細木数子は2020年現在引退していて六星占術は娘が継承している!死亡説が流れた理由なども含めてまとめてみた

2003年頃、視聴率の女王とも呼ばれた細木数子さん。

細木数子さんの『六星占術』シリーズはベストセラーとなっていて「ズバリ言うわよ」というコメントが大人気でしたよね。

そんな細木数子さんは現在(2020年)激やせしていて病気になっているとか、死亡説なども浮上しています。

しかし細木数子さんは知んでおらず現在(2020年)も占い師として活動しています。

細木数子さんの現在の活動内容や死亡説が流れた要因やTVから消えた理由などをまとめてみました。

細木数子は現在(2020年)引退していて娘が継承している

2003年頃はバラエティ番組など数多くの番組に出演していてTVで見ない日は無いというほど活躍していた細木数子さん。

2008年3月でレギュラー番組を全て降板していて現在(2020年)TVで見なくなってしまいました。

そんな細木数子さんは現在(2020年)82歳。

かなりの高齢でありTVに出まくるにも年齢的に厳しいことは容易に想像がつきます。

ただ細木数子さんは現在(2020年)も占い師として活動をしているようです。

細木数子さんは今、どんな活動をしているのか?

細木数子さんは現在(2020年)会員になった方のみが見れるインターネットTV『細木数子TV』を放送しています。

このHPを見てみるとグッズを販売したりもしています。

他にも『水色の会』というこれも会員制の六星占術の新聞を発行していて、その会費は3年間で9000円です

ただ細木数子さん本人はこのサイトやTVなどを運営しているようでは無さそうです。

六星占術は現在娘の細木かおりが継承していて細木数子は引退している

細木数子さんの事務所のHPなどを見ても細木数子さん自身を見ることはあまりなく娘である細木かおりさんをよく見かけます。

調べたところ細木数子さんの六星占術は現在(2020年)娘である細木かおりさんが継承しているようです。

発売から40周年を迎えた『六星占術によるあなたの運命』(講談社)。著者の細木数子は、“世界一売れた占い本の著者”としてギネスワールドレコーズにも認定されている。そんな細木数子の娘・細木かおりが、後継者となり昨年から六星占術を継承したという。

引用元(オリコンニュース

そして細木数子さんはというと80歳で引退しているようです。

細木数子さんは現在(2020年)82歳なので2018年に引退しているという事になりますね。

細木数子は娘・細木かおりにすべて教えている

細木数子さんは娘である細木かおりさんに対し「教えることは全部教えた。六星占術はかおりに任せたのだから私の教えのもとにあなたらしく伝えていきなさい」と言っているようです。

細木かおりは今となって六星占術の後継者と言われていますが六星占術を継承するまでに細木数子さんのマネージャー、アシスタントとして10年かけて身の回りの事や仕事まで様々なことを学んでいたようです。

そして細木数子さんも幼いころから六星占術と身近にある細木かおりさんが適任だと感じているようです。



細木数子は現在(2020年)ゆっくり過ごしているが激やせしている

細木数子さんは80歳で引退していて、引退する前はスケジュールに追われる日々だったそうです。

自分の運気がいい時に頑張り運気が低迷するときにはしっかり休養し英気を養うという六星占術の運気のリズムに沿った生活をしていたようです。

引退した現在(2020年)はゆっくりと自分の好きなことをしながら過ごしているそうです。

ただこのままの生活を続ければ病気になる恐れがあるとのことです。

この件について娘である細木かおりさんが

以前『このままだと糖尿病になる恐れがある』と忠告を受け、無理のない減量に成功し私たちも喜んでいました。ですが、痩せた母を見て一部のメディアでは『細木数子激やせ!』『ガン疑惑』なんていう報道も。

母の健康管理は私がしているので、それを見た母が『あんた私にウソをついていたの?』と報道を鵜呑みにしてしまったようで、私が怒られてしまいました(笑)

引用元(オリコンニュース

このことから細木数子さんがガンになったとか病気という説はデマであることが分かります。

となれば何故こんな激やせしたのかと言われれば『年だから』という理由でしょう。

80歳になっても体型が昔と変わらない人なんで逆に珍しいですよね。

大体の人は食べる量が減ったりして体重は昔に比べて落ちるのは当然です。

細木数子の死亡説はデマだが余命僅かって本当?

細木数子さんは引退前に勉強会を定期的に開催していて2014年の勉強会にて「私の寿命はあと5年。死の支度を始めている」とコメントしていたようです。

そして現在(2020年)その年数が過ぎていてそろそろですよね。

という過去の発言と表舞台にまったく姿を現さなくなったことから死亡説が流れた訳ですが現在(2020年)亡くなったという報道がないことから今も生きていることは間違いありません。

細木数子は現在(2020年)京都に70億円かけて寺院を建設している

2016年に女性自身が報道した内容で当時細木数子さんは京都に70億円かけて寺院を極秘建設していたようです。

そして2017年12月に京都の自宅裏に完成したことが明らかとなっています。

細木数子さんは現在(2020年)東京と京都に豪邸を持っているようで京都の豪邸は桁外れにお金をかけています。

ちなみに細木数子さんの自宅がこちら

この京都の豪邸だけでも総額50億円もの金額がかかっているようで、今建設が終えている寺院に関しては70億円。

これだけ聞いても相当ですよね。

建設した寺院の詳細

細木数子さんが2017年に建設が完了した寺院は細木数子さんの京都の豪邸の自宅裏に作られていて寺院の周りは高い壁に覆われていて中が見えないようになっています。

ちなみに上空から見たところ

自宅より広い面積であることが分かります。

ちなみに場所は『京都府京都市右京区梅ケ畑猪ノ尻町』にあるようです。

そしてこの寺院について分かっている事をまとめると

細木数子の寺院の詳細
①1億円のガレージに外車が4台停められる
②傘立てはバカラで1000万円
③仏壇は3000万円ほどすると言われている
④仏壇には青果店並みにフルーツがたくさん備えられている
⑤帰り際に10万円くらいするかごに入った松茸をもらった

これだけまとめてもえげつないですよねw

細木数子が寺院を建設した理由

細木数子さんは何故こんな巨大な寺院を建設したのか?

