平子理沙が整形依存になってしまったのは吉田栄作の浮気が原因?そして今でもヒアルロン酸のヘビーユーザー!

ファッションモデルの傍らブランドのプロデュースなども手掛けている平子理沙さん。

『アラフォーの星』とも称されていて見た目がほとんど劣化していない平子理沙さんですが、整形し過ぎで顔面が崩壊していると言われています。

しかし現在(2020年)は顔面が崩壊していた時期に比べて改善されているとも言われています。

その理由は何なのか?

どんな整形をしているのか?

そして平子理沙さんが整形依存になってしまったのは元旦那の吉田栄作さんの浮気が原因とも言われています。

平子理沙さんの整形の軌跡についてまとめてみました。

平子理沙は整形し過ぎで顔面崩壊!顔の変化まとめ

現在(2020年)年齢が49歳になっている平子理沙さんですが、顔面が整形しすぎてサイボーグと言われています。

もはや整形しすぎてどこから説明しようかと思ってしまうほどですが、まずは平子理沙さんがどれだけ顔が変わっているのかを見ていきましょう。

1990年(19歳)

1997年(26歳)

2008年(37歳)

2010年(39歳)

2013年(42歳)

2016年(45歳)

現在(49歳)

さすがサイボーグと言われるだけの事はありますね。

アラフィフと思えないくらいの美貌ですが、もう整形とかいうレベルを凌駕しているようにも思えます。

ただ唇の厚さなどが変化しているのは分かりますね。

これは整形の方法を変えたからですが、その要因として美容整形外科の高須院長からアドバイスを受けたそうです。

まずは高須院長からどんなアドバイスを受けて変えたのかを見ていきましょう。



平子理沙は美容整形外科高須院長のアドバイスを聞いて唇の整形をした?

平子理沙さんの顔を見てまず目が行くところが唇の厚さ。

これは確実にヒアルロン酸を打っていると思いますが、一時期の唇の厚さに比べ現在(2020年)は薄くなっています。

46歳の頃

これは異常ですよねw

分厚すぎて不自然です。

これに関し高須院長は当時このように語っています。

本人から相談があれば、もちろん溶かしてあげます。やっぱり頬のふくらみは、溶かした方がいいね。あと、クチビルも、入れ過ぎでしょ。これはね、ゴルフのスィングと一緒なの。自分のスイングのイメージと他人から見た実際のスィングはまったく違うように、自分の思っていることが実は他人から見たら変なわけ

引用元(週刊女性PRIME

このようにヒアルロン酸入れすぎということを語っています。

そして現在(2020年)の平子理沙さんはというと

若干薄くなっていますかね。

このことについて高須院長は

ボクが平子さんの顔を“仮に、頬の膨らみがヒアルロン酸であれば、溶かしたほうがいいし、唇も入れすぎ”って言ったのが、本人に届いたどうか分かんないけど! それくらい今の平子さんは良いよ! かなり良い!

引用元(週刊女性PRIME

高須院長は今の平子理沙さんはかなりいいとコメントしています。

ちなみにこの変化についてヒアルロン酸溶解注射を打ったか時間の経過でヒアルロン酸が自然吸収されたかのどちらかだそうです。

平子理沙はヒアルロン酸のヘビーユーザー!顔全体にヒアルロン酸を打っている

平子理沙さんの顔を見ていただくと分かりますが年齢がアラフィフとは思えないくらいハリがあり、むしろパンパンですよね。

これはヒアルロン酸顔全体に打っていることは間違いありません。

高須院長もヒアルロン酸について語っています。

骨ばった部分をカバーしようとしたのか「入れなくてもいいところまで、ヒアルロン酸で不自然に膨らませすぎているように見える」と指摘した。

引用元(週刊女性PRIME

顔にヒアルロン酸を打つという整形に関しては若い人はあまりしませんが年を重ねた30代40代またはそれ以上の方が行う定番の整形ですよね。

このヒアルロン酸を打っている有名人としては広瀬香美さんあたりは間違いなくやっているでしょう。
広瀬香美は整形モンスター!いじったところが多すぎて顔面崩壊している?顔の変化など含めてまとめてみた

