阿部寛の若い頃は爽やかイケメンだが俳優としては仕事が無くパチンコで生計を立てていた

大学在学中にファッション雑誌『ノンノ』のモデルとしてデビューしその後は数々のヒットドラマや映画に出演している阿部寛さん。

代表作をあげていけばキリがないほどで俳優として人気も高く演技力でも高い評価を得ています。

そんな阿部寛さんは堀の深い顔で日本人離れしている顔立ちですが、若い頃の阿部寛さんも濃い顔ですがかなりのイケメンだったようです。

阿部寛さんの若い頃はどんな感じ?

若い頃の阿部寛さんはどれくらい人気があった?

阿部寛さんの若い頃についてまとめてみました。

阿部寛の若い頃は濃い顔だが爽やかイケメン

阿部寛さんは1964年生まれなので現在(2022年)は世間的に言えばオッサンと呼ばれる年齢ですが、見た目が数年前と比べて全く劣化しないですよね。

それだけじゃなく堀が深く顔が濃いのですがどういう訳か爽やかさも兼ね備えています。

今でこれだけカッコイイのであれば若い頃の阿部寛さんは相当イケメンだったのは容易に想像がつきますよね。

昔の阿部寛さんの事を知っている方であれば若い頃の阿部寛さんがどんな感じだったか分かると思いますが若い方は昔の阿部寛さんの事を知らないと思います。

そういった方や若い頃の阿部寛さんを見てみたいと思っている方に向けて時系列で阿部寛さんをまとめたのでご覧ください。

阿部寛の若い頃の画像まとめ①【20代】

阿部寛さんは大学在学時に『メンズノンノ』のモデルとしてデビューしています。

1985年10月に発売された『メンズノンノ』で阿部寛さんは表紙を飾っているのですがこの時、21歳。

21歳とは思えないくらい顔立ちが仕上がっていて今の阿部寛さんと比べても面影もあり劣化したという感じがしないのが分かります。

こちらは1987年の時の阿部寛さん

『はいからさんが通る』という映画で阿部寛さんが俳優としてデビューした作品。

この時の阿部寛さんは23歳ですが、モデルの時と同じく爽やかですよね。

こちらは1990年に放送されていたドラマ『めざせ!イカ天 ロックンOL物語』の時の阿部寛さん。

当時25歳ですが見た目は大きく変わりませんね。

若い頃から阿部寛さんは爽やかだったというのが良く分かります。

こちらは1993年1月に放送された『運命峠』

この時の阿部寛さんは28歳だと思いますが、当時は時代劇にも出演していて若い頃から様々な役柄を演じていた事が分かります。

阿部寛の若い頃の画像まとめ②【30代】

続いては30代の時の阿部寛さんを見ていきましょう。

すでに若い頃とは言えないくらいの年代かもしれませんが、30代になっても阿部寛さんのカッコ良さは劣化していません。

ちなみにこちらは1995年に放送されていたドラマ『ジューン・ブライド』の時の阿部寛さんなので31歳ということになります

こちらは1999年に放送されたドラマ『お水の花道』の時の阿部寛さん。

この時35歳ですが、20代の時と比べても全く劣化していませんよね。

阿部寛さんの出世作『TRICK』

この時の阿部寛さんは39歳ですが、顔が若い頃に比べて濃くなった感じがします。

TRICKを見ていた方はけっこう多いと思いますが仲間由紀恵さんとのデコボココンビはめちゃくちゃ面白かったですよね。



阿部寛の若い頃の画像まとめ③【40代】

40代に入ってからも阿部寛さんは様々なヒットドラマに出演しているので若い方も知っている方もたくさんいるでしょう。

こちらは『アットホーム・ダッド』の時の阿部寛さんですが2004年に放送されたドラマなのでこの時40歳くらいということになります。

今の阿部寛さんとそんなに変わりませんので、20年近く月日が経過しても全く劣化しないってどういう事なんでしょうね。

こちらは2005年に放送された『ドラゴン桜』の時の阿部寛さん。

阿部寛さんのドラマで『ドラゴン桜』は外せないでしょう。

この時阿部寛さんは41歳だと思いますが、それよりも高校生として出演している長澤まさみさんも気になるところです。

こちらは2009年から放送された『坂の上の雲』の時の阿部寛さん。

2011年まで放送されていたドラマなのでこの時の阿部寛さんが何歳かは分かりませんが40代であることは間違いないです。

阿部寛の若い頃の画像まとめ④【50代】

最後は50代の阿部寛さんを見ていきましょう。

若い頃の阿部寛さんという訳では無く最近の阿部寛さんになってしまいますが、昔の阿部寛さんとの比較が出来ると思いますので阿部寛さんが若い頃からほとんど劣化していないというのが分かると思います。

ちなみにこちらの写真は2014年の時の阿部寛さんで50歳の時です。

30代の頃からほとんど顔はもちろん体型も変わっていませんよね。

2019年に放送された『下町ロケット』の時の阿部寛さん。

下町ロケットは知っている方もたくさんいると思いますが、阿部寛さんの代表作の1つでもあります。

このドラマに感動した方もたくさんいると思います。

この時の阿部寛さんは55歳ですが、そんな風には全く見えませんよね。

阿部寛って若い頃もやっぱりカッコええんやな
のんきな野郎
のんきな野郎



阿部寛が若い頃に出演したドラマで最も人気が高い作品は?

