カズレーザーの出身大学は同志社大学で滑り止めだった!第一志望は東京大学?真相を徹底調査

メイプル超合金のボケ担当のカズレーザーさん。

カズレーザーさんはおかしな性格で見た目も金髪で全身赤色で奇抜ですが秀才であることで有名。

そんなカズレーザーさんの出身大学は名門私立で有名な同志社大学。

カズレーザーさんが同志社大学を選んだ理由や大学時代の生活、そして出身高校をまとめてみました

カズレーザーは同志社大学出身!志望動機などまとめ

カズレーザーさんは2003年4月に同志社大学の商学部・商学研究科へ入学していて2007年3月に卒業しています。

この学科では経済、流通、貿易、会計などを学ぶ学科であり偏差値は68~70で超難関の大学であることが分かります。

キャンパスは京都府京田辺市にあります。

カズレーザーさんが同志社大学の商学部・商学研究科出身であることは2018年4月26日の『ORICON News』で同志社1日学長に就任したことが掲載されているので間違いないでしょう。

1日学長に就任した際には「学校に行かずにサボっているテニスサークルのヤツを退学させる」とコメントしています。

他にも大学選びに迷っている学生に対して

この先の人生で、4年も勉強だけができるような時間はもうない。今絶対にした方がいい」などとアドバイスした。

引用元(アドタイ

この同志社大学は私立大学の中でもかなり有名なので学生の方はもちろん社会人の方で大体の方はご存じな大学ではないでしょうか。

カズレーザーが同志社大学を選んだ理由

カズレーザーさんが同志社大学を選んだ理由は何なのか?

過去にインタビューにてその理由を語っています。

もともと一人暮らしをしたいと思っていて、自宅(埼玉県)から遠くにある大学に行きたかったんですよ。でも、試験勉強は嫌いで。同志社大学はセンター試験で最初に受かったのですが、そのあとは緊張の糸が切れてしまって、そのまま同志社大学に決めました。

引用元(東洋経済

このことから最初に受かった大学が同志社大学であったことからそのまま同志社大学に入学を決めたという事が分かります。

ちなみにカズレーザーさんの実家が埼玉県加須市だそうなので京都はかなり離れていますから同志社大学はカズレーザーさんの条件を満たしていることが分かります。

カズレーザーは滑り止めで同志社大学を受験している

カズレーザーさんが同志社大学に入学した理由が「初めに合格した大学だったから」ということですが、このことから他にも大学を受験していることが分かります。

以前カズレーザーさんがラジオにて語っていたそうですが同志社大学は滑り止めだったようで本当はもっとレベルが高い大学に行きたかったようです。

ということは他にも大学を受験していることが分かります。

同志社大学よりレベルが高い大学といえば『東京大学』『一橋大学』『大阪大学』『京都大学』などが思い浮かびます。

もちろん他にもありますが、カズレーザーさんはここのどれかを受験している可能性がありますよね。

ネット上で噂されているのが『京都大学を受験して落ちている』というもの

真相は定かではありませんが、京都大学を受験している可能性はあります。

おそらくでありますが、同志社大学に受かるくらい頭がいいとなると国内最高偏差値である東京大学は受験している可能性が高そうです。

受験勉強を始めたのは高校3年の春頃!そして第一志望は『東京大学』だった?

