玄倉川水難事故のリーダー加藤直樹や他の生存者は現在どうなっている?事件の詳細やその後まとめ

『DQNの川流れ』として今も語られている玄倉川水難事故。

神奈川県にある玄倉川にて発生した水難事故で合計18名が雨による増水で流された事件です。

この事故により合計13名が死亡し生存者が5名います。

その生存者は現在(2020年)どうなっているのか?

玄倉川水難事故の詳細も含めてまとめてみました。

玄倉川水難事故の概要

玄倉川水難事故とは1999年8月14日に神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川にて発生した水難事故のことです。

当日ここでは横浜市内の廃棄物処理会社に勤める男性社員を含む家族、そして社員の婚約者や女友達18名が熱帯低気圧の大雨による増水で流された事故でありこの水難事故はニュースでも報道され今でも話題になっていて通称『DQNの川流れ』とも呼ばれています。

水難事故が起きた当日の状況

事故が発生した1999年8月14日は日時からも分かりますがお盆休み真っただ中。

当時はオートキャンプがブームだったこととペルセウス座流星群の極大などの影響もあり玄倉川には50ほどのテントが張られていたそうです。

そして当時の天候はというと神奈川県全域で大雨洪水警報が発令されていたことで天候は最悪。

これを考えれば川が増水して危ないことは容易に想像がつきますよね。

そして神奈川県には当時の異常気象もあってか通常では考えられないほどの熱帯低気圧が発生していて不安定な天候だったようです。

玄倉川水難事故を起こした熱帯低気圧は紀伊半島沖で発生したもので風は少ないものの雨を大量に降らせるという特徴があったようです。

水難事故あった18名は退避勧告を無視し続けていた

この玄倉川水難事故により18名が増水により流され13名が死亡し生存者はわずか5名。

そもそも何故18名もの人が増水で流されてしまったのか?

熱帯低気圧の影響により神奈川県全域で警報が発令されていたことから避難勧告は出てただろうと容易に思いつくかと思います。

しかし玄倉川水難事故発生前日の午前10時に被害にあった18名がキャンプをスタートさせていて午後15時にはダムの管理事務所員がキャンプ客に対し1回目の警告をしています。

この警告により大多数のキャンプ客は退避していますが、流された18名はこれに応じずキャンプを続行。

そして16時50分に神奈川県全域で大雨洪水警報が発令され19時35分に増水に伴い玄倉ダム上流で放流予告のサイレンが鳴っていたそうです。

19時50分頃にダム管理事務所員が2回目の巡回を行ったときにはまだこの18名のグループが残っていたようで退避するよう直接勧告を行ったそうですが反応せず。

このことからダム管理事務所員は20時6分に警察に連絡を行います。

21時10分に警察が到着しダム管理事務所員と一緒に退避勧告を行います。

これを受け高年齢の人とその妻3人が川を離れ自動車に退避していますが18名は残ったまま。

すでにこの時には中州と岸辺の水位の勢いは増していて直接中州には行けない状況だったようです。

事故発生当日の状況

水難事故が起きた当日の8月14日、まだ川の増水が収まらず7時30分ごろに再度警察は退避勧告を行っています。

しかし反応がなく、この時はまだ対岸と中州は陸続きになっていたことから警察官はその場を離れています。

その30分後の午前8時4分に退避済みのメンバーから119番通報が入っていたそうです。

この時本格的な暴風雨に見舞われ水位が上昇し中州が陥没してまっています。

対岸までは歩いて行ける状況ではなかったそうです。

9時7分に足柄上消防組合本部から救助隊5名が到着しましたが激しい水流に阻まれ救助を断念し10時10分に救助ヘリの要請を行っています。

10時30分にはレスキュー隊が救助用のリードロープの発射を試みますが失敗。

そして11時頃にダムの放流を停止していたのを貯蔵量が限界に達し放流開始しています。

それにより濁流の勢いが増し、耐えきれず流されたそうです。

これにより18名が流され生存者が5名。

13名の遺体全員分が発見されたのは捜査打ち切りリミットであった8月29日だったそうです



玄倉川水難事故が『DQNの川流れ』の呼ばれている理由

玄倉川水難事故は『DQNの川流れ』とも呼ばれています。

DQNとはいわゆるヤンキー的な人の事ですが、何故そのように呼ばれているのか?

その要因はこのキャンプをしていたリーダーである加藤直樹の態度が関係しています。

上記で警察やダム管理事務所員の退避勧告を無視していたと説明しましたがこの際に「早く失せろ。殴るぞ」「放っておいてくれ、楽しんでるんだよ」と暴言を浴びせ続けていたそうです。

そして事故当日の状況はテレビで生放送されていてその際にもレスキュー隊に対し「もたもたすんな」「ヘルを呼べ」「早く助けろ」という言葉を投げ続けていたそうです。

これを見た人は「何?こいつ」ってなりますよね。

このサイコパスな状況から今でも加藤直樹のことや玄倉川水難事故が『DQNの川流れ』と呼ばれている訳です。

救助後、地元民の差し入れを地面に投げ捨てている

懸命な救助活動により18名のうち5名が助かりそのうちの一人がリーダーの加藤直樹。

加藤直樹は家族や知り合いが流されたにもかかわらず「テントを回収したら返してほしい」とふざけたことを言っていたそうで、さらには地元住民の差し入れのおにぎりを「まずい」といってその場で地面に叩きつけたそうです。

