黒柳徹子の若い頃は超美人で日本初の女優として活動していた!昔の写真などまとめ

日本でテレビ放送が開始した1953年からテレビ出演をしている日本最初の女優でもある黒柳徹子さん。

黒柳徹子さんは長年『徹子の部屋』で司会を務め最多放送世界記録保持者でもあり芸能界でも重鎮的な存在で老若男女問わず知られている大御所。

そんな黒柳徹子さんは1933年生まれなのでもう80歳を余裕出すぎているのですが、おばあちゃんとは思えないくらいに元気で若々しいですよね。

このことから『黒柳徹子って若い頃はどれくらい綺麗だったの?』と思う方も多いようです。

黒柳徹子さんの若い頃の写真は?

黒柳徹子さんが若い頃からやっている美の秘訣は?

黒柳徹子さんの若い頃の写真を中心に気になる情報をまとめてみました。

黒柳徹子の若い頃は超美人!昔の写真まとめ

80歳を過ぎても元気で若々しい黒柳徹子さん。

年齢だけ見ればすでにヨボヨボのおばあちゃんの年齢ですが、長年TVで活動している事からも健康なのが見て取れます。

そして何よりもおばあちゃんの年齢になってもこれだけ綺麗なのですから20代といった若い頃の黒柳徹子さんは相当美人だったに違いありません。

ネット上でも『昔の黒柳徹子がめちゃくちゃ美人』と言っている方も多くいらっしゃいます。

年代ごとに黒柳徹子さんの写真をまとめましたのでご覧ください。

黒柳徹子の若い頃の写真①【20代】

黒柳徹子さんは2016年に自信のインスタで20代の頃の写真をアップし話題になりました。

こちらの写真は黒柳徹子さんがテレビに出始めた頃の写真のようです。

「それにしても、よく、この瞬間を撮って下さった方がいらしたと感心!20代前半の私です」とつづっている。

引用元(クランクイン

この時点で今の玉ねぎ頭の面影がありますが、この写真だけでもかなり美人というのが分かります。

他にも20代の頃の黒柳徹子さんの画像がいくつかあるので見ていきましょう。

年代が分からないものもありますので20代の頃ではない写真もあるかもしれませんがご了承ください。

黒柳徹子さんは若い頃からオシャレで凛とした表情でめちゃくちゃ美人なのが分かります。

さすが日本で初めての女優というだけのことはあります。

そして黒柳徹子さんは若い頃、カメラマンになろうと思った時があったようです。

黒柳は「実は私、カメラマンになろうかと思ったくらい写真に夢中になっていた時期がありました。20代頃で、ロールフィルムの前の写真機ですね」と記し、ロールフィルムカメラをのぞいている写真や、嬉しそうにカメラを持っている写真をアップ

引用元(スポーツ報知

黒柳徹子さんが若い頃はまだ戦争が終わって間もない頃なので様々な苦労があったと思いますが、夢を持っていたというのが分かります。



黒柳徹子の若い頃の写真②【30代】

続いては30代の頃の黒柳徹子さんを見ていきましょう。

こちらの写真は38歳の時の黒柳徹子さんですが、この時点で今の玉ねぎ頭が確立されているのが分かります。

インタビューで30代になった時のことを黒柳徹子さんはこのように語っています。

22、3歳で仕事を始めたんですね。だから30歳のときはTVっていうものが始まってからまだ10年も経ってないから、みんなも何だか手探り状態。私も手探り状態。そういう感じで30歳に入っていったっていう感じがしますよね。

でも、25、6歳の頃が一番嫌で。なんか中途半端な感じがしてね。もうちょっと若いと若いでいいんですけど。ただちょっと生意気なこと言うと、生意気とか擦れっ枯らしのように思われたり、本当にわかんないと言うと、カマトトと言われたり。「早く30過ぎたいな」って思ってたんです。だから30歳過ぎたときは、「あー過ぎた過ぎた!」ってすごく嬉しかったですよね。