カズレーザーさんは大学受験に関して『我慢』とコメントしています。

ちなみにカズレーザーさんが大学の受験勉強を始めたのは高校3年の春頃だったそうです。

一流大学を受験する人ならもっと早くから勉強している人もいるのではないでしょうか。

ただカズレーザーさんは「サボらなければ東大に行ってた」と言ってますが、サボって同志社大学ってのもすごいですけどねw

そしてこの発言から第一志望は『東京大学』だったのかもしれません。

確証は得れませんが本当は東京大学に行きたかったのかもしれませんね。

そうでないとこの発言は出てこないでしょう。



カズレーザーは大学時代から金髪で赤い服の変な奴だった

カズレーザーさんの象徴である金髪と赤い服。

これは大学時代からそうだったようです。

その奇抜な見た目からアルバイトで家庭教師をしようとしても断られていたそうです。

ただカズレーザーさんは基本的には働きたくなかったようで家庭教師のアルバイトを断られた後はアルバイトを探すことをしなかったようです。

16歳のころから「労働」という言葉が嫌いで。お金がないなら、ないでいい。

引用元(東洋経済

カズレーザーさんはこのように語っていて本当に働くのが嫌いなんですねw

そしてお金が無くなって住むところが無くなったようですが、その後は大学の部室で半年間寝泊まりをしていたようです。

カズレーザーは大学時代から漫才をしている

カズレーザーさんは同志社大学の入学式の日に『喜劇研究会』に所属しています。

高校時代から同志社大学の『喜劇研究会』と早稲田大学の『寄席研究会』の合同ライブを見に行っていたようで同志社大学に入学後は『喜劇研究会』に入ろうと決めていたようですね。

インタビューでも語っていて

お笑いは好きだったので、入学式の日に喜劇研究会に入って、在学中はずっとサークルに入り浸っていました。高校時代、同志社大学の喜劇研究会と早稲田大学の寄席研究会が合同でライブをしていたのを観に行ったことがあって、最初からサークルに入るなら喜劇研究会にしようと。

引用元(東洋経済

この時に『さらば青春の光』の東口宜隆さんと『フルハウス』というコンビを組んでいたことは有名な話です。

月に1回学内でのお笑いライブのためにネタを作ったりチラシを撒いたりしていたようで人気もあったようです。

同志社大学内の漫才大会で1位になったこともあるようです。

そして2003年のM-1にも挑戦していたようですがこの時は1回戦敗退。

そして大学卒業と共に『フルハウス』も解散しています。

就職活動でも服装を変えなかった

カズレーザーさんは就職活動の時も金髪で赤い服だったようで、『しゃべくり007』に出演したときにその時の事を語っています。

バンダイの就職説明会に参加したようで、服装が自由だったという事から金髪で赤い服で参加したようです。

そして「金髪のシャアがいる」と大騒ぎになったそうです。

バンダイには就職はしていないのですが、この服装と金髪であればどこにも就職できないですよw

最終的にはサンミュージックの芸人養成学校『TOKYO☆笑BIZ』に入学しています。



カズレーザーの出身高校も超難関

カズレーザーさんは同志社大学出身ですが高校も超難関のところであり『埼玉県立熊谷高校』だそうです。

ここに2000年4月に入学し2003年3月に卒業しています。

この高校の偏差値は67です。

カズレーザーさんが熊谷高校を選んだ理由は服装と髪型が自由だったからだそうです。
「自由で頭がいい」ということでカズレーザーさんのための高校であることが分かります。

カズレーザーさんは自由奔放ながら高学歴。
あまりいないタイプですよ。

そして高校時代には部室で麻雀をしていたようです。

この写真だけ見ててもかなりヤバイ奴ですよw

高学歴には見えません。

カズレーザーの出身中学と小学校

カズレーザーさんの出身中学校は加須北中学校出身。

そして中学時代は図書委員と吹奏楽部だったそうです。

当時トランペットを習っていたそうすし本を読むのが昔から好きだったようで図書委員になったのも本が好きだからなのでしょう。

カズレーザーの出身小学校

カズレーザーさんの出身小学校は加須市立樋遣川小学校。

小学校時代のカズレーザーさんは戦隊ものが大好きで当時放送されていた『恐竜戦隊ジュウレンジャー』が好きだったそうです。

まとめ

カズレーザーさんは同志社大学出身で詳細をまとめると
・一番最初に受かった大学が同志社大学だったから入学した
・受験勉強を始めたのは高校3年の春頃
・大学時代に漫才をしていた
・働くのが嫌でお金が無かった
・昔から赤い服で金髪

簡潔にまとめるとこんな感じですが、ずっと昔から今の金髪と赤い服のスタイルを貫いているんですね。

周りにも色々言われたと思いますがそれを変えずに現在も貫いている所がすごいですよ。

自由奔放で秀才で高学歴。

こんな芸人はいませんからね。

これからもカズレーザーさんの活動に期待したいです



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.