黒木瞳の娘・伊知地萌子は慶応義塾ニューヨーク学院に通っている!中等部時代のいじめの真相などを徹底調査

日本を代表する大女優の黒木瞳さん。

黒木瞳さんには娘がいて名前は伊知地萌子さんと言います。

伊知地萌子さんといえば青山学院中等部時代のいじめなどが代表ですね。

そして現在(2020年)は慶応義塾ニューヨーク学院に通っているとのこと。

いじめのことやこれまでの経緯をまとめてみました。

黒木瞳の娘・伊知地萌子は現在(2020年)大学生

黒木瞳さんは1998年に第一子となる娘を出産しています。

名前は伊地知萌子さん。

1998年に出産したということで現在(2020年)の時点で22ということが分かります。

伊地知萌子さんは幼稚園から中等部まで青山学院に通っていました。

そして現在(2020年)ニューヨークにある『慶応義塾ニューヨーク学院』に通っていると噂されています。

この『慶応義塾ニューヨーク学院』にかかる費用として

入学金:3,700ドル
授業料:25,250ドル
寮費:15,200ドル
教材費:2,000ドル
施設設備費:2,000ドル
プログラム費:1,000ドル
入学検定料:500ドル

入学金など、初年度のみの費用を除くと、一年間にかかる学費は約45,000ドルで、1ドル110円で計算すると約500万円になります。
このほか、年3回の長期休暇に帰省するための渡航費や、クラブ活動費、お小遣いなどを考慮すると、トータルでかかる費用は年間600万円程度といえます。

引用元(Catal

このことから年間にかかる費用は相当高いことが分かります。

そもそも幼稚園から高校まで青山学院であれば大学も青山学院じゃないのかと思ってしまうところですが何故『慶応義塾ニューヨーク学院』なんでしょう?

ちなみにこの『慶応義塾ニューヨーク学院』は入学のハードルが低いようでお金を出せば入れると噂のところ。

そして問題を起こした芸能人の子供が入るところとして有名です。

その理由は伊地知萌子さんが青山学院中等部に通っていたときのイジメ事件が関係しているということと宝塚に不合格だったというのが理由といわれています。

黒木瞳の娘は中等部時代いじめの主犯格だった

黒木瞳の娘・伊地知萌子さんは青山学院中等部に在籍していたときにいじめの主犯格と言われています。

その内容は卑劣で2万円で女子生徒3人・男子生徒2人を動かして気に入らない女子生徒をトイレの個室に追い込み服を脱がせてその様子を動画で撮影したというもの。

これはかなり陰湿なイジメですが、この実行犯の生徒は退学処分となりましたが黒木瞳さんの娘・伊地知萌子さんはいじめの主犯格にも関わらず3日の停学処分のみでした。

実行犯が退学で主犯格が3日の停学のみ。

これはどう考えてもおかしいですよねw

当時の校長はこの事件のことをこう説明しています。

校長は、男性の保護者に向けて“みなさんも昔、好きな女の子のスカートをめくったことあるでしょ? その延長ですよ。何も心配することはありません”と言ったんです。でも心配するようなことがないなら、退学にする必要はないでしょう。不信感でいっぱいになりましたね…

