巨人の星作者・梶原一騎の娘である白暁燕の誘拐殺害事件の真相がヤバイ!犯人はなぜ犯行に及んだ?

巨人の星やあしたのジョーなどスポコンものの分野で多くの功績を残した梶原一騎さん。

梶原一騎さんは台湾のタレントである白冰冰と婚姻関係を結び二人の間には白暁燕という娘が誕生しています。

その梶原一騎さんの娘・白暁燕さんが誘拐され殺害されるという悲惨な事件が起きています。

この事件の真相やなぜ娘が殺害されたのか?

真相を徹底調査

白暁燕誘拐殺害事件の詳細

梶原一騎さんの娘・白暁燕さんは私立醒吾高級中学に在学していた1997年4月14日の通学途中に誘拐されています。

実行犯の陳進興と林春生が通学途中の暁燕を拉致し高天民が運転する車に乗り込んで元々借りていた部屋に白暁燕さんを連れ込んで鼻だけ出した状態で黄色のゴムバンドを白暁燕さんの頭部に巻き付けていたようです。

さらに小指を切断したり暴行を加えたりしていたようです。
犯人グループから母・冰冰に娘を誘拐したと連絡し指定された場所に行くことを支持しました。
支持された場所には切断した指や写真3枚と身代金を記載した紙が置いてあり事実であると判明。

犯人グループは500万ドルの身代金を要求し、その身代金を用意したのですが受け渡しに失敗し犯人グループは白暁燕さんを殺害し遺体を破棄しています。

これか歴史上でも上位に入るくらいの残忍で非道な事件ですよね。
この白暁燕誘拐殺害事件は今でも語り継がれているのですが、なぜ身代金の受け渡しに失敗したのか?

様々な真相が明らかになっているので見ていきましょう。

身代金の受け渡しに失敗したのはマスコミが原因?

それでは何故身代金の受け渡しに失敗したのか?

この失敗により梶原一騎さんの娘・白暁燕さんが殺害されてしまったのですが、事件当日に冰冰さんに指定した場所に500万ドルを持ってくるように伝えていてこの時に冰冰さんは警察に通報しており指定された場所である冷延には警察官も待ち構えていました。

しかしこの現場には犯人グループが現れていません。

そしてこの数日後に再び犯人グループから身代金の受け渡し場所の連絡が入り、そこにも犯人は現れていません。

白暁燕さんはこれで帰れると思っていたようで身代金の受け取りがされなかったことでその場で泣き崩れたそうです。

ちなみにこの時点で白暁燕さんは激しい暴力をうけて殺害されていたことが発覚しています。

死因は頭部腹部殴打による出血多量及び内臓破裂だそうです。

この身代金の受け渡しに失敗した理由が台湾のマスコミが身代金受け渡しの場所に集まってしまい犯人グループが現場に来なかったそうでこのことからマスコミの行動に大きな批判が寄せられました。

白暁燕の遺体の状況

白暁燕さんの遺体はどんな状態だったのか?

白暁燕さんの遺体は4月28日に台北県泰山郷にて発見されていて遺体の第一発見者は最初は人間とは気づかなかったほどだそうです。

白暁燕さんの遺体は内臓が破裂し肋骨が終われていて両手両足の爪は全てはがされていて、髪の毛もむしり取られていて両目がえぐり取られていて両耳は爆竹で破られ前歯は上下3本しか残っていなかったそうです。

これだけ悲惨な状態でありさらには強姦の形跡もあり子宮内には48本もの釘が打たれていたようで検視官も「これほど残忍ないたいを見たことは無い」と語っていたほどです。

直接の死因は窒息だったが、暴行による打撲で肝臓が破裂しており、その内出血で腹腔は大きく膨張し、肋骨もほとんど折れていた。

顔も髪の毛はまばらにされ、両目は虫に食われていた。首を絞められたために舌は伸びきり、報告書に「処女膜断裂」とあるように激しい強姦の痕跡も歴然としており、長年にわたり多くの死体を検分した検視係官が「これほど凄惨な遺体を目にしたことはない」と衝撃をうけるほどだった。

引用元(FC2

犯人の神経がイカレていることが分かりますね。



梶原一騎と白冰冰の娘・白暁燕が狙われた理由

この誘拐について梶原一騎さんと白冰冰さんの娘・白暁燕さんが狙われたのは何故なのか?

