パンクヒーロー甲本ヒロトさんの胸に刺さる名言をまとめてみた

元ブルーハーツのボーカルで現在はザ・クロマニヨンズのボーカルとして活動している甲本ヒロトさん。

ジャパニーズパンクの先駆けとしてマーシーこと真島昌利さんと共に現在のパンクシーンを牽引しています。

そんな甲本ヒロトさんは過去に様々な名言・格言を残しています。

その名言をまとめてみました。

甲本ヒロトさんのプロフィール

1963年3月17日生まれ。

岡山県岡山市出身。
岡山大学教育学部附属小学校、岡山大学教育学部附属中学校を卒業している。
中学時代、お笑い芸人の水道橋博士と同級生だったことは有名ですね。

バンド結成したのは1980年であり、この時はラウンド・アバウトというバンドで活動していました。
ブルーハーツを結成したのは1985年。

そして1987年に「リンダリンダ」でメジャーデビュー。
この曲の作詞作曲は甲本ヒロトさんですが、「これヤベえだろ!」って思うような曲を作りたくて作ったそうです。

その後、ブルーハーツはブレイクしたが1994年に活動休止。
翌年1995年に真島昌利さんに誘われTHE HIGH-LOWSを結成。

THE HIGH-LOWSの代表曲としては「日曜日よりの使者」が有名ですね。
これは甲本ヒロトが「ガキの使いやあらへんで」を見て作られたとのことで有名です。

THE HIGH-LOWSは2005年に活動を停止しています。

2006年には甲本ヒロトさんがソロデビューをしていますが「真夏のストレート」という曲を1曲だけリリースして終わっています。

そして同年に真島昌利さんや元SADSの小林勝さん、元Gargoyleの桐田勝治さんと共にザ・クロマニヨンズを結成し現在に至ります。

桐田勝治さんは黒夢の「後遺症」という曲のサポートドラマーで参加されています。



甲本ヒロトさんの残した名言について

鬱や自殺未遂、様々な苦悩を乗り越えている甲本ヒロトさん。

そんな甲本ヒロトさんが放つ言葉にはストレートで熱いメッセージが込められていて、心に響いた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

歌だけでなく、日々の言葉の中にも多くある甲本ヒロトさん名言。
一部でありますが、まとめてみました。

甲本ヒロトさん名言集

【生まれたからには、生きてやる。】

【売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメンだよ。】

【生活と人生は違う。質素な生活、豊かな人生。】

【ただ大人たちにほめられるようなバカにはなりたくない。】

【みんなで盛り上がることをするな。お前が一番盛り上がれ!】

【大リーグで活躍したいと思うことは夢じゃないんだよ。野球をやりたいというのが夢だ。】

【“楽しい”と“楽”は違うよ。“楽しい”と“楽”は対極だよ。楽しいことがしたいんだったら楽はしちゃダメだと思うよ。楽しようと思ったら楽しいことはあきらめなきゃダメだね。ただ生活は楽な方が絶対いいと思うよ。でも人生は楽しい方がいいじゃん。生活は楽に余計なことには気をとられず人生は楽しく】

【楽しいと思った瞬間がゴールなんだ。楽しきゃいいじゃんと思ってる人間が楽しいと思ったらもうその先はないんだ】

【誰かのサイズに合わせて自分を変えることはない。自分を殺すことはない。ありのままでいいじゃないか】

【この世には、何一つ決まってることなんてないんだよ。 ただ、そう思いこんでるだけ。】

【時代を変えよう言うのは、すべてをあきらめた人が言う言葉なんよ。 自分ががんばれば、時代は自然と変わるんじゃねえの?】

【死んだら死んだでいいさ、なんて俺は言えないわ。 俺は生きていたいんよ。】

【落ち込むのと失望は違うんよ。 だって、落ち込んでても夢や愛は信じとるもん。】

【世の中に言いきれることってねえが。 でも恋愛は絶対素晴らしいと言いきるよ】

【戦争やってる遠くの国のことよりも友達の方が大切だと思うけどなぁ。】

【中学生騙すのがロックだと思う。だって俺騙されたもん】

【何が伝わってほしいって言ってさいろんなメッセージとかいろんなことを訊かれるんだけど何もないんだよみんなが楽しくなってくれたらもうそれで僕たちがやりたいことは100%成し遂げられてるんだ】

【戦争やってる遠くの国のことよりも友達の方が大切だと思うけどなぁ。】

【やっぱ『死に方』より『生き方』だよな。】

【時代は良くも悪くもなってない。いつだって今が最高。】

【何をするかは問題ではなく どんな風にするかが問題だ】

【なんとかなるのが世の中よ。】

【イメージの共有がしたいだけなんだ。言葉の共有じゃなくてどこかもやもやっとしたイメージをひねりだして曲にする。そのもやもやを共有したいだけなんだ。それで「生きてやるぜ!」って思ってもらえれば「生きるっていいな」と思ってくれればそれでいいです】

【一回わがまま言い始めたらもう、他人の言うことなんか聞いてらんねえよ。】




甲本ヒロトさんのライブパフォーマンス

甲本ヒロトさんの名言をまとめてきましたが、最後にライブではどうなのかということを記載します。

ちなみにライブでは甲本ヒロトさんはほとんど喋りません。

真島昌利さんは全く喋りません(笑)

しかし歌だけじゃなく体全体からエネルギーがあふれていて、ステージを全力で楽しんでいるような姿が印象的です。

生で甲本ヒロトさんのライブパフォーマンスを見れば嫌なことなど吹っ飛ぶくらいの情熱を感じることが出来ます。

ライブに行かれたことが無い方は是非行ってみて下さいね!

まとめ

以上が甲本ヒロトさんの名言をまとめたものになります。

様々な苦悩を乗り越えている甲本ヒロトさんですが、その時その時の人との出会いが大きなものになっていると感じましたね。

これからも日本のパンクロックシーンを牽引して様々な伝説を残してほしいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.