引用元(ポストセブン

いやいや、おかしいやろって話ですよw

そしてこの被害にあった女子生徒の父親は

娘は元気にしています。もう終わったことですから、そっとしておいてください。学校は素晴らしい対応でした

引用元(portirland.blogspot.com

トラウマになるレベルだと思うのですが、このような対応をしたことから何か裏がある感じがしますね。

真相は定かではありませんが、この事件を隠蔽するために黒木瞳さんが3000万円の寄付を申し出たという噂もあります。

当時57億円もの負債を抱えていた青山学院としては大口の黒木瞳さんの娘を手放したくなかったというのもあるかもしれません。

こういった事件があったことから現在(2020年)身を隠すために海外の大学に通っているともいわれていますが真相は定かではありません

黒木瞳の娘は宝塚に入学することが出来なかった

黒木瞳さんの娘である伊地知萌子さんは宝塚を受験して不合格だったそうです。

伊地知萌子さんも幼少期からバレエを習っていたそうで黒木瞳さんも娘を宝塚に行かせたいという思いもあったかと思いますが、宝塚を受験できるのは18歳まで。

そして2017年、伊地知萌子さんにとって最後のチャンスである受験にて合格者の名前に黒木瞳さんの娘の名前はなかったそうです。

しかし上記で説明したイジメが問題で宝塚を受験できる状態ではなかったともいわれています。

さらには長年通っていたバレエ教室でもトラブルがあったようです。

黒木瞳さんの娘さんが宝塚受験のために通っていたバレエ教室でのエピソードを紹介。

実は元宝塚出身君島十和子さんの娘さんも同じくそのバレエ教室に通っていました。

そこでは毎年くるみ割り人形の発表会が年末にあるのですが、トラブルがあったそう。

お互い娘を主役の座につかせたいがために、発表会のチケットをどちらがより売りさばくことができるかで競ったみたいです。

引用元(Freestay

このようにこれまでの行いが仇となり宝塚には入ることが出来なかったようで、その後慶応義塾ニューヨーク学院に通うこととなっています。



娘の性格の悪さは親譲り?

イジメの主犯格だった黒木瞳さんの娘。

このことからも性格は決していいとは思えませんが、黒木瞳さんも性格が悪いと噂されています。

黒木瞳さんの性格の悪さを過去に関係者が暴露していて簡潔にまとめると

黒木瞳の性悪エピソード
①機嫌で付き人をクビにする
②機嫌が悪いと怒鳴りまくる
③映画「失楽園」では枕営業をしていた
④目下に対して挨拶しない

これが本当ならば娘の性格の悪さは黒木瞳さん譲りであることが分かりますね。

黒木瞳の娘のいじめの被害者は芸能界デビューをしている

 

この投稿をInstagramで見る

 

2018年5月 19歳 成長過程

山木コハル(@yayamakoharyu)がシェアした投稿 –

黒木瞳さんの娘・伊地知萌子さんにいじめを受けていた被害者だと言われているのが山木コハルさん。

山木コハルさんはTWIN PLANET所属の元アイドルで、現在は芝居や歌手活動などマルチに活躍をされているようです。

そして15歳の時に全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞しています。

ちょうどこの時はイジメを受けていた時期と被ります。

そして山木コハルのことを当時関係者は

ギターとドラムが得意な、壇蜜似の15歳。なんといっても精神力が強いです。コンテストの少し前に在籍していた有名私立中学で、大女優の娘にいじめを受けていたと心配されていました。芸能界も諦めると思われましたが、逆境をバネに歌やバラエティーで活躍中です

引用元(AERA

このことからも黒木瞳さんの娘からイジメを受けていたことが分かります。

逆境をバネに頑張っていることが分かり、黒木瞳さんの娘がイジメたのは嫉妬から来たものだという可能性がありますね。



黒木瞳さんの娘はブサイクと言われているが画像はある?

黒木瞳さんの娘である伊地知萌子さんはどんな顔なのか?

調べたところ画像はありませんでした。。

ただ画像がないにも関わらず「黒木瞳の娘はブサイク」とか叩かれています。

これに関しては過去に黒木瞳さんの娘のことを知っている人が「娘はブサイク。特に鼻がブサイク」と言っていたことからブサイクというのが広まっていますが、黒木瞳さんに似ていたらブサイクというのは考え難いですけど真相は定かではありません

他にも関根麻里さんにそっくりだという説もあります。

これが本当ならば決してブサイクではありませんね。

まとめ

黒木瞳さんの娘・伊地知萌子さんについてまとめると
・現在(2020年)慶応義塾ニューヨーク学院に通っている
・青山学院中等部時代、イジメの主犯格
・宝塚に入学できなかった
・バレエ教室でトラブルを起こしている

こんな感じでしょうか。

一般人ということもあり顔などは明かされていませんが、イジメの主犯格であることは報道からも間違いないでしょうが今後は真っ当に生きてほしいところです。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.