調べたところ後世に残るような建物を作りたかったという事だそうです。

簡潔に言えば『終活』ということですね。

細木数子さんは現在(2020年)82歳という事で上記でも説明しましたが自分の死期を悟っているようですから、自分が生きている間に何か形になるものを残したかったという事でしょうか。

ただ豪邸があるだけでも後世に残ると思いますがw



細木数子は今も収入が億単位

細木数子さんはTVから姿を消した後でも勉強会などを定期的に開催していてその時の収入に関しては「参加者は100人ほどでそれぞれ1万円の会費をを支払っていた」という情報があります。

他にも参加者に対し人生相談や指導料に関しては別途10万円。

その勉強会に関しては2か月に一回京都の豪邸に信者を集めていたようで1回で集まるのは300~400人。

引退した今もその信者はいるようで現在(2020年)も収入が億単位であることは納得がいきます。

その他にもグッズや書籍などの収入を合わせればかなりヤバイことが分かります。

これらを合わせても10億円近くの収入が引退した今も年間入っていることが判明しています。

そりゃ70億円かけて寺院作れるわって話です。

細木数子がTVから消えた理由は?

細木数子さんは現在(2020年)引退しているということを説明しましたが2008年にレギュラー番組をすべて降板していてそれ以降はTVで見ることは無くなりました。

細木数子さんがTVから消えた理由は何なのか?

その理由は3つあると言われています。

細木数子がTVから消えた理由①【暴力団との繋がり】

細木数子さんは幼少期の頃から父親のもとに暴力団が出入りしていたとされていましたがTVで人気絶頂期の頃にも週刊誌にて坊亮九段との繋がりを報道されています。

それが原因で視聴者や局内のスタッフから批判が高まり継続できなくなったという噂があります。

細木数子がTVから消えた理由②【島倉千代子】

もう1つは2013年に亡くなった島倉千代子さんの後見人になった際のトラブル。

人が良いことで知られている島倉千代子さんはそれが災いとなったのかデビュー当時から度重なる借金に悩まされていたようです。

そしてその借金が数億円にもなったときに細木数子さんが手を差し伸べたようです。

これだけ聞けばいい人に思えるかもしれませんが実際は細木数子さんが島倉千代子さんの興行権を得て島倉千代子さんを3年間ただ働きさせて荒稼ぎし10億円もの金額を得たようです。

細木自身は島倉の負債額について、二億四〇〇〇万円、四億三〇〇〇万円、一六億円、一三億円、十二億円と、そのときどきで言い分を変えている。(中略)島倉に聞こうにも、彼女は細木のロボット同然で、負債額がいくらか把握していない

引用元(Asagei+

そしてこの件には暴力団の組長もグルになっていたようで島倉千代子さんもおかしいことに気づき当時のコロムビアレコードの会長に泣きついて借金を肩代わりしてもらったようです。

そんな島倉千代子さんは2005年に出版した『島倉家これが私の遺言』にてこのように語っています。

『法律が許してくれるならばこの手で刺したい』

名前は出していませんがベテラン記者からすれば細木数子さんであることは間違いありません。

これらのことが公になる前にTVから姿を消した可能性がありますね

細木数子がTVから消えた理由③【占いの的中率の低下】

人気絶頂だった細木数子さんですが途中から人気よりも批判の声のほうが多くなってきたこともありTVから姿を消したとも言われています。

過去に当たった占いもありますが外れた占いを一部紹介すると

当たらなかった占い一部
①2004年新庄剛志が引退すると予言→2006年に引退
②田代まさしに「あんた、これからどんどん良くなるわよ」と予言→盗撮・のぞき・薬物使用で芸能界追放
③杉浦太陽に「30歳で自殺する」と予言→2018年現在も健在
④おさるをモンキッキーに改名→失敗

他にもいろいろありますが代表例はこんな感じ。

他にも的中した占いに関しては2004年の西武ライオンズの秋元康が巨万の富を稼ぐなどというもの。

ただ外れることが多くなってきたことから批判の声が多く出てギャラも高額という事からTVから消えたという理由になっています。

まとめ

細木数子さんの現在についてまとめると
・引退しているが今も収入が億単位
・京都の豪邸の隣に70億円の寺院を建設している
・娘が六星占術の後継者になっている
・死亡説があるが今も生きている。ただ2014年に余命5年といっている

といったところでしょうか。

ただ過去の経緯を見て思う事は『金の亡者』という感じがしてなりません。

島倉千代子さんが気の毒になります。

そんな汚いことをしても今ゆったりと豪邸で過ごしているということに納得がいかない人も多いのではないでしょうか。

ただ今も細木数子さんには多くの信者がいます。

もはや占いというより宗教に近いですね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.