼻から唇の間を短くしてエラを削って、いわゆる王子様顔にした感じがする。あとは徹底して肌のケアをした美顔もポイント。井上尚弥に似させるなら、もっとやりようがある」と肯定も否定もできない感じだった。

引用元(覚醒ナックルズ

たまたま似たパーツはあるかもしれませんがこれはまずガセと思っていいでしょう。

ローランドが整形した理由は自信を持つため?

ローランドさんは何故整形を使用と思ったのか?

調べたところ唯一顔がコンプレックスだったようです。

そして整形前と比べて顔にもさらなる自信がついているように感じます。

ローランドさんは「見た目が変わると社交的になれたり自分に自信が持てたり毎日が楽しくなったりする」とコメントしています。

このことからさらなる自信を持つためにコンプレックスを改善したかったのではないかと考えられます。

そして度重なる整形により顔にも自信を持っているのか、全てからオーラがにじみ出ていますよね




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.