引用元(VOGUE

20代の頃は超多忙だった黒柳徹子さんですが30歳を過ぎた時は嬉しかったようです。

普通なら40代になって喜ぶ方は少ないと思いますが、黒柳徹子さんに関してはそうでもないようです。

30代40代の頃はNYのブロードウェイにある演劇学校に通っていた黒柳徹子さん。

この頃の写真のようでNYの5番街で記念に撮った写真のようです。

他にも30代の頃の写真がありますのでまとめてご紹介いたします。

30代になっても黒柳徹子さんはめちゃくちゃ美人でこの頃には週6、7本のレギュラー番組を抱えて多忙を極めていたようです。

黒柳徹子の若い頃の写真③【40代】

最後は40代の時の黒柳徹子さんを見ていきましょう。

40代と言えばもう若い頃とは言えない年齢かもしれませんが、黒柳徹子さんは40代になってもめちゃくちゃ綺麗で話題です。

黒柳徹子さんが40代の頃と言えば『ザ・ベストテン』の司会やってた頃でこちらの写真はその頃の写真だと黒柳徹子さんが言っています。

40代の頃の黒柳徹子さんと言えば『窓ぎわのトットちゃん』がベストセラーを記録した時。

この写真はその頃の黒柳徹子さんですが、この頃から今に至るまでめちゃくちゃ老けたという感じがしませんよね。

こちらの恐らく40代の頃の黒柳徹子さんだと思いますが、この頃と今ではほとんど変わりないというのが凄いです。

黒柳徹子って若い頃はこんなに美人だったんやな
のんきな野郎
のんきな野郎



黒柳徹子が若い頃に女優を目指した理由

黒柳徹子さんが女優としてデビューしたのが1953年。

女優になるきっかけは新聞にあったNHK放送劇団の俳優募集の広告に応募し劇団員に選ばれた事がきっかけ。

この時に黒柳徹子さんは様々なトラブルがあり筆記試験の会場を間違え遅刻した上に問題が分からず答案用紙の裏まで長所を書き連ねたようです。

そんな中で約6,000人の応募者の中から第6次までの審査を経て13人の劇団員の1人として選ばれています。

そもそも黒柳徹子さんは何故女優になろうと思ったのか?

それは『母親になった時に子供に絵本を読み聞かせられるようになりたかったから』と答えています。

他にも

NHKではニュース・教養番組が主になると聞いているので、世界の風俗・習慣・戦争を見る事が出来るので、永久的な平和がテレビによってもたらせる

引用元(Wikipedia

このことにより黒柳徹子さんはプロとしての女優意識が目覚めたようで若い頃から平和に対する意識が高いのが伺えます。

戦争を経験している黒柳徹子さんならではですね。

黒柳徹子は若い頃、日本で初めて子供を演じている

黒柳徹子さんは若い頃、女優として活動していた訳ですが初めての主演が1954年に放送されたラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』。

このドラマでは黒柳徹子さんは日本のラジオドラマで史上初めて大人の女性が子供の声を演じたドラマ。

『大人でも子供の声が出せるはずだ』という劇作家である飯沢匡さんの発案だったようです。

今でこそ20代の女性が声優で子供の役を演じる事はありますが、黒柳徹子さんはこのような若い頃にこのような功績を残していて凄い女優だったというのが分かります。



黒柳徹子が若い頃にNY留学をした理由

黒柳徹子さんは1971年9月から1年間ニューヨークへ留学していますがこの経緯は1970年に出演した東宝のミュージカル『スカーレット』の作曲家であるハロルド・ロームさんから『面倒見てあげるからニューヨークへいらっしゃい』と言われた事がきっかけです。