ヒアルロン酸を打つことで肌にハリと潤いを与えてくれる優れた整形です。

しかも周囲の人に気づかれることなく自然なアンチエイジング効果も期待できるようです。

若々しさを保ちたいと思っている方にとってはうってつけの整形であることが分かります。

ヒアルロン酸のメリットとデメリット

ヒアルロン酸を打つ整形を行うことで『しわの改善』『目の下のクマを改善』『小顔効果』などが得られるそうです。

唇に打てば『ふっくらとした唇』になり鼻に打てば高い鼻とシュッとした鼻筋が得られることが出来るようです。

これだけ聞いていればいいこと尽くしの整形だと思いますが、いいことしかないものなど果たしてあるのかって話ですからメリットとデメリットをまとめてみました

ヒアルロン酸のメリット
①治療リスクや副作用が少ない
②ダウンタイムが少ない
③治療に時間がかからない
④気に入らなかったら変更がきく

このようなメリットがあるようです。

逆にデメリットはというと

ヒアルロン酸のデメリット
①徐々に分解吸収されて減っていくため、都度追加注入が必要となる。
②ときに不自然な盛り上がり方をすることがある。
③まれに副作用として動脈塞栓症がある。

このことからヒアルロン酸を打つにあたりそれを維持するなら定期的にメンテナンスが必要になり費用がその分かかることが分かります。

1回やって終わりではないことから整形外科からすればヒアルロン酸をガンガン打ってメンテナンスしてくれれば儲かりますね。



平子理沙は目も整形していることが確実!どんな施術をしてる?

平子理沙さんの整形についてネット上では唇とヒアルロン酸というのが定番になっていますが、個人的に思うことは目も整形している可能性が高いという事。

目はどんな整形をしているのか?

見ていきましょう。

平子理沙が行った可能性がある目の整形【目頭切開】

平子理沙さんが目頭切開をしている可能性があります。

理由に関しては平子理沙さんの目頭を見てもらうと尖っていますよね。

しかも不自然に。

今の平子理沙さんを見ても分かりにくいかもしれませんが、もっと分かりやすい写真を出すと

これをみたら確実ですね。

これは目頭切開をした人の共通点であり目も整形確実でしょう。

他にも目尻切開もしている可能性が0ではありませんが、比較が出来なかったためここでは記載をしていません。

ただ目頭切開をしている可能性は高いという事を知っていただければと思います。

平子理沙が整形モンスターになってしまった原因は?

平子理沙さんのインスタを見てみるとアラフォーを過ぎても20代が着るような服を着ていて個人的に思うことが違和感がありません。

普通の40代がこんな服を着たらただただ痛いオバハンです。

スタイル維持ということにも気を使っていることが分かりますが顔がシワシワだとまずこんな服を着ても違和感だらけですよね。

ただ年齢を重ねれば誰でも年相応の服を着るのは当たり前。

平子理沙さんはずっと若々しさを維持するために整形モンスターになった可能性があります。

あれだけ整形しまくっているのも若かった時の自分のままでいたいのかもしれませんね。

整形依存になるきっかけは元旦那・吉田栄作の浮気?

平子理沙さんは26歳の時に俳優の吉田栄作さんと結婚していて44歳の時に離婚しています。

その間に吉田栄作さん浮気をしています。

当時の人気モデルの加賀美セイラさん。

二人の関係は2007年から続いていたと言われていて平子理沙さんが吉田栄作さんと結婚したのが1997年。

2007年といえば平子理沙さんは36歳です。

この時加賀美セイラさんは27歳。

旦那が自分より若い人と長い間浮気をしていたという事から、だいぶショックを受けたのではないでしょうか。

吉田栄作さんと結婚したころの平子理沙さんは整形をしている形跡はありません。

吉田栄作さんの浮気し始めたころと平子理沙さんの顔が変わり始めた時期が同じくらいなのでもしかしたらこの吉田栄作さんの浮気が平子理沙さんの整形依存に繋がっている可能性があります。

報道されたのはまだ後ですが、この時点で平子理沙さんは吉田栄作さんの浮気に気づいて整形に走った可能性もありますよね。

これはあくまで仮説なので確証はありません。




平子理沙の整形についてネット民はどう思っている?

平子理沙さんの顔が怖いと言っている人はたくさんいます。

ネット上を見てみれば平子理沙さんは整形しすぎて顔面崩壊レベルだということが分かります。

まとめ

平子理沙さんの整形に付いてまとめると
・唇の整形は高須院長のアドバイスを聞いた可能性がある
・顔全体にヒアルロン酸を打っている可能性大
・目頭切開をしている可能性大
・整形モンスターになってしまった要因は吉田栄作の浮気?

といったところ。

整形しすぎて顔面崩壊という意見もありますが、逆に40過ぎてもあの服を着こなしている平子理沙さんはすごいと思います。

『奇跡の40代』と言われている平子理沙さんも現在(2020年)49歳。

次は『奇跡の50代』を目指してほしいですね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.