京アニ放火犯・青葉真司の壮絶な生い立ちと家族構成、事件は加計学園問題が関係しているという真相を徹底調査

2019年7月18日に京都にある映像制作会社『京都アニメーション』の第1スタジオにて青葉真司容疑者がガソリンをまき放火し。死傷者が60人を超す大惨事となりました。

青葉真司容疑者が2020年5月27日に逮捕されました。

生い立ちや家族構成とこの京アニ放火事件は前日に発生した加計学園問題の資料開示が関係しているという真相ををまとめてみました

青葉真司容疑者の壮絶な生い立ち

出典元(ツイッター

青葉真司容疑者は1978年5月16日生まれなので現在(2020年1月)41歳であり在住はさいたま市。

犯行を行った後に京都府内の病院に転院し医療スタッフの対応に対して「こんなに優しくされたことはなかった」とコメントしたことが話題となり「どんな生い立ちだったんだ?」という声が多く挙がっています。

ここでは青葉真司容疑者の生い立ちをまとめていますので是非ご覧ください。

青葉真司容疑者の中学校卒業まで

出典元(黒白ニュース

青葉真司容疑者は幼いころは茨城県に住んでいました。

しかし途中からさいたま市に引っ越しています。

青葉真司容疑者が通っていた小学校は正確にはどこか分かりませんが、小学校時代は柔道をしていた時期もあり活発出会ったことが分かりますが内気な性格だったため小学校時代から友達はいなかったそうで『いじめ』にも遭っていたそうです。

そのことから小学校は途中から通わなくなり引きこもるようになったそうです。

中学校に進学してからもいじめに遭い転校されています。

ちなみに通っていた中学校は本当かどうかは分かりませんが浦和美園中学校と言われています。

この当時の同級生のコメントでは「印象が無い」と話していることからほとんど学校に通わず誰ともかかわっていなかったのではないかと考えられます。

ということから小学校、中学校はいじめに遭い壮絶な学校生活を送っていたことが分かります。

高校は夜間部に進学している

出典元(あんころりんく!!

青葉真司容疑者は高校は埼玉県立浦和高校の夜間部に進学しています。

この時は真面目に学校には通っており、授業も受けていたそうですがヤンキーにイジられることもあったようですがイジメというほどではなかったそうです

ここに在学中は埼玉県庁の非常勤職員としても勤務していて真面目に明るく働いていたそうです。

昼間はポスティングの仕事をしていたようです。定時制は生徒数が少ないから、部活はいくつか掛け持ちするんです。野球やサッカーも一緒にやりました。彼は運動オンチなんだけど、力は強い。サッカーをやると、トーキックで蹴っちゃうタイプ。話は通じるし、変なヤツという印象はなかったですね。

趣味は電車、いまで言う“撮り鉄”だったようで、埼玉では有名な高崎線の撮影スポットに行っては、『あそこからだと、いい角度で撮れるんです』と、仲間と嬉しそうに話していた。ヤンキーにはイジられながらも真面目グループでは中心にいる。クラスでいいポジションにいたと思います

引用元(文春オンライン

高校は無事に卒業しているようで寄せ書きも書いてくれたと当時の同級生が語っています。

出典元(文春オンライン

このことから高校時代は小学校、中学時代とは違い友人もいたことが分かります。

「心のまま僕はゆくのさ」
これはミスターチルドレンのTomorrow never knowsの歌詞の一部ですね。

ミスチルが好きなんでしょうかね?



青葉真司容疑者は京アニ放火以前にも逮捕歴がある

出典元(弁護士相談広場

青葉真司容疑者は京アニ放火事件以前にも2006年と2012年に逮捕歴があります。

2006年は下着泥棒で2012年はコンビニ強盗で逮捕されています。

2006年の下着泥棒で逮捕された時は初犯ということもあり『執行猶予』の判決でありました。

しかし2012年のコンビニ泥棒で逮捕された時は懲役3年6ヶ月の実刑判決が下っています。

境署は20日、常総市鴻野山、無職青葉真司容疑者(34)を強盗と銃刀法違反の疑いで逮捕した。

発表によると、青葉容疑者は同日午前0時20分頃、坂東市弓田の「ココストア岩井弓田店」で、 カウンターにいた男性店員(50)に包丁を突きつけて脅し、レジから現金2万1000円を奪った疑い。青葉容疑者は同日午前11時頃、同署に出頭したという。

「遊ぶ金が欲しかった。オウムも次々捕まっており、逃げ切れないと思った」などと話しているという。

引用元(黒白ニュース

服役後は保護観察施設に入寮していたそうですが、近隣とトラブルがあり精神疾患を疑われていました。

青葉真司容疑者の家族構成

出典元(NEWSポストセブン

青葉真司容疑者は1978年5月16日に次男として生まれ、2歳年上の兄と1歳下の妹がいて母と父親になりますが青葉真司容疑者は父親が幼稚園教諭と不倫関係になり離婚した後に再婚してその不倫相手の間に生まれたのが青葉真司容疑者です。

