有吉弘行の年収は8億円越えで総資産が50億円以上だが生活は質素倹約

元猿岩石のボケ担当で今では数々の冠番組を持っている有吉弘行さん。

一時期は地獄を味わった有吉弘行さんですが現在はTVで見ない日は無くCMやバラエティ番組に引っ張りだこですよね。

そんな有吉弘行さんですがどれくらい稼いでいるのか気になっている方がたくさんいるようです。

有吉弘行さんの年収は?

普段はどんな生活をしている?

有吉弘行さんの収入についてまとめてみました。

有吉弘行の推定年収は8億円越え

1996年に放送されていた『進め!電波少年』でのヒッチハイクが話題になりブレイクした猿岩石。

そのボケ担当だった有吉弘行さんですが、当時はデビューシングル『白い雲のように』が異例の150マン米を売り上げ大ブレイク。

そしてヒッチハイクの著書も爆発的に売れ当時はとてつもない人気を誇っていましたよね。

しかし人気が低迷し仕事が激減しTVで見ることは無くなり広島のローカル番組での仕事しかありませんでした。

そんな有吉弘行さんですが、今では大ブレイクを果たし数々の冠番組を持ちCMにも多数出演しています。

これだけTVで見かける有吉弘行さんなので年収も物凄いのは間違いありません。

ちなみに有吉弘行さんの年収は8億円越えと言われています。

さすがに公表されているわけではないので本当かどうかは分かりませんが、何故有吉弘行さんの年収が8億円越えと言われているのかを見ていきましょう。

有吉弘行の年収が8億円越えと言われている理由

有吉弘行さんの年収は過去に週刊文春が8億4000万円と予想していた事があります。

これは確定の金額ではありませんが、その理由として有吉弘行さんのCM1本のギャラが3000万円。

このグラフではCMが4本とありますが2022年時点で有吉弘行さんはCMが2本だったのでこれを考えればCMでのギャラが6000万円になります。

そしてレギュラー番組の本数が年度によって変化はあるものの10本以上になります。

そして有吉弘行さんのレギュラーのギャラが120万円となっています。

またラジオ番組にも出演している有吉弘行さんはラジオ番組のギャラが1本30~50万円と言われています。

他にも冠番組以外にもゲスト出演することもあるのでこれらを合わせると現在(2023年)の時点でも年収は8億円を超えていると思われます。

またCMのギャラに関しては今の有吉弘行さんは1本5000万円とも言われているようです。

これだけ見ても有吉弘行さんの年収は少なくとも5億円以下と言う事は無さそうですよね。



有吉弘行の年収は2007年以降急激に増えている

有吉弘行さんは『進め!電波少年』のヒッチハイク企画でブレイクを果たしその後人気が低迷し仕事が無くなり地獄を見ています。

そこから毒舌キャラとしてあだ名などで再ブレイクを果たし今では多くの冠番組を持っています。

猿岩石時代の事を知っている方もいると思いますが、有吉弘行さんのヒッチハイクでブレイク後から現在に至るまでの年収の推移をまとめましたのでご覧ください。

有吉弘行の年収の推移①【猿岩石時代】

有吉弘行さんは1994年から2004年までの10年間、猿岩石のボケ担当として活動していました。

上記でも説明した通りヒッチハイク企画でブレイクした猿岩石は『白い雲のように』が大ヒットしヒッチハイクの著書も大ヒット。

この時の有吉弘行さんの最高月収は2000万円を超えるほどだったと言われているので年収にすれば2億4000万円ほどとなります。

ちなみにヒッチハイク前の有吉弘行さんの月収は芸人としては5万円だったようです。

しかし猿岩石時代の有吉弘行さんはお笑いでは結果を出せず、さらに天狗になった事でTVから消えてしまい仕事が激減してしまいます。

有吉弘行の年収の推移②【再ブレイクまで】

猿岩石のブームが去り仕事が激減してしまった有吉弘行さん。

ブレイクしていた時は月収が2000万円ほどあり年収が2億円以上だったのですが、ブームが去った後は月収がいい時で数万円で時にはゼロという事もあったそうです。

これを見れば年収としては100万円以下なのが分かりますが、これでは芸人として食べてはいけません。

有吉弘行さんはこの時、地獄を見た訳ですがこの地獄を10年近く味わっています。

ちなみにこの時の有吉弘行さんは上島竜兵さんに食事をご馳走してもらったりしていたそうです。

再度ブレイクするきっかけになったのは哀川翔さんのモノマネや『内村プロデュース』での猫男爵というキャラクター。

