安倍晋三総理の年収は約4000万円だが賄賂や裏金が入っている可能性あり!真相や他国の首相との比較まとめ

2019年11月20日に首相通算在職日数が2887日となり歴代最長の在職期間を更新している安倍晋三総理。

安倍晋三総理は年収が4000万円と言われていますが、本当なのか?

その理由や内訳、他国の首相の年収との比較をまとめてみました

安倍晋三総理の年収は約4000万!内訳と真相まとめ

出典元(ニューズウィーク

安倍晋三総理は内閣総理大臣(首相)ということで公務員に属されています。

公務員の収入は法律で決められていて、内閣総理大臣といっても例外ではありません。

しかし内閣総理大臣は『特別職』という枠に入るため「特別枠の職員の給与に関する法律」に準じた給料が支払われます。

その『特別職の職員の給与』というものは内閣官房のホームページにて確認できます。

出典元(内閣官房

ここに記載してある内容です内閣総理大臣の年間給付額を見ていただければわかります。

このことから安倍晋三総理の月収は201万円で年収は約4032万円ということが分かります。

しかし議員の方々が使えるお金がこれだけじゃありません。

その他にも給付金があり、それがけっこうあるんです。

それをまとめましたので是非ご覧ください。

年収だけじゃない!議員の特権である給付金一覧

議員になるともちろん一般の方に比べ年収は高いわけですが、その他にも様々な手当てがあります

議員の給付金一覧
・退職金
・文書通信交通滞在費(国会法第38条、歳費法第9条)
・JR特殊乗車券、国内定期航空運送事業に係る航空券の交付(歳費法第10条、第11条)
・審査・調査のための派遣旅費日当(国会法第106条)
・旅費(歳費法第8条)
・議会雑費(歳費法第8条の2)
・期末手当(歳費法第11条の2以下)
・人事官弾劾の追訴にかかる実費の支給(歳費法第11条の5)
・弔慰金・特別弔慰金の支給(歳費法第12条、第12条の2)
・公務上の災害に対する補償(歳費法第12条の3)
・立法事務費(国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律

JRが乗り放題とかは聞いたことがあるかもしれませんが、議員の給付金としてこれだけのものがあります。

この一部の詳細を説明すると

期末手当
いわゆる「ボーナス」です。期末に各議員に支払われるもので、その金額は約635万円。

文書通信交通滞在費
国会法第38条、歳費法第9条で定められている、国会議員が議員活動で使用する文書費や通信費として支払われる手当て。月に100万円が支給され、年間では1,200万円が支払われます。

立法事務費
国会議員の立法調査研究活動を行うための必要経費の一部、という名目で月65万円が支給されます。「国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律」で決められている手当てです。

JR特殊乗車券、国内定期航空券の交付
国政にかかわる仕事で交通機関を利用する際に使用されるチケットです。「タダ券」なんて呼び方で揶揄されていたりしますね(笑)。

審査、調査の為の派遣旅費日当
政府には様々な委員会があり、その委員会に属している議院が視察などの理由で各地方に派遣されることがあります。その際に発生した旅費などが支給されます。国会法第106条で定められている手当てです。

引用元(マイナビ

これだけもらえるんなら「給料なしでも暮らせるんちゃうか?」と思う人もいるんじゃないでしょうかww

もちろんこれらのお金は僕らが日々払っている税金から支払われているわけです。

議員にこれだけお金をまわしているんならちゃんと国民のために仕事しろって思わなければいけませんよね。

これらをふまえて1年目の議員でも

基本給……1,552万8,000円

期末手当……635万円

文書通信交通滞在費……1,200万円

立法事務費……780万円

秘書給与……1,800~2,400万円

ということから合計6000万円~6500万円が年間受け取れることがわかります。

となれば安倍晋三総理の年収はこれらを足せば1億円は超えていることは間違いないでしょう。

安倍政権になり企業献金が年々増えている

出典元(日本共産党

第二次安倍政権が発足してから企業献金が年々増えています。

ちなみに企業献金というのは支援団体が政治家や政党に資金を提供したお金のことであり、これを政治活動などに議員は使えるという訳です。

自民党の支援団体で有名なのが経団連であり経団連とは日本人なら誰でも知っている大企業が属している団体です。

そこを筆頭に企業献金が2012年の時に比べほぼ倍になっていますよね

自民党本部が政治資金の受け皿団体としてつくっている「国民政治協会」が17年に企業、業界団体から集めた献金は前年より6693万円増えました。日本自動車工業会8040万円を筆頭に、トヨタ自動車6440万円、日産自動車3700万円など「アベノミクス」で巨額の利益をあげた大企業が名を連ねます。