こいつ何なんですかね。

しかも生きてるってw

こいつが流されればよかったのにと思うのは僕だけでしょうか。

玄倉川水難事故の生存者と犠牲者の詳細

玄倉川水難事故により13名が犠牲となり亡くなっています。

その方の名前が
松尾利美さん、松尾理恵さん、松尾歩ちゃん、松尾駿兵ちゃん、加藤裕二さん、加藤美江さん、加藤優香ちゃん、梶ヶ谷剛さん、織立亜希子さん、高橋直人さん、小野崎恵子さん、そして原田敬介さん、原田千佳ちゃんです。

この中には幼い子もいたこともあり注目を集めています。
犠牲者13名のうち5名は株式会社富士繁の社員です。

株式会社富士繁というのは加藤直樹が勤めていた会社。

2名はその社員の妻で他の2名は社員が連れてきた女性、残り4名は幼い子供でした。

そして生存者はリーダーの加藤直樹と、加藤朝香ちゃん、加藤一樹ちゃん、平野幸男さん、平野嗣富さん。

生存者の加藤朝香ちゃん、加藤一樹ちゃんは加藤直樹の子供です。



玄倉川水難事故の生存者のその後

玄倉川水難事故の生存者はその後どうなったのか?

調べたところこの生存者はいまだに救出費用を支払っていないとのこと。

ちなみに地元自治体の負担だけで4,800万円の公費が使われることとなりました。

その費用を自治体が負担しているのですが、こんた大金負担した挙句、暴言吐かれたわけなんでたまったもんじゃないですね

このDQNのために税金が使われているわけですが世間は未だに「何こいつ」と思っているようです。

加藤直樹の娘・加藤朝香が書いたブログが話題になっている

生存者の一人である加藤直樹の娘・加藤朝香ちゃんが事件後にブログを更新しています。

事件の詳細は明かされていませんが、内容を見れば玄倉川水難事故と特定することは簡単です。

今はブログが閉鎖されていて見ることは出来ませんが、このブログは世間の反感を買っています。

内容を見れば加藤直樹が自分が助かるために妻の手を離したという内容。

そして加藤朝香ちゃんのお母さんが亡くなったということでかなりこの事件の事を悔やんでいることが分かりますし、加藤直樹がどれだけサイコパスかが分かります。

このブログを見れば加藤朝香ちゃんは今でも玄倉川水難事故のことを悔やんでいるように思います。

ただ加藤朝香ちゃんは当時幼稚園児でありある意味犠牲者ですから、加藤直樹がすべて悪いわけですよね。

生存者はその後会見を開かなかった

生存者であるリーダーの加藤直樹はじめ他の会社員2名はこの事件後に会見を開くことはありませんでした。

自分たちの行動についての償いや救助隊・地元住民に対する感謝を表明しなかったことからさらに世間から批判を集める結果となっています。

生存者や犠牲者の遺族は起訴しなかった

自然災害に関する事故が発生すると、生存者や犠牲者の遺族によって、自然管理団体やその他公的機関に対して損害賠償を求める裁判が行われることがあるようです。

しかし玄倉川水難事故の裁判が行われることはありませんでした。

要因として考えられるのが遺族や生存者が起訴したところで勝てる見込みが無かったからと言われています。

これ以上騒ぎを起こしても自分だけじゃなく身内の醜態をさらすだけだと思った可能性もありますね。

まぁ、あんだけ暴言吐いてさらに裁判起こしたらまじでイカれてますからねw

リーダー・加藤直樹は現在(2020年)何をしている?

それでは玄倉川水難事故で最も話題になっているリーダーの加藤直樹は現在(2020年)何をしているのか?

加藤直樹は株式会社富士繁に勤めていてこの会社は現在も営業を続けています。

事件後は業務上必要な登録や許可も取っていて仕事の幅を広げているようです。

あれだけバッシングを受けたにも関わらず社名も変えずに事業拡大を続けているとのこと。

ただ近隣住民と騒音問題を起こしているという噂もありますが・・・



玄倉川水難事故は事故に見せかけた殺人という説もある

玄倉川水難事故は週刊誌などで「事故に見せかけた殺人」とも言われていました。

それは何度も退避勧告をしたのに不自然なまでに無視した加藤直樹の存在。

加藤直樹が富士繁の経営状況を調べ、事前に社員に生命保険をかけて殺害したという生命保険金殺人の疑いが浮上しました。

ただこの疑惑は本当かどうかは分かりませんが、加藤直樹の態度を見ればやりかねないですね

まとめ

玄倉川水難事故の事件を調べれば調べるほど胸くそ悪い事件ですよね。

感謝もせずに暴言吐いていた奴が生き残って後に自分が助かるために妻を犠牲にしたという始末。

さらには救助にかかった4800万円の公費は自治体が負担しているということで世間からバッシングを受けるのは分かります。

そしてリーダーの加藤直樹は今普通に会社勤務してるとなればめちゃくちゃ胸くそ悪いですよね。

今後同じような事件が起きないこととこんな人間が無くなる世の中になってほしいですね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.