阿部寛さんは20代の頃は視聴率が高かったドラマに出演することはありましたが、主演という訳ではありませんでした。

もしあるのであれば申し訳ありませんが阿部寛さんがブレイクするきっかけとなったのは30代後半に出演していた『TRICK』ではないでしょうか?

若い頃の作品とは言えないかもしれませんが、この『TRICK』以降の阿部寛さんは『結婚できない男』や『アットホーム・ダッド』などなど人気ドラマや映画の主演を務めています。

ということからこの『TRICK』で阿部寛さんが人気が出た可能性が高そうです。

そしてこの『TRICK』は今でも人気のあるドラマで『また見たい!』と思っている方もたくさんいます。

20代の若い頃は俳優として主演を務め代表作と言うのがあまり無かった阿部寛さんがようやくブレイクした出世作なので、阿部寛さんの事を色々と知りたい方は見て損は無いドラマです。

阿部寛さんのファンの方なら絶対に1度は見ているドラマかもしれませんが、今ならU-NEXTなので見ることが出来るのでまた見たい方はチェックしてみてくださいね。

阿部寛の若い頃は不遇で俳優の仕事はほとんど無かった

今では様々な役柄を演じている阿部寛さんですが、若い頃の阿部寛さんは不遇の時代が続いていてファッションモデル出身という肩書きと顔立ちもあり二枚目の役しか与えてもらえなかったそうです。

ファッションモデル出身という肩書きと顔立ちから、ありきたりな(本人は当時の事を「フェラーリで乗り付けるような」と語っている)二枚目の役しか与えられなかった。更に、背が高すぎるために女性とのツーショットが撮りにくいという問題が浮上。次第にドラマの仕事が減っていき、大きな焦燥感に駆られていった。

引用元(Wikipedia

ただこの時に俳優としても様々な経験をしたようですが俳優としてはまだまだド素人だった阿部寛さんの若い頃は不遇だったようで仕事もほとんどなかったそうです。

阿部寛は昔、3年間パチンコで生計を立てていた

阿部寛さんが俳優としてデビューした頃は不遇の時代だったとのことでこの時の仕事はほとんどなく当時はパチンコで生計を立てていたそうです。

そしてこの頃に古武術を始めたそうでこれが後の仕事に繋がるのですがこの時、世間はバブルの時代。

阿部寛さんは当時投資マンションを購入したそうですがバブル崩壊により借金を抱える事態となっています。

このことから阿部寛さんは若い頃、かなりの苦労をしているのが分かります。

そして30歳後半になり俳優としてブレイクを果たし今ではどんな役柄でもこなせるようになっているのでドン底から復活したという事が分かります。



阿部寛は若い頃トレンディドラマに出演するのが夢だった

阿部寛さんは若い頃トレンディドラマに出演するのが夢だったとインタビューで語っています。

ちなみに阿部寛さんは若い頃に苦汁を飲んできている事は説明しましたが、この夢が1997年に放送された『成田離婚』で叶うんです。

当時はトレンディードラマに出させていただくのが夢だったので、お話をいただいたときはうれしかったですね。それまでに苦汁を飲んできているし、名前を売らなければという思いもありました。

僕が演じた北村卓哉は、草なぎさんの上司であり、海外赴任中に浮気がバレてしまったエリート会社員という設定だったのですが、草なぎさんはこちらがどんな芝居をしても受け止めてくださって、とても頼もしく思っていました。結果、このドラマで世間的にも評価をしていただき、次につなぐことができたので、草なぎさんには本当に感謝しています

引用元(ザテレビジョン

阿部寛さんは夢を叶えるために日々努力をし続けようやく夢が叶ったという事になりますが、そしてこの成田離婚以降は『TRICK』などなど様々なヒットドラマに出演しています。

ということから阿部寛さんの転機はこの『成田離婚』だったようです。

阿部寛が若い頃からスタイルも変わらずほとんど劣化していない

若い頃の阿部寛さんと最近の阿部寛さんを比較しても体型においてほとんど変化がありません。

そして顔は若い頃に比べれば変化はありますが渋みが増して大人の男性になった感じがあるくらいで劣化しているわけではありません。

普通であれば長年芸能界で活動している方であれば『劣化した』という声を聞いたりするものですが阿部寛さんに関してはそんな声はほとんど聞きません。

若い頃の阿部寛さんと比較しても劣化してるなんて言えませんもんね。

日々トレーニングもしていて50歳を過ぎても筋肉もある阿部寛さんは今後も劣化することは無さそうな感じがします。

まとめ

阿部寛さんは若い頃、不遇の時代が続き仕事がほとんどなくパチンコで生計を立てていた事が分かりました。

そこで借金もしてしまったそうですが、そのどん底から這い上がり今ではどんな役もこなせる人気俳優になっています。

諦めずに日々努力していればチャンスが訪れるというのが阿部寛さんを見ていると分かりますよね。

若い頃からイケメンで『メンズノンノ』の表紙も飾っていたので順風満帆の芸能生活を送っているのかと思いきやそうでもなかったようで苦労した時期がかなり長いという事が分かりました。

これだけ苦労した阿部寛さんはこれからも俳優として人気は保ち続けると思いますし、様々なヒットドラマに出演することでしょう。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.