これについてはいくつかの説がありますので見ていきましょう。

白暁燕が狙われた理由①【殺害依頼を受けていた】

白暁燕さんが狙われた理由として犯人グループがゲーム場を経営していた張志成という人物から殺害依頼を受けていたという説があります。

この張志成は白冰冰さんから多額の借金をしていたという噂がありこの借金の返済を迫られ犯人グループに娘の白暁燕さんを誘拐しろという指令がでたと言われていますが、この人物は台湾の資料にも乗っておらず実在しない人物の可能性があり信憑性は低いと言えます。

白暁燕が狙われた理由②【白冰冰に恨みがあった】

他にも犯人グループは白冰冰に対して恨みがあったという説があります。

白冰冰は台湾では不動の人気を誇っていた歌手でありその傍らマフィアの追放運動をしていました。

この犯人グループは台湾のマフィアもしくは関係者と言われていてこの追放運動への報復のために事件を起こしたともいわれています。

白暁燕が悲惨な結果になってしまった最大の原因

白暁燕誘拐殺人事件が最悪の事態を迎えてしまい、白暁燕さんが悲惨な遺体として発見されてしまいましたがなぜこのような事態になってしまったのか?

上記でも軽く説明しましたが身代金の受け渡しに失敗したということが最大の原因であることは間違いないでしょう。

この身代金の受け渡しに失敗した原因としてマスコミの失態が挙げられマスコミは人質の命がかかっていることをもっと考えるべきだと批判を浴びました。

まぁ有名人である冰冰さんと巨人の星の作家・梶原一騎さんの娘ということがあったからですが報道により犯人を刺激してしまった結果となりました。



白暁燕誘拐殺人事件の犯人はその後どうなった?

白暁燕誘拐殺人事件の犯人グループは主犯格3人以外にも白暁燕さんを暴行に関わっていたのが4人いて合計7人いたそうです。

警察は犯人のアジトを突き止めて一斉逮捕に踏み切りましたが主犯格の陳進興、林春生、高天民の3人を取り逃してしまったようです。

ただ暴行に関わった4人は逮捕したそうでその中には主犯格の陳進興の妻の姿もあったようです。

主犯格3人から検察に手紙が届いている

1997年5月28日に主犯格である陳進興、林春生、高天民の3人から検察へ手紙が届けられていて指紋の解析から主犯格3人のものであることが判明しています。

内容としては身内の釈放を要求するものでありさらには身代金を一人100万ドルづつ山分けする予定だったということが書かれていたようです。

上記で述べた暴行に加わっていた4人の中に主犯格の身内がいたことから釈放を要求していたということから身勝手さが伺えますね。

白暁燕さんを残忍な殺害をしたにも関わらず頭どうかしてんのかって話です

主犯格3人のその後

警察はこの白暁燕さんの誘拐殺害後に警察は陳進興、林春生、高天民を指名手配したのですがこの3人はその後も台北ぎいんを誘拐し500万ドルを強盗しさらには1997年8月8日には金属会社の経営者を誘拐し身代金を受け取っていました。

このこととから白暁燕さんの誘拐殺害後も卑劣な犯罪を犯しているのですが当時の警察は「犯人を見つけたら問答無用で射殺しろ」と命令を出していました。

その後8月19日に台北市の五常街で主犯格の林春生、高天民を発見し警察800人との銃撃戦にまで発展し警察2人が撃たれて1人が死亡しています。

そして林春生は6か所銃撃を受け最後は自殺。

高天民はその後、陳進興と台北の整形外科病院に押し入り自身の顔を整形させたのちに口封じのためにそこの意思夫婦と看護師を殺害し逃亡。

この3人は手錠をはめた状態で頭部を撃ち抜かれ死亡しています。

その後、高天民は11月17日に警察に発見され逃げきれずに拳銃で自殺をしています。

最後の陳進興は11月18日に南アフリカ大使館にて5人を人質に取り立てこもり事件を起こしていましたが自ら降参し警察に逮捕されています。

その後裁判にて懲役刑59年9ヶ月判決が下されています。

また被害者の白暁燕さんの母・冰冰さんに賠償金7130万台湾元(6億3000万円)という台湾史上最高額の賠償命令が下りました。

そして陳進興は1999年10月6日に死刑が執行され白暁燕誘拐殺害事件の主犯格が全員死亡し事件の終わりを迎えました。

まとめ

白暁燕誘拐殺人事件の一連の流れをまとめると

1997年4月14日、私立醒吾高級中学2年に在学中の暁燕は、通学途中に誘拐される

4月18日、身代金の受け取りを拒否される

4月25日、警察が犯人グループのアジトをつきとめて急襲し4人が逮捕されたが、3人の主犯格(林春生・高天民・陳進興)を捕り逃がす

4月28日、白暁燕の遺体が発見される

8月19日、台北市の五常街で主犯格の林春生、高天民を発見し銃撃戦になり主犯格の一人である林春生が死亡

11月17日、主犯格の一人である高天民が死亡

11月18日、最後の主犯格・陳進興を逮捕

1999年10月6日、陳進興死刑

こういった流れになりますが、悲惨な事件であり今も日本では語り継がれています。

娘を亡くした白冰冰さんはつらい思いをしたことでしょう。

こういう凶悪な犯罪が今後起こらなければいいですね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.