引用元(日本共産党

この金額が増えていることも考えると安倍晋三総理はもちろん自民党議員が選挙活動などに使えるお金が増えているということが分かります。




安倍晋三総理は賄賂や裏金を受け取っている可能性大

安倍晋三総理の年収は約4000万でプラス給付金があるということを説明しましたが、果たして本当にそれだけでしょうか?

日本のトップに君臨しているというポジションでそれだけの金額でこれだけの期間やり続けるか?と思うところですよね。

賄賂や裏金があるんじゃないかと個人的に思ってしまいます。

上記で説明した企業献金に加え大企業から裏金をもらっている可能性もありますし加計問題による賄賂も問題になっていましたよね

(1)衆議院予算委員会閉会中審査における質疑での安倍首相の答弁

食事とゴルフを何度も共にした安倍首相と加計孝太郎加計学園理事長。料金負担は「私の時も先方の時もある」と利害関係者からの接待(賄賂)を認め、関連して「加計学園の特区申請を知ったのは、今年(2017年)1月20日」と、これまでの発言と異なる内容を述べた。

引用元(ビジネスジャーナル

これのモリカケ問題に関してはごく一部でありますがオリンピックや桜を見る会やカジノ法案やその他の売国ともとれるような政策には賄賂や裏金が動いているのではないかという見解が多いですよね。

これらを踏まえても安倍晋三総理に入ってくるお金は計り知れません。

安倍晋三総理の年収は高い?他国の首相との比較

出典元(AERA

日本の議員の給料は高いというのが有名ですが、最近は時に政治家の体たらくにより不満が爆発してますよねww

それでは上記で説明した給付金のことは別にして安倍晋三総理の年収は他国の首相との比較すればどうなのか?

調べたところ世界で13位であることが分かりました。

ちなみに1位はメキシコのエンリケ首相で2位がマルコムターンブル首相であることが分かりました。
そしてアメリカは9位であることが判明。

このことから年収だけ見れば世界規模で見ればそんなに高ランクではないですよね。

しかし議員の平均給与を見てみれば日本は主要5か国の中では1位であることが分かりました。

順位 報酬(USドル) 一人当たりGDP ペイレシオ
日本 201,800 38,440 5.25
アメリカ 174,000 59,501 2.92
韓国 105,000 29,891 3.51
ドイツ 102,600 44,550 2.30
イギリス 91.200 39,735 2.30

このことからも分かりますが、日本の議員は他国に比べかなり恵まれていることが分かります。

もちろんこれだけじゃなく給付金もあるわけですから「議員は給料が高い」と言われるのも分かる気がします。

2014年から安倍晋三総理や議員の冬ボーナスがアップしている

出典元(iRONNA

2014年に安倍晋三総理の冬のボーナスが約422万円といわれ前年から約51万円増加していることが発表されました。

人事院勧告によって引き上げられたボーナスの支給月数は、0.15月分。2013年冬は3.95月分だったが、今回は4.10月分となった。これに加え、東日本大震災の復興財源を捻出するために2012〜2013年に行われていた国家公務員給与の「減額措置」が終了したことも、増加の大きな要因となった。

引用元(HUFFPOST

このことから東日本大震災の復興財源のために減額していたのが終了したことにより増加したと発表されていますが、これを聞いて「ふざけんな」って思う人も多いんじゃないでしょうかね。

