ローランドの父親は有名ギタリストの松尾洋一!そして感性や価値観は父親譲りだった!これまでのエピソードや詳細まとめ

歌舞伎町で数々の最年少記録を更新しカリスマホストとして知られているローランドさん。

ローランドさんは現在、ファッションモデル、タレント、実業家など幅広く活動しています。

TVに出演したときには様々な名言を発していますが、どうやったらこんな風に育つんでしょう。

そんなことから「ローランドの親ってどんな人?」と思っている人は少なくないようです。

ちなみにローランドさんの父親は有名ギタリストの松尾洋一さん。

松尾洋一さんはどんな人で子育てはどんな感じだったのか?

母親はどんな人?

ローランドさんの家族構成は?

ローランドさんの両親や家族にまつわる情報をまとめてみました

ローランドの父親はアニソン界の有名ギタリストである松尾洋一

『現代ホスト界の帝王』として君臨していて現在(2021年)、タレントや実業家など活動の幅を広げているローランドさん。

そんなローランドさんは数々の名言を残していて有名なのが「俺か俺以外か」

これは大体の人が知っているのではないでしょうか?

ローランドさんがこんな風に育ったのには親の子育てがどれだけ凄かったのか気になるところ。

調べたところローランドさんの父親は有名なギタリストである松尾洋一さん。

松尾洋一さんはアニメ界の巨匠である影山ヒロノブさんらと共に『AIRBLANCA』や『JAM Project』のメンバーとして活動していて日本のアニソン界を牽引している超一流のギタリスト

見た目はローランドさんとは違ってかなりワイルドですが本当にローランドさんの父親です。

松尾洋一さんの愛称は『ガルーダ会長』だそうで年齢などを調べたところ不明です。

ただローランドさんの年齢が現在(2021年)28歳ですし見た目からも松尾洋一さんの年齢は50歳を過ぎていることは間違いないとは思います。

松尾洋一の経歴

ローランドさんの父親である松尾洋一さんはアニソン界を牽引する有名ギタリスト。

経歴を簡単に説明すると松尾洋一さんは福岡県の高校を卒業後、上京して武蔵野音楽学院に進学します。

この時から松尾洋一さんはギター講師をしていたそうです。

ということから学生時代からギターが上手かったということですね。

その後は『AIRBLANCA』や『JAM Project』のメンバーとして活動する傍らアニソンの作曲を行ったり田村ゆかりさんのバックバンドとして活動していてギタリストとして幅広く活動されています。



ローランドと父親の間に確執があった

ローランドさんは元々サッカーをしていたことは知っている人も多いのではないでしょうか?

ただケガをしたことによりサッカーの道を断念。

その後、帝京高校を卒業し帝京平成大学進学しますがすぐに中退しています。

ローランドさんが大学に進学したのは父親に勧められそのまま入学したそうですが大学を卒業したときの人生が想像できて「夢がない」と見切りをつけて退学届を提出したそうです。

そしてその退学届には『No.1ホストになりたいので大学を辞めます』と書いたそうです。

このローランドさん行動に父親は大反対。

そりゃそうですよねw

ただローランドさんは父親の反対を押し切りホストの道へと進むのですがこの時、父親に勘当されたそうです。

まぁ、息子の将来を考える父親としては「ホストになる!」なんて言ったら反対するに決まってますよね

ローランドは今、父親と和解している

父親に勘当されたローランドさんですが、今は仲良しだそうでインスタを見ても分かりますがローランドさんは父親である松尾洋一さんのライブにも足を運んでいます。

そして仲直りしたことはローランドさんが自身のYOUTUBEチャンネルでも語っています。

この動画でローランドさんが語っている内容をまとめると

ローランドが語る父親との和解エピソード
①高級車『カイエン』を父親からプレゼントされている
②父親はギタリストでバックミュージシャンの事務所の社長
③ライブに足を運んだ

父親と和解した要因としてローランドさんが有名ギタリストの松尾洋一さんを納得させるだけの結果を出しているからこそでしょう。

ローランドさんと同じく人気、実力が物を言う世界で活動している松尾洋一さんなので自分の息子がこんだけ結果を出しているのが嬉しかったのかもしれません。

ちなみにローランドさんと父親が和解したのはローランドさんが20歳の誕生日の時だそうでこの時ローランドさんは月収100万円を獲得するまでに成長。その給料を持って両親のもとへ帰り、和解したそうです。

その100万円は父親である松尾洋一さんに返済したようでローランドさんは大学の学費を両親に払ってもらったのにも関わらず辞めてしまったのでこのことを後悔していたようです。

ローランドの父親がホストになることを反対した本当の理由

ローランドさんの父親である松尾洋一さんが、ホストになることを反対していた理由を2019年5月に放送された『直撃!シンソウ坂上』で語っています。

その理由は

「お前が強い信念を持って夢を語っているのかを確かめるためだった」と猛反対した理由を告白されます。

この言葉は今でもローランドさんの胸に残り、さらに人間として大きくなりたいという熱意につながったのだとか。

引用元(grape

ここまで息子の夢に真剣に向き合う父親っていないですよね。

ローランドさんもしっかり父親に与えられた試練を乗り越えたということが分かります。

そこらのバカ親なら頭ごなしにって終わりやからな
のんきな野郎
のんきな野郎



ローランドの感性や価値観は父親譲り

ローランドさんと言えばこれまでに数々の名言を残しています。

この発言からも分かりますがローランドさんは一般人には無い独自の感性や価値観を持っていることが分かります。

調べたところこれは父親譲りの可能性が高そうです。

ローランドさんの父親である松尾洋一さんのエピソードを調べると独特です。

ローランドさんが小学校の時、好き嫌いが多く給食が完食できないのを見かねた教師が電話をかけてきました。

その電話に出た父親は「好き嫌いが多い? なんでも好きだとか、どっちでもいいって言う人間の好きっていう言葉に、いったいなんの価値がありますか? 嫌いなものを、しっかりと嫌いと言えない男にはなるな。そう教えています」と言って電話を切りました。