父親は市議会議員の運転手をしていたこともあり当時はタクシー運転手であり男一人で子供3人を育てていました。

父親の自殺

父親の不倫相手との間に生まれた青葉真司容疑者ですが、この流れからいっても青葉真司容疑者の父親はク〇であることが分かりますが、父親は青葉真司容疑者が21歳の時に自殺をしています。

金銭面の関係もあったとのことですが、青葉真司容疑者は両親の離婚そしていじめという壮絶な生い立ちから精神疾患になった可能性は十分ありますね。



京アニ放火事件は青葉真司以外に共犯者がいる?

出典元(女性自身

京アニ放火事件が起きたのは2019年7月18日。
動機としては「作品をパクられた」というもので京都アニメーション第1スタジオに青葉真司容疑者が侵入しガソリンをまき火をつけたというものですが、あまりにも不可解な点が多くあります。

これらをまとめると
・事件当日NHKの取材が来るということからセキュリティロックが解除されていた
・NHKの取材が来る直前に事件が起き取材班は無傷
・NHKのセキュリティロックされている理由の報道内容が他の報道と違っている
・放火事件に使用されたガソリンは40リットルで一人で徒歩で持っていくには不自然すぎる

というものです、事件当日にピンポイントでセキュリティロックが解除されているなんてのはおかしな話でしょう。

この事件当日はNHKの取材が来る予定だったそうで、事件直後にNHKが訪れたためにNHK取材班が無傷でありなおかつ事件をいち早く報道できたということとセキュリティロックが解除されていた理由がメディアではNHKの取材が来るからと言われていましたが、NHKでは社員の通勤時間だったからという他とは違う内容で報道されていました。

また青葉真司容疑者は事件前日も現場を下見していたそうで、近くの公園で過ごしていた時もあります

出典元(アメブロ

その公園には犯行に使われたチャッカマンなどが不自然に置かれていたそうですが、それをNHKのディレクターが回収してしまったそうです。

出典元(Youtube

これは警察に相談するべきで勝手にやることではないですよね。このことからNHKが事件に関係していると疑われています。

このことからも察していただけるかもしれませんが、これだけの偶然が重なることから青葉真司容疑者のほかにも共犯者がいる可能性が高いことが分かります。

京アニ放火事件の前日に加計学園問題の書類開示が松山地裁から下っている

出典元(gooブログ

上記のことからも共犯者がいるのではないかということを説明しましたが、京アニ放火事件が発生した前日に加計学園の獣医学部新設問題において松山地裁が資料開示を求めていました。

この資料開示がされた時には安倍政権の危機になります。

それを隠蔽するためのスピン報道としてこの京アニ放火事件が発生したのではないかとも言われています。

加計学園問題と京アニ放火事件の因果関係の詳細を知りたい方はこちらをご覧ください

これが本当ならば事件により死亡された方や遺族の方が可愛そうでなりません。



青葉真司容疑者がついに逮捕

京都府警は7月20日に殺人容疑で逮捕状を取得していますが青葉真司容疑者は現在(2020年1月)集中治療室で治療を受けているということで意思が留置に耐えられる状態と判断するまでは逮捕されることはありません。

一般的には命の危険がなくなるまで最長で1年程度かかる場合もあるそうです。

そのため病室での取り調べで捜査を進めるそうですが青葉真司容疑者は「どうせ死刑になる」とコメントしているそうです。

そんな青葉真司容疑者が2020年5月27日逮捕が確定しました。

去年7月、京都市にある「京都アニメーション」のスタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、警察は青葉真司容疑者(42)を事件から10か月余りがたった27日、放火や殺人などの疑いで逮捕しました。

調べに対し容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」などと供述しているということです。

引用元(NHK

現在は様態も回復していて今後はいきさつについて捜査を進めるそうです。

まとめ

京アニ放火事件の実行犯である青葉真司容疑者の生い立ちや家族構成、京アニ放火事件と加計学園問題が関係しているのではないかということをまとめましたが色々調べて分かったことが単独での犯行とは思えないということ。

いくら何でも偶然が重なり過ぎています。
これだけ重なるとかなり不自然ですよね。

100%とは断言できないものの加計学園問題を隠蔽するためという可能性は高いのではないかと思います。

また青葉真司容疑者の生い立ちを調べたところ家族からの愛情が無く、いじめにもあっていたことから優しくされた経験がなかったのでしょう。

この生い立ちには同情しますが、事件は許されることではありません。
また京アニ放火事件後の八田英明社長の会見を見てへらへらしているように感じ悲しさというのが全く伝わらなかったのはどうゆうことなんでしょうね。

京アニ再建のために集まった寄付を大切に使ってほしいところです。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.