しかもそれから議員のボーナスが増えていますからね。

国民の平均所得減ってるのにですよ。。

このことから国民の状況はおかまいなしに安倍晋三総理含め議員の年収はどんどんアップしていますよね。



安倍晋三総理は国民の年収を理解していない

安倍晋三総理は2016年1月8日の衆院予算委員会で話した収入の例え話が今も話題になっています。

その内容はというと

パートで働く人が増えれば、一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけであります。

私と妻、妻は働いていなかったけど、景気が上向いてきたから働こうかということで働き始めたら、(月収で)私が50万円、妻が25万円であったとしたら、75万円に増えるわけでございますが、2人で働いているわけですから、2で割って平均は下がるわけです

引用元(HUFFPOST

このことからパートで働く奥さんの月収が25万あるという風に思っていると波紋を呼びましたね。

それは安倍晋三総理の話であり世間においてはこんな例え話は全くもって通用しませんww

パートで月25万円も貰えるなら紹介しろって話ですよね。

こういった発言は国民にとっては胸くそ悪い話ですよね。。

安倍晋三総理は給料ドロボーと叩かれまくっている

現在(2020年)コロナウイルスが騒動となっていますが、そんな中安倍晋三総理含め議員の体たらくと桜を見る会での問題などもありネット上では給料ドロボーと叩かれまくっています。

まぁ、そうなりますよね。。

国民の税金上げて忖度しまくってるんですから仕事してくださいって話ですよ

まとめ

安倍晋三総理の年収は約4000万というのが分かりましたが、その他の給付金なども合わせれば1億円は余裕で超えるでしょうし企業献金などもあるでしょうから手元に入ってくるお金は半端ないでしょう。
そして総理になって年数を重ねるにつれバ〇っぷりが露わになっていますよね

学生時代からバ〇だったという話もあります。

安倍晋三総理は大学時代から無能で必修科目を1度も受けずに卒業している!なぜ成蹊大学を選んだのか?

国民の反感を買いまくっているので、税金で飯食っているのならば国民のことをもう少し考えてもらいたいですね。



Pocket

1 COMMENT

Miya

はじめまして。

突然のご連絡のご無礼、
大変失礼いたします。

Miyaと申します。

安倍総理の年収について調べていたら、貴サイトを発見しました。

かなりのボリューム数ながら
見出し毎にきれいにまとめられてあって
本当に読みやすかったです。

「いきなりなんだ?こいつは」
と思われる突然のご連絡すみません。

僕は現在、毎月安定して10〜30万円稼ぐ資産ブログを運営したり、
月収10万達成者を輩出する活動をしています。

公式ブログはこちらです→https://miya-gong.com/miya/

この度、僕が半年かけて制作した

『脱初心者!仕事終わりの少ない時間でも月10万円を稼ぐブログ術』

の無料レポートが完成したので、是非手にとってご覧になってほしく、

こうやってご連絡差し上げました。

すでに受け取った主婦や会社員の方からは、
「わかりやすくて、早速実践しています。
しかも私みたいに限られた時間でしか作業できない人にとってもぴったりのコンテンツですね!」

と好評のレポートです。

■レポート内では、

・『ライバルが気付いていないネタ・キーワード選定術』

・『クリック率が3倍UPする思わず目につくタイトルの特徴』

・『Googleも評価する価値提供の原則とライティング術』

など、月3万円を超えられない初心者向けの内容から、

・『あなたも爆発できる!アクセスを集めた事例集』

・『ASPで成果を出すネタ・キーワード選定術』(成約率が高い事例集も!)

・『ライバル皆無!楽天でも収入を得るネタの見つけ方』

など、月10万円を一気に超えるためのブログ術を公開しています。

是非参考にしてみてください。

■期間限定とはなっていますが、

現在、当ブログにて、

『脱初心者!仕事終わりの少ない時間でも月10万円を稼ぐブログ術』

の無料レポートをお配りしています。

Miyaの公式ブログ:https://miya-gong.com/miya/

このコロナ禍、アドセンスも不安定でありながらも

今後長期的に安定して稼ぐためのレポートとなっていますので、

興味がございましたらダウンロードしてみて下さい。

お忙しいところ最後まで読んで頂きありがとうございました。

もちろん返信は不要です。

Miya
メール:info@miya-gong.com
ブログ https://miya-gong.com/miya/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.