kenkenは病気を患っていて自律神経失調症!薬物に手を出したのにも関係しているとの噂があり真相を調査してみた

RIZEのベーシストでありDragon Ashのサポートベーシストとしても活動していたkenkenさん。

kenkenさんが大〇所持により逮捕されましたが、その前から自律神経失調症という病気を患っていたとインスタで発表されていました。

kenkenさんが患った病気のことや大〇所持が関係しているという噂があるので真相を調べてみました。

kenkenの患っている病気は自律神経失調症

 

この投稿をInstagramで見る

 

どうもお久です。KenKenです。 今回は皆様にご心配おかけして、本当に申し訳ないと思っております。ごめんなさい。本当にごめんなさい。 個人的には皆様に心配かけたくないので、治してこういうとこに帰ってくる予定でしたが、急速に体重落ちてしまったので、癌なのではとか、いろんな憶測が飛び交っていると聞きまして、これは黙ってる方が心配かけるやつやなと思い、書かせていただいております。 症状からいうと、自律神経失調症の重めなやつだそうな。 夏フェス後半あたりから、なんだか調子悪くて、つかれてるだけかやー、10代の頃とは訳が違うなーとおもいながらやっておりました。 9月頃あまりにも調子悪いのでなんだこれはとおもったらそんなかんじで、この一ヶ月くらいがなかなかな感じでした。 もっと色々あるんですが、暗くなるのでこの辺で。 僕がいま言える事は、程度はそれぞれあるかと思いますが、周りに自律神経失調症の方がいたら、少しで良いので優しくしてあげてください。 見た目には体重の増減くらいなので、意外と周りに伝わり辛いのです。 メンバーに病気とか嘘なんじゃないの?とか言われちゃうくらいなので。 なんとかいつも通りに、なんとか心配かけないように明るくふるまったりもしますし、信じられなくらい楽な日もあるし、今までなかったような、ビックリするくらい楽しい日も来るんです。たぶんこれはなった人にしかわからないです。 今日は上海ですが、今回やっと一年ひたすら続いた遠征も落ち着くので、書かせていただきました。 とりあえずコレが原因でライブとか飛ばしちゃったら、それこそ一生立ち直れないので、毎日次のライブの事だけ考えて過ごしてました。 言いたい事いっぱいあるけど、僕が今ステージに立ててるのは、音楽家としてのプライド、そして、ステージから見える皆さんの笑顔です。ほんとにコレだけです。自分との戦いの報酬が皆様の笑顔だとおもってるからです。 次に皆様に会えるのは、12月20日の日本武道館公演かと思います。 1月の横浜アリーナまで、最高な演奏をしますので、足を運んでいただけたなら幸いです。 来年以降はちょっとまだわからないんですけど、なんせ全力で、がんばるので、お会いしてくださいね。 最近はお酒飲んでDJしてる時が1番幸せで、あー、俺やっぱり音楽好きだなーと思える瞬間なので、ツアーの後半はアフターパーティーとかも増やさせて頂いていました。DJの夜だけが、何も考えず、楽しんでいられました。ありがとう偉人な音楽家達よ。 なんせ、こんなクソみたいな俺がなるくらいだから、みんなに可能性があると思います。 寝れない、食べれない、めまい、微熱が何ヶ月も続く、理由もなくひたすら気分が上がらない。 など何かいつもの自分じゃないみたいだと思ったら、先生に相談するべきかと思います。無理したらできてしまうタイプが、一番ギリギリまで気付かないそうです。 あ、でも心配かけたくて書いてる訳でなく、僕は自分の状態も、治す方法も、僕がいまやるべき事も全部理解してますので、へんに心配とかしないで下さいね。 またスーパーケンケンチャンはバチっと全快して、アホな話や、ゲスな話で皆様と楽しめたらと思っております。 皆様の暖かい気持ちが、言葉が、ライブでの楽しんでくれてる姿が私の人生です。 色々心配かけてごめんなさい。本当にごめんなさい。 ベースを持って、ステージに立てば金子賢輔はいつだってKenKenだから、なにも心配しないでライブに来て下さい。 こんな暗い話ら長文で書いてごめんなさい。 僕はいつだってKenKenだから、みんなもいつだって音楽を好きでいて下さいね。心配してくれてメールくれた沢山の友達にも、感謝します。 ありがとうございます。本当にいつもありがとうございます。皆様あってのKenKenです。これからも全力でがんばるので、応援よろしくお願いします。 長文で暗い事書いて本当にごめんなさい。上海より。

金子賢輔(@kenken_rize)がシェアした投稿 –

kenkenさんが2017年11月26日に自身のインスタにて自律神経失調症であると公表されています。

自律神経失調症とは

自律神経失調症は、特にはっきりとした病変がないにも関わらず、痛みや震え、汗、熱や頭痛などの様々な症状を呈してしまう疾患です。
自律神経という、無意識のうちに我々の体温や消化、呼吸や心臓の鼓動をもコントロールしている、「交感神経」と、「副交感神経」のバランスが崩れてしまうのが自律神経失調症です。