そして大きな転機となったのが2007年の『アメトーーク』での品川裕さんに対するあだ名で『おしゃべりクソ野郎』と呼んだことがきっかけになっています。

ちなみにこの時の有吉弘行さんの年収の推移としては内村プロデュースの時は月収が30万円ほどだったとのことなので年収としては360万円ほど。

そして2007年にあだ名で大きなきっかけをつかんだ後は年収が増え2010年時点で年収5000万円と言われています。

その後も有吉弘行さんの勢いは止まらず2011年にはテレビ出演本数ランキング1位に輝いていてこの時の年収が推定2億5000万円。

2013年の推定年収が4億円、2021年の推定年収が5億円、2023年の推定年収が8億円越えと言われています。

2007年の『アメトーーク』から年収がどんどん増えている有吉弘行さん。

アメトーークが再ブレイクの大きなきっかけになったのは間違いないですが、他にも博多大吉さんや家電芸人などなどでブレイクした芸人さんもたくさんいますよね。



有吉弘行は高年収で高級マンションに住んでいるが生活は質素

有吉弘行さんの推定年収が8億円越えということでこれだけ高年収であれば普段は豪華な暮らしをしているのかと思いきやそうではないようです。

2021年4月22日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』で1か月の生活費を明かしています。

有吉が「食費30000円、交通費7500円、自由に使えるお金:60000円」と“財政事情”を公開。

共演者からは「絶対ウソだよ!」の声が飛び交ったが、有吉は「本当にこんなもんだよ。仕事のときは弁当あるしさ、食べても1日1000円くらい。結構歩くし、電車とかタクシー乗ってもこれくらいの感じよ。自由に使えるお金も今のコロナ禍だと、ほとんど何にも買わないからね」と説明した。

引用元(スポニチ

これが本当ならかなり質素な生活をしているのが分かりますが、ちなみにこれは有吉弘行さんが夏目三久さんと結婚した後の話です。

夏目三久は2023年現在、有吉弘行との生活は円満だが結婚するまでスキャンダルがあった

ただこれには家賃などが含まれていません。

有吉弘行が住んでいるマンションの家賃は70万円

高年収の有吉弘行さんですが私生活はかなり質素な生活をしているようですが、住んでいるのは高級マンションで家賃が70万円と言われています。

有吉さん、4月下旬にこの高級マンションに引っ越したばかりなんですよ。大物芸能人が数多く住んでいるところで、彼の部屋は、120平米で家賃70万円という、超豪華な一室です

引用元(NEWSポストセブン

有吉弘行さんは2014年6月に発売された女性セブンにて家賃20万円の所から70万円のマンションに引っ越したとスクープされています。

ちなみに2014年と言えば夏目三久さんとの共演番組『マツコ&有吉の怒り新党』がスタートしてから4年が経った時です。

この時点ですでに有吉弘行さんと夏目三久さんの交際が始まっていてマスコミから逃げるために引っ越したと言われています。

夏目が住む都内の高級住宅地に有吉が引っ越しており「この頃に交際が始まったようです」

引用元(スポニチ

ということから生活は質素でも自宅は年収に相応しいところに住んでいるのが分かりますよね。



有吉弘行の総資産は50億円越えと言われている

有吉弘行さんの年収が8億円越えということから総資産も相当な額であるのは間違いありません。

調べたところ2020年時点で有吉弘行さんの総資産が50億円越えで日本人資産家ランキングで61位にランクインしています。

このランキングにはソフトバンクの孫正義さんやユニクロの柳井正さんなどがランクインしています。

その中に芸人でランクインしているのは凄いですよね。

しかもこれは2020年のランキングなのでそこから年収がまた増えている有吉弘行さんは今の総資産は60億円以上ある可能性は高そうです。

まとめ

有吉弘行さんの年収は8億円越えで総資産が50億円以上で家賃70万円のマンションに住んでいますが生活は質素ということが分かりました。

レギュラー番組を10本以上持ちCMにも出演している事からこれだけあってもおかしくはありません。

猿岩石でブレイクを果たし人気が低迷し仕事が無くなり地獄を見た有吉弘行さんですが、今では年収ではトップクラスになっています。

今後も人気が続きそうですし、年収も落ちる事は無さそうですよね。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.