引用元(日本セルフエスティーム普及協会

こんな事を言う父親いないですよ。

普通の親なら周りに合わせる事を教えたりしますが、ローランドさんの父親はそうではなさそうです。

思ったことをはっきり言うということを幼少期の頃からローランドさんに教えていたんでしょうね

だからローランドさんは思ったこと迷わず口にするんやな。普通ならためらうからな
のんきな野郎
のんきな野郎

ローランドが一番影響を受けた人物は父親

ローランドさんはアニソン好きなのはご存じの方も多いと思います。

これも父親である松尾洋一さんがアニソン界の有名ギタリストというのが関係してそうです。

そしてローランドさんが最も影響を受けた人物が父親だとコメントしています。

今まで影響受けた人、一番、1人をあげたら父親ですね。
小学生の時に言われたんですが、人生でうまく生きていくためには三つ大事なことがあると。

一つ目は、「女の子に勝とうと思わない。なぜなら、勝てないから。」
やっぱり女の子の方が賢くできていて、それを無理やり勝とうとすると人生がややこしくなるから、女には勝てないって言った方がいいって。

二つ目は、「褒め言葉を額面通りに受け取る」
素敵ですね、と言われた時に 「私なんて」とか「この人なにか企んでるんじゃないか」と思うより、ありがとうと返してる方が人生がシンプルになる。

三つ目は、「自分で考えなさい」と。
生きていくなかできっと見つかるからだろうから、ヒントは二つあげた通りだから、もう一つの大事なことは、自分で探していけって。そんな感じのちょっとカッコつけるタイプの父親でしたね。

引用元(楽天ROOM

小学校の時点でこんなことを教える父親ってやばくないですか。

こんなこと大人になっても知らん奴めっちゃいますよw

こういった環境で育っているローランドさんは父親のことを尊敬するのも納得がいきます

ローランドの父親は子育ての中で数々の名言を残している

ローランドさんは幼少期の頃から父親にさまざまなしつけをされていたようです。

例えば「大食いや早食いをやめなさい」と言われていたようで、理由は「よい音楽を大音量や早送りで聴いたら台なしになる。大食いや早食いもそれと同じ」とのこと。

ミュージシャンらしい例えで納得してしまいます。

他にもローランドさんが中学生の時に「男に生まれた一番の幸せとは何か」と父親に聞かれた時に「良い車に乗ること」と答えたそうです。

しかしこの回答を父親である松尾洋一さんは一蹴。

ちなみに父親である松尾洋一さんが出した答えは「惚れた女に振り回されること」だったそうです。

独特な回答で今のローランドさんを彷彿させるような名言です。

これらの発言から「ローランドさんの語彙力の高さは父親の遺伝なんだ」という反響を呼んでいます



ローランドの父親から学ぶ幼少期の子育ての大切さ

ローランドさんは自身の幼少期の頃を「物心ついた頃からローランドだった」と語っています。

そして今でもローランドさんは自信に満ち溢れ独自の感性で多くのファンがいます。

ローランドさんのこの感性は父親譲りであることは説明しましたが、それだけじゃなく幼少期の教育が人生を決めると言っても過言ではないことが分かります。

幼少期の頃に虐待を受けていた子供は大人になってもトラウマになっているのはよくある話ですが、幼少期はもちろん生まれた時は見た目に違いがあるのは当たり前ですが中身はみんな同じです。

そこからどういった感性を根付かせるかは親によって決まります。

ここでクソみたいな感性を根付かせた時、子供は大人になった時に地獄を見ることになりますからね。

この幼少期の重要さを分かっている大人はどんくらいいるんでしょうか。

ここんところをもっと理解していれば犯罪を犯す大人が減るんではないでしょうか

ローランドは父親だけじゃなく母親も変わっている

ローランドさんの母親の名前は『朱美(あけみ)』さん。

顔写真がこれだけなので分かりにくいですが年齢も定かではありません。

ただ1つ分かっていることはローランドさんの母親は物を買う時に人と被るのが嫌だそうです。

そのことからローランドさんは母親にプレゼントするときには国内在庫全て買い占めるそうです。

高いどころじゃないですよw

これはローランドさんだからこそ出来ることですよね。

こんな感性をしているローランドさんの母親は専業主婦ではないんじゃないかと思ってしまいますが、情報が一切ないので定かではありません。



ローランドの家族構成

最後にローランドさんの家族構成を見ていきましょう。

ローランドさんは5人家族で構成はというと

ローランドの家族構成
①父親
②母親
③双子の妹
④弟(6歳年下)

となっています。

ローランドさんのYOUTUBEチャンネルを見ている人なら弟は見たことがあると思います。

双子の妹いるってどんな顔なんでしょうね。

ちょっと見てみたいですが顔写真はありませんでした

まとめ

ローランドさんの父親はアニソン界の有名ギタリストである松尾洋一さん。

ただ見た目は似ていないのはローランドさんは整形しているからでしょう

ローランドが整形にかけた費用は1000万円以上で真崎医院で施術している?施術内容や顔の変化まとめ

大学を退学したことで勘当されていたようですが1年ほどで和解し今では父親のライブにも足を運ぶほどの仲良し。

そしてローランドさんが最も影響を受けた人物も父親ということで家族の絆が深いことが分かります。

今後も父親譲りの名言や感性を出し続けてほしいところです



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.