引用元(ひだまりこころクリニック

このことからホルモンバランスが崩れる病気でありうつ病と似ている部分はありますが、うつ病とは少し違うようで

うつ病というと、落ち込みが病的に深くなっている症状が認められます。実はうつ病も、「うつ状態」や「抑うつ状態」と診断されることもあります。落ち込みの原因も様々で、その原因がハッキリしていない場合は「状態」で暫定診断をつけます。

自律神経失調症はうつ状態などと同じで、状態を指しているにすぎません。うつ病は、ストレスの蓄積によって精神エネルギーが低下してしまい、病的に落ち込みがひどくなっている病気になります。

引用元(元住吉こころみクリニック

このような違いがあるのが分かりますが、kenkenさんは重い自律神経失調症のようでそんな中でもライブをしたりしているのでかなり大変であったことがわかります。

現に一時期のkenkenさんは激やせしていました

出典元(ツイッター

このkenkenさんを見たファンは「痩せていますが大丈夫ですか?」「ちゃんとご飯食べてますか?」と言ったコメントが寄せられていました。

自律神経失調症になったときの症状

出典元(元住吉こころみクリニック

自律神経失調症を患ったときの症状として上記の画像を見ていただくと分かりますが、めまいや耳の違和感、立ちくらみなど様々な症状が起こることが分かります。

実際kenkenさんもそうだったようです。


kenkenさんはベーシストなのでしびれや耳鳴りなどは致命傷ともいえるような症状になりますよね。。

そんな状況でステージに立っていたkenkenさんは本当に尊敬に値しますね。



kenkenの病気と大〇所持は関係している?

出典元(BrandNewS

kenkenさんの病気は自律神経失調症ということですが、この病気が大〇と関係しているという噂がありますが実際のところはどうなのでしょうか?

重篤な精神疾患である統合失調症患者の多くが大〇を吸引しているが、なぜ使用率が高いのかと、大〇摂取の影響は不明である。

引用元(Cochrane

このことからも自律神経失調症など精神的な病気を患っている人の中に大〇を吸引している人は多いようですね。

kenkenさんの病気と大〇も多かれ少なかれ関係していると考えられます。
実際この2つがリンクしているかは判明していませんが、過去に大〇や覚〇剤などで逮捕された人は精神的に病んでいる人がやっていることが多いので、繋がっている可能性は個人的に高いと思います。

多くの仲間から支えられているkenken

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨夜の21時の新幹線で、夜中に東京に戻り、朝の3時に出発して5時から撮影して、15時からのシーンはもうパワーギリだったんだけど、DA CREWのみんなが最後まで声と情熱を届けてくれたから最後まで出来た。これほんとに。 今日の撮影、最後まで身体が動いたのは来てくれたみんなのおかげですありがとう。 MV撮影で一番大変なのは、テンションの維持で、とくにライブ風の撮影が一番ムズイ。 今日の作品みたいに、ファンのみんなが来てくれるとライブ風がライブになる!何回も音を生で出してる錯覚に陥った。あとワンテイク毎に皆が拍手してくれたのも、本当に嬉しいし、がんばれた! ライブは見に来てる人たちにやるけども、MVって、またそこがちょっと違うから、拍手したいのは、本当はこちらのほうなのにね。 遠くから来てくれてありがとう。 気をつけてかえってね。 京都のお家出てからきれーに完徹。 今日は風呂入ってそっこー寝る計画だ!ありがと!来てくれたみんな愛してる! 帰りがけにみんなでサクちゃんオススメのラーメン屋さん行きました。 スタッフの皆様もお疲れ様でした。

金子賢輔(@kenken_rize)がシェアした投稿 –

自律神経失調症を患い、大〇所持で逮捕などメンタルがやられるほど追い込まれていた状況もあったのではないかと思いますが、kenkenさんにはインスタやツイッターを見ていてもファンからの声援や仲間からの応援や支えが多くあることが分かります。

大〇所持で逮捕後も打首獄門同好会のライブにゲストとして出演していましたしね。

この時は打首獄門同好会の「フローネル」(間違ってたらすいません)をkenkenさんがベースを弾いて、大澤会長が「自粛?インディーズバンドだから関係ないね」と語っていたそうです。

これだけ多くの仲間に支えられているkenkenさんには様々なことがあっても人を引き寄せる魅力があるってことですね。

まとめ

kenkenさんの病気について調べてみたところ
・自律神経失調症である
・大〇と関係している可能性がある
・kenkenさんは多くの仲間に支えられている

バンドマンとして様々なことがあるかもしれませんが、今後も最高のベーシストとして活躍を祈っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.