若い頃から黒柳徹子さんは様々な経験をしているのが分かりますが、ニューヨーク留学を決意いた経緯をこのように語っています。

しばらく仕事を休んで、ひと息いれようと決心しました。ひと息いれるのには、アメリカじゃなくて日本にいても、またよその国でもよかったのですが、まるまる仕事から離れるのと、生活を少し変えてみるためには、やはり日本から出たほうがよさそうだし、言葉の関係とか、友だちがたくさんいるということで、いちおうアメリカにしてみました。

引用元(文春オンライン

多忙な日々からひと息いれることを考えこのタイミングでニューヨーク留学を決めたようで、ニューヨークではワンルームで生活していて後にトレードマークである『タマネギヘア』もこの時に考案されているようです。

「着物と洋服、どちらにも似合う髪型を開発したい」との思いから、ニューヨークで知り合って友人となったアメリカで活躍中のヘアメイクアーティスト・須賀勇介のアイディアを交えつつ、後にトレードマークとなる「タマネギヘア」を考案する

引用元(Wikipedia

この頃からずっとタマネギヘアで黒柳徹子さんのトレードマークとなっていますし日本との文化の違いも肌で感じニューヨークでは様々なことを得たのが分かります。

黒柳徹子が若い頃から行っている美容法

黒柳徹子さんは若い頃多忙を極めていたにも関わらず美人で今でも若々しいですよね。

そんな事から、黒柳徹子さんは若い頃から日々心掛けている健康そして美容法があるようです。

まず元気の秘訣が『笑顔』だそうでこのことについて黒柳徹子さんは

『笑う門には福来るっていうじゃない。笑うとNK(ナチュラルキラー細胞が活性化して免疫力を高めてくれて、やってやるぞと元気になるんですって』

このように語っています。

他にも日々行っている健康法は

黒柳徹子が若い頃から行っている健康法
①二度寝就寝法
22時に寝て夜中の2時過ぎに起きてそこから3時間デスクワークをしてまた寝る

②フェイスマッサージ
どんなに疲れても寝る前に1日2回リフトアップ

③ヒンズースクワット
肩幅くらいに足を開き、膝を曲げるのと同時に手を前に振るというスクワットを毎晩50回

④毎日欠かさず30~60分のウォーキング

⑤50歳までは昼も夜もステーキ

⑥若い頃からノーブラ

このようなことを若い頃から行っているようです。

そして50歳を過ぎてからは

50歳頃からは良く寝て、ちゃんとしたものを食べるように気をつけています。本当はものすごーくアイスクリームが好きなんだけど、アイスクリームは太るからと言われて、よっぽどのご褒美のときじゃないと食べられないの(笑)。幸い私はお酒も飲まないので、健康にはいい生活を送っているんじゃないかしら

引用元(VOGUE

これらの事から黒柳徹子さんは若い頃から健康を考えているのが分かりますので今も元気で若々しいのが納得しますよね。



黒柳徹子は今も昔も新しい事に挑戦している

黒柳徹子さんは今ではインスタグラムでのフォロワー数が100万人を超えていてYoutuberとしても活動されていて新たなことにチャレンジしています。

若い頃の黒柳徹子さんは自信も何もなかったようで嫌になる事がしょっちゅうだったようですが、様々な人との出会いで成長していき色んなことを取り入れてきたそうです。

コツコツとやること、そして色んなことを見逃さずに、人の行動を見てためになること、ならないことを学んだり、そういう小さいことが今につながっている気がしていますね。

引用元(VOGUE

黒柳徹子さんは若い頃から現在に至るまで様々なことを取り入れる姿勢を忘れていないようでこういった方って中々いないですよね。

大体大御所で年齢を重ねた方は新たなことをせずに傲慢になったりするものですが黒柳徹子さんは今でもどん欲に新しい事を取り入れる姿勢のようです。

まとめ

黒柳徹子さんの若い頃は超美人でネット上でも話題になっています。

そして昔から様々な経験をし色んなことを取り入れ今の地位を確立していて現在もその姿勢は変わっていません。

80歳を過ぎても元気で若々しい黒柳徹子さん。

こんな年の重ね方って理想ですよね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.